February 2007

February 25, 2007

「狂い」のすすめ


「狂い」のすすめ

キーワード:
 ひろさちや、仏教、コラム、哲学、発想の転換
宗教評論家による生きにくい現代でうまく生きていくための考え方が書かれている本。以下のような内容となっている。
  1. 「狂い」のすすめ
  2. 人生は無意味
  3. 人間は孤独
  4. 「遊び」のすすめ
今の世の中は結構狂っているのだから、くそまじめに生きていても辛いだけなので、少し考え方を変えてみることで意図的に狂うことが必要だと説かれている。単なる天邪鬼的な発想なのかと思うが、妙に納得できる部分もある。

特に生き甲斐について語られている部分。著者はモームの『人間の絆』を読んだことをきっかけに人生は無意味であるということを理解したらしい。生き甲斐とは、世間から押し付けられるようなもので、それを安易に受け入れることは世間の奴隷になることだと。また人生においての危機についても語っている。以下その部分を抜粋。
 そして、大部分の人間は、世間から押し付けられた「生き甲斐」を後生大事に守っています。その結果、会社人間になり、仕事人間になり、奴隷根性丸出しで生きています。そして挙句の果ては世間に裏切られて、会社をリストラされ、あるいは病気になって働けなくなり、それを「人生の危機」だと言っては騒いでいます。おかしいですよ。それは奴隷が遭遇する「生活の危機」でしかないのです。本当の「人生の危機」は、あなたが世間から「生き甲斐」を押し付けられたときなんです。まさにそのとき、あなはた奴隷になったのであり、自由人としてのあなたは死んでしまったのです。それが、それこそが、本当の意味での「危機」だったのです。
(pp.62-63)
これをどこまで間に受けるべきか。確かに生き甲斐が大事だとよく言われる。自分もそれがほしいと思っていた。でも本当はどこかで違うのではないかと思い始めたときにここの部分を読んで妙に納得した。かなりニヒリズム的な発想だけど。

ほかにも人生に目的を持って生きるのは最悪だと主張されている。たまたま生きているのだからついでに生きればいいんじゃないかという考え。一貫して主張されていることは世間に従属するのではなく、主体性を確立して自由に生きよということだと思う。

仏教の専門家らしくいろいろな古典からの引用が多い。ほかにも自分が体験したことをもとに話を膨らませたりしてる。文章自体はわかりやすい。しかし、この仏教的な考え方が全ての人に受けいれられるとは思えない。自分にとっては妙に納得できた部分があったけど。

読むべき人:
  • 生きづらいと思っている人
  • 仏教に興味がある人
  • 自由に生きたい人
Amazon.co.jpで『ひろさちや』の他の本を見る


February 24, 2007

腕時計一生もの


腕時計一生もの

キーワード:
 並木浩一、腕時計、歴史、科学、ムーヴメント、ブランド
一生ものの腕時計を選ぶプロセスを演繹的に解説している本。以下のような内容となっている。
  1. デザインで考える
  2. ムーヴメントで考える
  3. 機能で考える
  4. 性能で考える
  5. 歴史で考える
  6. 素材で考える
  7. 象徴とイメージで考える
  8. 作家とブランドで考える
腕時計を選ぶときに考慮しなければならないポイントがよく分かって面白かった。また腕時計一つとってもただの時間が分かるだけの機械ではないということがよく分かった。特にムーヴメントに関する部分では、まずムーヴメントとは「時計を動かすための機械」と説明があり、そこから機械式とクォーツの違いや特徴が細かく説明されている。機械式の時計の説明では、小さな器の中にたくさんの歯車が詰まっており、それは一流の職人が作り上げているということがよく分かった。その機能美や時計の正確さ、デザイン性なども含めて時計の価格が決まるのだということも分かって面白かった。高級腕時計がタダ高いわけではないということだろう。

また、機能の面では、ムーンフェイズというその日の月の形を示す機構があるということも分かって面白かった。さらに天空図を持つ天文時計というものあるらしい。よくこんな小さなものの中に非コンピュータ的に作っているなぁと思った。

