March 2008

March 22, 2008

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代

キーワード:
 城繁幸、働き方、アウトサイダー、昭和的価値観、多様性
前著、『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』の著者による、昭和的な働き方の価値観に対するアンチテーゼを示す本。キャリア編、独立編、新世代編の3部構成となっている。昭和的価値観を全て目次から列挙してみる。
  1. 「若者は、ただ上に従うこと」―大手流通企業から外資系生保に転職、年収が20倍になった彼
  2. 「実力主義の会社は厳しく、終身雇用は安定しているということ」―新卒で、外資系投資銀行を選んだ理由
  3. 「仕事の目的とは、出世であること」―大新聞社の文化部記者という生き方
  4. 「IT業界は3Kであるということ」―企業ではなく、IT業界に就職したという意識を持つ男
  5. 「就職先は会社の名前で決めること」―大手広告代理店で、独立の準備をする彼
  6. 「女性は家庭に入ること」―女性が留学する理由
  7. 「言われたことは、何でもやること」―東大卒エリートが直面した現実
  8. 「学歴に頼ること」―会社の規模ではなく、職種を選んで転職を繰り返し好きな道を切り開く
  9. 「留学なんて意味がないということ」―大手企業でMBA取得後、安定を捨てた理由
  10. 「失敗を恐れること」―大企業からNFLへ
  11. 「公私混同はしないこと」―サラリーマンからベストセラー作家になった山田真哉氏
  12. 「盆暮れ正月以外、お墓参りには行かないこと」―赤門から仏門へ、東大卒業後、出家した彼の人生
  13. 「酒は飲んでも飲まれないこと」―グローバルビジネスマンからバーテンダーへ
  14. 「フリーターは負け組みだということ」―フリーター雑誌が模索する、新しい生き方
  15. 「官僚は現状維持にしか興味がないということ」―国家公務員をやめて、公務員の転職を支援する生き方
  16. 「新卒以外は採らないこと」―リクルートが始めた、新卒以外の人間を採用するシステム
  17. 「人生の大半を会社で過ごすこと」―職場にはりついているように見える日本男子の人生
  18. 「大学は遊んでいてもいいということ」―立命館VS昭和的価値観
  19. 「最近の若者は元気がないということ」―日本企業を忌避しだした若者たち
  20. 「ニートは怠け者だということ」―「競争から共生へ」あるNPOの挑戦
  21. 「新聞を読まない人間はバカであるということ」―情報のイニシアチブは、大衆に移りつつある
  22. 「左翼は労働者の味方であるということ」―二一世紀の労働運動の目指すべき道とは
括弧の部分が昭和的価値観を示し、その後のダッシュ以降が、その価値観に対極な価値観を持ちながら生きている人のことが示されている。

昭和的価値観を簡単にまとめてみると、それは戦後50年に形成されてきた年功序列、終身雇用を基盤とした会社に養われている働き方であり、そこにはなんとなく銀行、新聞社などの大企業を企業名でのみ目指す傾向があり、そして入社してしまえば一生安泰であるかもしれないが、入社後は有給消化ができず深夜残業、転勤、過労死など滅私奉公を求められる企業文化に染まっていく閉塞した生き方のこと。結構乱暴なまとめ方か・・・。

そしてそのような価値観はもはや21世紀には通用しないということを著者が示している。昭和的価値観の対極として、著者がインタビューした人によって示されている平成的価値観がある。平成的価値観は、一言で言えば多様性であるようだ。そしてそこには、自分が中心となって何かをやりたい、自分の目的地を探しだしそこにたどり着きたい、また自分が望む何かを手に入れようとする主体性がある。そういう人たちは、まず終身雇用、年功序列を基盤とするような日本企業には行かず、外資に行ったりする傾向があるようだ。

著者の考え方が端的に現れている部分があるので、そこを抜粋。
「俺は会社で死ねれば本望だ」という人はそれでいい。が、今の境地に違和感をおぼえるボーダー上の人は、違う価値観にも目を向けるべきだ。定期昇給も無く、一生平社員であるにもかかわらず、休日も使わず転勤を繰り返し、残業続きの人生を送るのが幸せだというのなら、そいつはだたのバカか、それによって搾取する側の人間に違いない。日本的サラリーマンカルチャーは、終身雇用と年功序列というご褒美と引き換えに成立してきたものだ。だが、そのバーター関係は既に崩れたのだから。
 これからは、レールを降りて、各自がそれぞれの道を探す時代が間違いなくやってくる。突っ走ってもいい。でも、何人かで歩いていくのも悪くはない。
(pp.193)
そしてレールを降りた人がアウトサイダーとして本書で多く示されている。

さて、以上がだいたいの本の内容。以下自分の感想。

自分自身に関して言えば、あまり昭和的価値観に染まっていないなと思う。まず染まっていたら、外資になどに行かなかった。この本では一貫して年功序列、終身雇用企業が日本の成長や働き方の閉塞間の元凶であるというような主張があり、外資礼賛の記述が多い。しかし、必ずしも年功序列が悪いわけではなく、外資的な実力主義の給与体系が必ずしも良いわけでない。確かに能力に応じた給料をもらうべきであるが、その激しい競争社会で生きていけない人もいるわけで。要は、著者も示しているように多様性だと思う。年功序列企業があってもよいし、昭和的価値観にどっぷりつかって生きて生きたい人はそれでいいと思う。けれど、大局的に見ると、そのような企業に未来は無いと示されているので難しいところで。

自分がなぜ外資に行ったかというと、たまたま自分が望んでいる企業文化がそこだったから、としかいいようがない。この本で示されているように、学生時代からインターンシップに行って企業間の違いに目が覚めて意識が変わった、ということも無い。そもそもインターンシップにすら行ってないし。けれど、常に成長していきたいという気持ちがあった。だから年功序列組織は選ばなかった。

また、自分は会社という組織で働くということ自体あまり向いていない思っているので、この本に示されているように、会社勤めをしなくても生きていける方向性が示されているのがとても参考になる。自分自身も将来アウトサイダーになるべくしてなるのだろうなと思う。

アウトサイダーになった人たちの考え方や生き方が面白いなと思った。本当にいろいろな生き方があるのだなと思った。

多様性という言葉は便利で、1つの価値観に縛られず、自由な生き方ができる。しかし、どのような生き方をしようとも、結局は自己責任が付きまとう。けれど、その分自分の本当にやりたいことに専念した生き方ができるのではないかと思った。

読むべき人:
  • 年功序列、終身雇用の会社員の人
  • アウトサイダーになりたい人
  • 本当に自分のやりたいことをやりたい人
Amazon.co.jpで『城繁幸』の他の作品を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ


March 16, 2008

孤独のグルメ

キーワード:
 久住昌之 / 谷口ジロー、孤独、グルメ、哀愁、野武士
地味に売れ続けている人気漫画、孤独のグルメ。個人で輸入雑貨の仕入れを営んでいる主人公、井之頭五郎は常に空腹で食いたいものを探している。そして、常に独りでどこかの飯屋にたどり着き、食べるものを一口ずつ吟味しながら評価している。そこには食べることへの独特の美意識があり、どこか哀愁さえ漂う。そんな漫画。

以下のようなグルメとなっている。
  1. 東京都台東区山谷のぶた肉いためライス
  2. 東京都武蔵野市吉祥寺の廻転寿司
  3. 東京都台東区浅草の豆かん
  4. 東京都北区赤羽の鰻丼
  5. 群馬県高崎市の焼きまんじゅう
  6. 東京発新幹線ひかり55号のシュウマイ
  7. 大阪府大阪市北区中津のたこ焼き
  8. 京浜工業地帯を経て川崎セメント通りの焼き肉
  9. 神奈川県藤沢市江ノ島の江ノ島丼
  10. 東京都杉並区西荻窪のおまかせ定食
  11. 東京都練馬区石神井公園のカレー丼とおでん
  12. 東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ
  13. 東京都渋谷区神宮球場のウィンナー・カレー
  14. 東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ
  15. 東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ
  16. 東京都豊島区池袋のデパート屋上のさぬきうどん
  17. 東京都千代田区秋葉原のカツサンド
  18. 東京都渋谷区渋谷百軒店の大盛り焼きそばと餃子
  19. 釜石の石割り桜 あとがきにかえて 久住昌之
この漫画はよく、ネットで話題になっていて、なんだか怪しい雰囲気だなと思っていた。けれど、実際に読んでみると、共感できる部分が多い。なかでも、この漫画が好きな人なら確実に琴線に触れるだろうセリフがある。以下抜粋。
モノを食べる時はね
誰にも邪魔されず
自由で なんというか
救われてなきゃあ
ダメなんだ