歴史の部分では、腕時計の歴史からスイスの機械式時計ブランドが陥ったクォーツク・ライシスについてやスイスの時計見本市なども紹介されていて、時計は奥が深いものだなと思った。

時計の写真も多く載っている。主に取り上げられているブランドは、オメガ、ロレックス、エルメス、フランク・ミュラー、セイコー、シチズン、ブライトリング、タグホイヤー、ピアジェ、IWC・・・と幅広い。

最近時計が欲しいなと思っていたので、腕時計の全般知識が学べてよかった。著者の文体もなんだかよかった。本当に自分にとっての一本を見つけて欲しいという気持ちが伝わってきたような気がした。

腕時計は単に時間が分かればいいという機械以上の存在なんだなあと思った。

読むべき人:
  • 自分にあった腕時計が欲しい人
  • 歴史が好きな人
  • ブランドが好きな人
Amazon.co.jpで『並木浩一』の他の本を見る


February 22, 2007

いつか、働く喜びと出会うために


いつか、働く喜びと出会うために

キーワード:
 久保博正、働く、夢、自己実現、意義
若者向けに働く意義を見出すためにはどう考えればよいかが書かれている本。一つの話題に数ページという内容となっている。以下に参考になったものを列挙。
  1. 日記を書くことで自分と向き合う
  2. 働く意義は一つではない
  3. 夢は複数持ってもかまわない
  4. 自分とうまく付き合う
  5. 恥ずかしいは、思い込み
  6. 強い自分は困難が作る
語りかけるような文体で読みやすい。結構一般的なことも主張されているけど、著者の実体験も多く述べられている。例えば、大学卒業後に就職できずに引きこもりに近い状態だったので、社会問題視されがちなニートやフリーターの就職したくてもできない人の心情がよく分かるといったことや、そのときにどう考えて行動していったのかなど。実体験から語られることはとても参考になる。

『逆境は次のステップの関門』というトピックで、一番なるほどなと思った部分を以下に抜粋。
 「もういいや」とすべてを投げ出したくなる時もあるだろうが、放り投げた瞬間、自分が今まで積み上げてきたものが音を立てて崩れていく。基本を忘れ、いつもとは違うことをやって目立とうなどと考えると、手痛いしっぺ返しをくらう。
 それではあまりにももったいない。だから「必ず何とかなるはずだ」と自らを励まし、この逆境を乗り越えていこう。
 長いトンネルを抜け出した時、君たちは確実に飛躍している。今まで表に現れなかった潜在的な能力も大きく開花していることだろう。
(pp.178)
正直今仕事で結構辛いなと思う部分が続いていたので、この部分にとても納得できたというか、参考になった。そんなものなのかなと。

他にも社会人としての仕事に取り組む姿勢や自分の気の持ち方、家族との関係などについて述べられていて、どれもなるほどと思った。

気分転換に読むのがいいと思う。気軽に読めるので。あと、青空に向かってまっすぐのびる道の表紙がいいなと思った。

読むべき人:
  • 働く意義を見出したい人
  • 毎日を充実させたい人
  • 夢を実現させたい人
Amazon.co.jpで『久保博正』の他の本を見る


February 16, 2007

TIME HACKS!


TIME HACKS!

キーワード:
 小山龍介、時間管理、ライフハック、具体性、お金、人生論
人生をよりよいものにするために時間管理をうまくハックしていきましょうという本。時間というものをお金に換算して捉えている。時間管理をハックすることで仕事ができるようになるだけではなく、人生も充実しましょうという内容。

まず、時間を投資として捉えているところが普通の時間管理本とは違うと思った。時間を資本と捉えることで貸借対照表のように資産の部(将来の時間+経験、人脈など時間をかけて得られたもの)、他人時間の部(生きていくために費やす時間)、自分時間の部(自分のために費やす時間)と表すことができるようだ。これは自分になかった時間の捉え方だなと思った。