独りで静かで
豊かで……
(pp.123)
この部分に思わす赤い蛍光ペンでマークした。この部分に共感できる人は、孤独のグルメの仲間入り確定だよ。自分はもちろん、孤独のグルメ派で。

このセリフがとても共感できる。というのも、自分は腎臓病を患っており、腎臓の負担を抑えるためにたんぱく質の1日の合計摂取量が40g、塩分は10gという食事制限を行っている。そのため、普通に外食をするのが難しい。朝と夜に腎臓病食を食べるなら、なんとか低たんぱくな食事を外で食える。そういった状態から、食べることに対する意識が大きく変わった。そしてこの漫画のように、普通に外食を一食食べるときは本当に味わって、内面が満たされていくような気分になる。それは誰にも邪魔されていはいけない。独りで、まだなんとか食べられることに感謝するという境地。だから、基本的に外で食うものは何を食ってもうまいと感じる。

面白いのはこの漫画そのものだけではなく、原作者のあとがき部分かな。久住昌之氏は小心気味で、入ったことのない定食屋に入るのを躊躇するようだ。そして障子戸をガラっとあけて何の躊躇もなく定食屋にズンズン入り、ドカっとすわり、「オヤジ、飯だ」と怒鳴るような野武士のような態度にあこがれるらしい。自分もなんとなく分かる気がする。常連がいそうな古びた中華屋とか定食屋に独りで入るのは、いつも勇気がいる。そういうのも共感できて、面白かった。

孤独のグルメ。自分はきっと当分これを続けていくと思う。誰かと食べるとね、普段食べられないものをじっくり味わうことができないからね。自分にとってはこの漫画はバイブルかもしれない。続きが連載されないかね。

読むべき人:
  • 独りが好きな人
  • 食事に独りでいけない人
  • 食事制限をしている人
Amazon.co.jpで『久住昌之』の他の作品を見る
Amazon.co.jpで『谷口ジロー』の他の作品を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ


March 15, 2008

明日へつづく道

明日へつづく道
明日へつづく道

キーワード:
 ベルンハルト M.シュミッド、野澤幸司、詩、風景写真、道
世界の道が撮られた写真集と詩の本。

最近は激務に近い忙しさで、タクシー帰りが多い。本をゆっくり読む時間もなくなる。精神的にまいってくる。この働き方でよいのか?この方向性でいいのか?などなど、精神的にゆとりがなくなる。追い込まれていく。

そういうときに、この本を書店で何気なく見つけて買ってみた。内容的には読むだけなら5分もかからない。けれど、世界と自分の人生をかけた旅を表現する風景写真と詩が自分を勇気付けてくれる。

道の写真はさまざまだ。牧歌的な舗装されていない小道、曲がりくねったアスファルトの道、深い霧に覆われた道、森林の中の道、浜辺に臨む道、山脈をうねる道、道なき雪一面の足跡、ひまわり畑を分断する道。どれもが情緒的で美しい光景である。

詩も風景写真と合っていていい。気に入った部分を一部抜粋。
行き先がみえなくなったとき
目に見えない涙がこぼれる
終わりのないトンネル?
深呼吸してごらん
心の軌道修正
その場所がスタートライン

立ちはだかるもの
歩みを止めるな
乗り越える理由がある
必ず待っている
出会えなかったはずの景色
(pp.91-92)
一番好きな写真は、『出会えなかったはずの景色』というワンフレーズとともに見開きで載っている黄色い花畑を分断する小道を写したもの。空のブルーと一面の黄色の花のコントラスト、そして小道の脇に一本の木がたっている。その横には雲が写っている。この写真に一番惹かれる。

この道の先には何があるんだろうね?といろいろ考えさせてくれるし、元気付けてくれる。

ベルンハルト M.シュミッドのページ。風景写真が多く載っている。
bernhard m. schmid - photographer

この本は、自分の人生に迷ったとき、追われているとき、日曜日の憂鬱な夜に眺めるとよいと思う。

読むべき人:
  • 日々の仕事に追われている人
  • 写真集、詩が好きな人
  • 迷子になったとき
Amazon.co.jpで『ベルンハルト M.シュミッド』の他の作品を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1


March 02, 2008

三年で会社を辞めたら損ですよ!