時間の概念的な説明だけに終わるだけでなく、実際にビジネスなどで使える時間管理方法が示されている。以下、いくつか列挙。
  • 携帯電話でToDoリストを管理する
  • スケジュールを2週間単位で眺める
  • トランス状態でメールを打つ
  • 自分コストを計算する
  • Google Calendarを利用する
  • 家計簿をつけるように時間簿をつける
  • 知らない分野の本を10冊斜め読みする
  • 人生計画に年度を入れる
  • 夢をmixiに書く
特に使えそうなのは、Google Calendarかな。いかにもWeb2.0的なもので、人とスケジュールを共有できるのがよいと思う。まだ使ったことがなかったので、アカウントをとって使ってみようかと思った。自分はパソコンに秘書君というものを使っているけど、これだとローカル的な使い方しかできない。やはりどこでも使えるGoogle Calendarのほうが便利そうだなと思った。

時間管理の具体例が豊富だが、時間についての持つべき意識についても多く述べられている。以下に気になった部分を抜粋。
「今を生きる」という言葉があります。人は過去でもなく、未来でもなく、今この瞬間を生きるべきである、という言葉は、実は時間の特性をよくとらえています。優れた結果を出そうとすればするほど、今この瞬間に集中しなければなりません。そのときに、過去のことを思い出してクヨクヨしてもしょうがないですし、未来でなんとかなるだろうと先送りしても何も解決しません。あとさきのことを考えずに、今、ここで結果を出す。それが「今を生きる」という言葉に表現されています。
(pp.48)
なんだか自分にとってここが一番重要な気がした。

図が多く取り入れられていて、とても分かりやすいし読みやすい。今までになかったタイプの時間管理本だなと思った。このような本を読むたびに、時間の使い方しだいで自分の人生が良くも悪くもなるのだなと思った。

読むべき人:
  • うまく時間管理を行いたい人
  • 仕事ができる人になりたい人
  • 人生を充実させたい人
Amazon.co.jpで『小山龍介』の他の本を見る


February 14, 2007

作家の読書道


作家の読書道

キーワード:
 WEB本の雑誌、作家、読書遍歴、オムニバス、インタビュー
WEB本の雑誌というホームページの『作家の読書道』というインタビュー記事が書籍になったもの。さまざまな小説家にどのような本を読んできたのかといったことを質問している。基本的に、本の内容は全てホームページで見れる。以下に気になった作家を列挙。
  • 綿矢りさ
  • 石田衣良
  • 北方謙三
  • 長嶋有
  • 垣根涼介
  • 村山由佳
インタビューでは、小説の書き方やどんな本を読んできたのか、またよく行く本屋はどこかといった内容。それらのどれもがなるほどなぁと思うような回答が多い。登場する作家はミステリ、純文学、歴史、エンタメなどいろいろ得意ジャンルがあるが、読んできた本が全然違ったりしているんだなと思った。また、読んできたような本を書いているという印象が強かった。ミステリ好きな人はアガサクリスティなどのミステリものばかり読んできたとかあった。

やはり小説家になる人はみな例外なく小学生ごろから無意識のうちにかなりの量の作品を読んできているんだと思った。いつまでに何を読んでいたのかが分かって面白かった。また、各作家が影響受けた作品なども紹介されているのでそこもとても参考になる。

このようなインタビュー記事はその人の人生までわかって面白いなと思った。本屋の片隅にあったのをなんとなく手にとって見て買った。掘り出し物のような気がした。また、ホームページ上にあるこの書籍に載っていない作家のインタビューもチェックしようと思った。

読むべき人:
  • 作家が何を考えているか知りたい人
  • 小説が好きな人
  • 読みたい小説を探している人



February 12, 2007

働こうとしない人たち


働こうとしない人たち - 拒絶性と自己愛性

キーワード:
 矢幡洋、心理学、就業、自己愛、個性、輝き
臨床心理士による、働こうとしない若者たちの心理状態を分析した本。以下のような内容となっている。
  1. 二人のパラサイト―やりたいことの「なさすぎ」対「こだわりすぎ」
  2. 依存性から反社会性までの各パーソナリティーの布置
  3. 拒絶性スタイル―消極的抵抗
  4. 自己愛性スタイル―ファンタジー
  5. 「私らしさ」飢餓社会の落とし穴
若者が就職しない理由としては、就業環境が悪いという側面もあるが、心理的な問題もまったくないわけではなく、本書ではその心理的側面を分析している。そしてその心理状態を分析することで、自立的グループと依存的グループがいるということが示されている。自立的グループが自己愛性スタイルとなり、「自分がやりたいこと」にこだわりすぎて仕事が選べないという状態になる。また逆に依存的グループは拒絶性スタイルとなり、「自分がやりたいこと」がなさすぎて仕事につけないと示されている。

正直あんまり得るものが少ないかなと思った。カウンセリングにやってくる人たちとカウンセラーとのやり取りが多く示されている反面、それらの人に対して具体的にどのようにすればよいのかといったことがあまり示されてない。

最終的には、個性個性と人と違うことをよしとする消費社会に影響を受けた若者がこのような側面に陥っていることは否定できないとあり、それはその通りなのかなと思った。個性個性というが、何が個性なのか示してこなかったしわ寄せが若者に来ているのかもしれない。

読むべき人:
  • なぜか働きたくない人
  • 心理学が好きな人
  • 個性的であることが全てだと思う人
Amazon.co.jpで『矢幡洋』の他の書籍を見る


魔神ガロン


魔神ガロン

キーワード:
 手塚治虫、ロボット、宇宙人、愚行、戦争
手塚治虫の漫画。ある日宇宙から人型の大きなロボットが隕石のように落ちてきた。それはあらゆるものを破壊しようとしていた。それは宇宙人が地球が善良な存在かどうかを確かめるために送り込まれたもので、もし善良でないと判断されたときには地球は滅ぼされてしまうというもの。そしてそのロボット、ガロン欲しさにあらゆる地球の悪党が愚行を繰り返すという話。全3巻。

正直そこまで面白くないなと思った。ガロンが暴れているだけの漫画のように思えた。ガロンの部品の一部であるピックという子供の存在がいるが、何かピックに危機が迫るとガロンを呼び、ガロンが敵を粉砕するということが繰り返し描かれている。そして最終的なテーマとしては、人類は戦争などの愚行を繰り返しているべきではないということだろう。

まぁ、手塚作品にも外れはあるのだろう。

読むべき人:
  • SF作品が好きな人
  • ロボット者が好きな人
  • 単純な話が好きな人
Amazon.co.jpで『手塚治虫』の他の作品を見る


February 11, 2007

発狂した宇宙

発狂した宇宙

キーワード:
 フレドリック・ブラウン、古典、多元宇宙、パラレルワールド、宇宙人、戦争
多元宇宙ものの古典作品。アメリカで1949年に出版されたようだ。あらすじをカバーから抜粋。
墜落したロケットの真下にいたSF雑誌<サプライジング・ストーリー>の編集者キース・ウィンストンの遺体は、木端微塵になったのか、ついに発見されなかった。ところが彼は生きていた――ただしそこは、身の丈7フィートの月人が闊歩し、地球がアルクトゥールス星と戦争を繰り広げている奇妙な世界だった・・・・・・。多元宇宙ものの古典的名作であり、SFの徹底したパロディであり、SFならではの奇想天外さに満ちた痛快作!
(カバーより抜粋)
なんとなくSF作品が読みたいと思い、タイトルと本のカバーのイラストで買ってみた。結構面白かった。パラレルワールドものの原点なのだと思う。

主人公が別の宇宙に飛ばされることになり、そこは別の発展を遂げている地球であり、また自分らしき人物や元の世界にいたよく知る人物なども出てくる。しかし、そのような人物が出てくる反面、ルンドと呼ばれる月の住人や、見ただけで殺したくなってくる残忍なアルクトゥールス星人と宇宙戦争を繰り広げている。当然、主人公は飛ばされてきた当初はわけが分からず、このおかしな世界に翻弄される。アルクトゥールス星人のスパイ容疑をかけられて追われたり、濃霧管制と呼ばれる街全体を暗く覆う中での奮闘などさまざま。ただ元にいた世界に返るために月に行ったり冒険じみた展開がある。