三年で会社を辞めたら損ですよ!
三年で会社を辞めたら損ですよ!

キーワード:
 常見陽平、仕事論、楽しみ、3年、成長
リクルートからバンダイへ転職し、新卒採用担当である著者の仕事の楽しみ方が示されている本。以下のような内容となっている。
  1. いまどきの若者の実態
  2. 「本当の自分」探し症候群
  3. 「やりたいこと」中毒症候群
  4. なぜ、働くのか?なぜ、お給料をもらえるのか?
  5. 仕事を楽しむためのポイント
  6. 「成長」することを楽しもう
  7. 仕事が楽しくなる仲間のつくり方
  8. 仕事がはかどり、楽しくなるハイパー仕事術
  9. ちょっと元気が出る働き魂
著者は、月曜日が来るのが辛くてしょうがないダメ社員だったが、入社2,3年目くらいからいろいろなきっかけにより、会社に行くのが楽しくて、また仕事をするのが楽しくてしょうがない状態になったようだ。それまでの具体的な方法が書いてある。

『自分探し』などしないで『自分磨き』を若い時期にするべきだとある。これは他の本にもよく主張されていることだ。自分も自分探しなどしない。自分を研鑽するだけだ。

本当にやりたいことが分からない、他にやりたいことがあると思っている場合は、それをどれだけ具体的に示せるか?がポイントになるようだ。それが具体的になっていないということは、それに対する思いの強さ、深さが浅いということになる。その通りだなと思った。

仕事の楽しさの根本的な考えが示されている部分がある。その部分を長めに抜粋。
仕事が「楽しい」のか、「つらい」のかは本人次第であり、会社が決めるものではないからである。さらには、「つらい」ことを克服するから仕事は「楽しい」のである。つくづく思うのは、「楽しい」か「つらいか」という問題では決してなく、本人が「楽しめる」かどうかが問題なのだと思う。
 絶対値で「楽しい」仕事など、私はありえないと思っている。自らが「楽しむ」からこそ、仕事は楽しいのだ。会社から与えられるものではなく、自らでつくっていけるから楽しいのだ。難しくて、つらいからこそ燃えるのであり、楽しいのである。不確実だからこそ、楽しいのである。
(pp.99-100)
そんなものかなと思った。これも他の本にも書いてあったりする。

仕事を楽しむポイントとして以下が示されている。
  • 「意義」を理解する、設定する
  • 仕事に「成長の機会」を見つけ出す
  • 「出会い」を楽しむ
  • 「ご飯の仕事」と「おかずの仕事」
他にも引用したいところが多いけど、この辺で。

この手の本は一般論で抽象化されて語られることが多い。けれど、この本は著者の実体験が多く示されており、それが具体的で信頼性が増す。特にリクルート時代のさまざまなエピソードが面白かった。新人時代に名刺獲得飛び込み大会とかがあったらしい。リクルートは人材排出企業と名高いので、そのような側面も垣間見ることができると思う。

自分の現状は、入社2年目で、まさにやりたいことってこれだっけ?とか仕事に忙殺されて全然楽しめなかったりしている。今でも漠然と不安で悩んだりしている。そして月曜日が地味に憂鬱で・・・。この本は今の自分にぴったりの本だった。しばらく積読状態だったけど、まさに今自分が読むべき本だったと思う。

仕事に対する意識が変わった気がする。これで明日からもがんばれると思う。もっと楽しむ努力をしてみようと思った。

読むべき人:
  • 入社2,3年目で仕事が楽しめていない人
  • 就職活動中の大学生
  • 成長したい人
Amazon.co.jpで『常見陽平』の他の作品を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1