SF的な要素として、バスケットボール型の人工知能メッキーというものが出てくる。そいつは人の心を読むことができ、またテレパシーで複数人と会話ができたりする。また、宇宙船が出てきたり、その宇宙船のワープの原理がミシンであったり荒唐無稽なものが多く出てきて面白い。

ネタバレすると面白くないが、よくあるパラレルワールドのSF映画の原点的なものなのだと思う。また、この作品は最後にはハッピーエンドとして終わる。読了後は後味がよいものだと思う。

解説は筒井康隆。そのときの日付は昭和51年12月。

この本のカバーのイラストが結構重要な意味を持つのだけど、残念ながらアマゾンにはないようだ。

読むべき人:
  • パラレルワールド系のものが好きな人
  • 古典SF物が好きな人
  • 荒唐無稽な作品が好きな人
Amazon.co.jpで『フレドリック・ブラウン』の他の作品を見る


February 07, 2007

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール


あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール

キーワード:
 浜口直太、ビジネス、基本、仕事、ルール
経営コンサルタントによる仕事で気をつけなければならないことが書かれている本。101のルールが載っている。以下、自分がなるほどと思ったルールを列挙。
  1. 「できません」「不可能です」「無理です」は禁句
  2. なんでもいいからわくわくすることをしよう
  3. 毎日大いに挫折しよう
  4. 本を読んで知恵と運をつけよう
  5. プロとしての意識を持って仕事をしよう
  6. 仕事を楽しめる自分なりの方法を見つけよう
  7. 疲れたら無理に続けないで休憩しよう
だいたい一つのルールに対して2ページの構成となっている。著者のビジネス経験などから示されていることが多い。例えば、挫折については、著者は米国の経営大学院を7校受けても全敗したとかあり、しかし、挫折は繰り返せば繰り返すほど力がつくと示されている。他にも敬語の使い方、電話の対応方法などはできる人を見習うべきだとか発言するときはポイントを絞るべきだということなど幅広い。

実際に働くようになってから、これらのことができていなくて、結構耳が痛かったりする。全然自分はできていなかったなとか反省してしまう。でも、これらがしっかりできるようになると、気配りができる人間だと評価されて仕事もうまくいくのではないかと思われる。

結構読みやすいし、どこから読んでもよい。通勤時に読むとよいかもしれない。

読むべき人:
  • 仕事の基礎を身につけたい人
  • 気配りのできる人になりたい人
  • 成功したい人
Amazon.co.jpで『浜口直太』の他の本を見る


February 04, 2007

適当論


適当論

キーワード:
 高田純次、和田秀樹、適当、行き方、考え方、思い込み
タレント高田純次の生き方を精神科医である和田秀樹氏が分析したりしている本。どちらかというと、和田秀樹が書いている部分が多い。そんな適当な本。『プロ論。3』に高田純次が載っていたので気になって買ってみた。

最初の章は和田秀樹と高田純次との対談になっている。子供のころ何になりたかったのかとか最近老化してきて下半身が元気がないとかそんな話。テレビと同じような物言いで、ときどき笑ってしまった。

2章では、高田純次という存在を和田秀樹が分析している。高田純次の信条や発言などを基に精神科医の立場からそのような考え方は有効であるというような内容。例えば、高田純次が「人生はバランスだね」というようなことを言っていることに対して和田秀樹が解説し、最後にチェックポイントとして『悪いことが起きたときに、くよくよせずにプラスマイナスゼロの発送を持つ=楽天的に考える(pp.79)』と示している。それらはなるほどなと思う。