学校がアホらしいキミへ


学校がアホらしいキミへ

キーワード:
 日垣隆、人生論、学校、社会、追悼
作家、ジャーナリストである著者による、中学、高校生のための人生論。目次が多いので、自分が参考になったものを列挙する。
  • あきらめない生き方
  • 「自立」は正しい目標か
  • 才能の磨き方
  • たった二つの道
  • いい時代だよな
  • 一流の人になる
  • サラリーマンは安泰か
  • これでお別れ?
どの節も4,5ページで著者が中高生を相手に語りかけている内容となっている。

最初のほうは、学校がつまらない理由、先生もつまらない理由が示されている。学校は答えが決まっていることを学び、謎解きなどの解決に挑戦意欲を喚起させる構造的な面白さがないからだとある。先生がつまらないのは、先生はただのレッスンプロであり、未知の世界に挑戦する習慣がないので本質的につまらないとある。

自分自身を振り返ってみると、学校が面白かったことはなかった。特に勉強が嫌いだった。面白くなかったから。

いくつかためになった部分を抜粋。『「自立」は正しい目標か』という節に関して。
 老後に、詐欺のような年金と僅かな貯金と猫の額のような土地をもっていても誰も訪ねてこない「自立した人」と、短期間ならいつでも泊まりにいける知人や友人たちをもって「依存している人」と、どちらが楽しそうか。
 どれだけたくさんの人に気持ちよく依存して生きていけるようになるか。それが教育の目的とさえ言ってもいのではないか、と俺は思う。
(pp.20)
これは妙に納得したというか、頭をガツンとたたかれたような気になった。どちらかというと、人間関係を深く築かず孤独癖なのほうで、あまり人に頼らず、自立、独立がよいのだと思い込んでいた。けれど、最近それではだめなのかなと思い始めていたときに、この文章を読んだ。また、この部分を読んだ後、大学時代の友人たちと飲みに行ったとき、お互いの家を訪ねあえるのがいいというような話をしていたので、それはその通りなのかなと思った。

『才能の磨き方』という部分について。
 才能というのは、自惚れのことではない。個人がもつ「何かを作り上げる力」を、お金で買ってくれる人がたくさんいるかどうか。親や先生が褒めてくれたとか、地区大会で優勝したとか、そんなレベルで即座にプロとして食えるわけがない。
(pp.28)
そういうことらしい。だから平凡な人は大学にいったほうがよいらしい。しかし、負を転じて正にできるパワーの持ち主(とんでもない負けず嫌い)は、どのような選択肢でも構わないらしい。

『いい時代だよなあ』という部分について。
 本を通して、無数の先達が知恵をさずけてくれる。要するに、「自分の小ささ」を思い知らせてくれる。自分がいかにチッポケな人間か。それを自覚せざるをえない(ただし向上の仕方が学べる)のが読書という行為である。
(pp.49)
そして、最近の若者が本を読まなくなっているのが事実だとしたら、簡単な努力で人より抜きんでることができる、ということになるらしい。自分は本当に抜きん出ているのだろうか?と考えることもあるけど、抜きん出たいがために読むわけではない。

最後に一番納得した部分。『これでお別れ?』という部分について。
 勉強での落ち込みは、勉強で克服するしかない。大人たちも、仕事での落ち込みは、仕事で取り返すしかない。最愛の人がいなくなったら、最愛の人をつくるしかないのである。
 それ以外の選択は、すべて逃げである。逃げる(感傷旅行に出るとか、引きこもるとか、転職するとか)も確かに人間的な行為ではあるから、時々やってみるといい。だが、所詮「逃避」では問題の解決は図れない。
(pp.91-92)
これを読んで、自分はずっと逃避していたんだなぁ、ということがよく分かった。もう、逃げられないのだなと思った。

ページ数的には100ページもなく薄い。けれど、内容は濃い。たくさん線を引いた。そんな本。

本の最後の付録に、この本が書かれるきっかけとなった追悼文がある。これは著者の息子の同級生に向けて書かれた物である。これがこの本の全てを包括しているような気がする。

よい本だった。中高生はもちろん、これから就職を控えている大学生や、社会人になった人も日常を振り返って得るものが多いと思う。

読むべき人:
  • 学校はつまらないと思っている人
  • 仕事や趣味について考えたい人
  • 自分の生き方に悩む人
Amazon.co.jpで『日垣隆』の他の作品を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