3章は高田純次の生き方の十戒が示されている。以下に引用。
  1. 理想、目標は持つな
  2. 自惚れも自信のうち
  3. とにかくヨイショ
  4. カネは天下の回りもの
  5. バカになれ
  6. タダ飯タダ酒おおいに結構
  7. 言い逃れの達人になれ
  8. 浮気も本気も愛は愛
  9. 無計画を押し通せ
  10. 五時から男
普通とは違った楽に生きられる考え方なのかなと持った。

また、適当であるということはバランスを持って生きるということであると和田秀樹が解説している。また高田純次が物事がうまく行っていないときにどう考えているのかということが分かる部分がある。以下にそこの部分を抜粋。
カッコよく言えば、現実を否定せず肯定するということだ。だから、何でも面白げにやってきた。疫病神はいっこうにめげない自分を「張り合いのないやつ」と見限って、他のやつを探してどこかに行ってしまった。そうこうしているうちに、遠くから眺めていた福の神が「変なやつ」と顔を覗きに来た。そう考えている。
(pp.133)
ふーん、なるほどなとなと思った。要は、楽観的に考えろということだろう。

難しいことは何も書かれていない。さらっと読める。また、高田純次がどのように生きていたのかがよく分かった。サラリーマン生活もしていて、その後魔が差して劇団に入ってデビューしたようだ。高田純次の考え方は自分にない考えだったので、面白いなと思った。このように考えれば楽に生きられるのではないかと思った。

アマゾンでは評価が低い。全然本人が書いていないじゃないかとか期待はずれだとか。でも、本人からしてみればそんなにまじめに読んだらダメでしょうと思っているのだと思う。「適当論」というタイトルなのだから。

読むべき人:
  • 高田純次が好きな人
  • 楽な生き方をしたい人
  • まじめすぎる人
Amazon.co.jpで『高田純次』の他の本を見る


February 01, 2007

初対面の教科書


初対面の教科書―おちまさとプロデュース

キーワード:
 おちまさと、初対面、企画、人見知り、作法
プロデューサー、おちまさと氏の初対面に関する教科書。生きていればさまざまなところで初対面に出くわすが、そのときに心のよりどころとなるようなものとして表現してみたかったとある。以下のような内容となっている。
  1. 初対面の正体を知る
  2. 初対面のお作法
  3. 初対面力を鍛える
  4. シチュエーション別!実践初対面
  5. 初対面裏技集
  6. 初対面にまつわるエトセトラ
他にもコラム的に、『究極の初対面』と『歴史上の初対面』といった内容がある。

最初のほうでは初対面であがってしまうのはプライドの高さが原因であるとあり、あがってしまって失敗すると初対面のバッドスパイラルに陥るとある。また、初対面の心構えとして、目標は高く、気持ちには謙虚に、相手をリスペクトする、常に正直であることと示されている。どれもなるほどと思う。

一番なるほどと思ったのは、話のネタとは相手について知りうることと相手との共通点である偶然によって構成されており、このネタを事前に8つ準備しておけばよいという部分だった。

ビジネス的なシチュエーションだけでなく、恋愛においての女性との初対面や合コンでの初対面なども解説されている。例えば、美人を前にして緊張してしまう人は社内ナンバー1の女性に近づいて慣れろとアドバイスがある。また、男女の初対面では女性がイニシアチブを取るべきとある。そうすることで関係が長続きするようだ。

面白いイラストもあり、また本文中のキーワードが脚注に解説されている。それらはどれも一般的なことがらではではなく、著者が経験してきたことが書かれている。例えば、『スケベ』に関する脚注は以下のようになっている。以下抜粋。
男性のモチベーションの源だったりするので、一概に否定はできない。特に女性の読者は肯定の方向で検討していただきたい。
(pp.122)
こんな調子。また解説していることの例として、著者とさまざまな有名人との対話の後の有名人の感想が所々載っていたりする。放送作家ならではの内容で面白い。

著者の体験談に基づいて解説されている。これらをどこまで実践して通用するかは分からないけど。

読むべき人:
  • 初対面が苦手な人
  • うまく人間関係を気づきたい人
  • 企画に興味がある人
Amazon.co.jpで『おちまさと』の他の本を見る