April 2010

April 29, 2010

TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点

TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点
TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点

キーワード:
 中村澄子、TOEIC、勉強方法、ビジネス、事例集
TOEIC講師によってTOEIC高得点者の共通点がまとめられた本。以下のような目次となっている。
  1. 1章 英語嫌いでも高得点を出せる
  2. 2章 時間のない人ほど高得点を出せる
  3. 3章 高得点を出せる人は、勉強法に一工夫している
  4. 4章 高得点を出すための参考書の選び方
  5. 5章 仕事のできる人ほど高得点を出せる
  6. 6章 情報収集の上手な人ほど高得点を出せる
(目次から抜粋)
著者は、エール大学でMBAを取得し、現在TOEIC TEST教室を主宰されているようだ。著者によれば、TOEICで高得点を出す人には時間の使い方、ノートの取り方、集中力、考え方、さらには英語そのものがそれほど好きではないというような共通点があることに気付かれたようだ。そして著者なりのTOEIC勉強論とそれらの共通点がまとめられたのが本書となる。

なんとなく本屋のTOEICコーナーに行ったらこの本があったので、買って読んでみたが、かなり勉強なることが多く書いてあった。以下とくになるほどと思った項目について列挙しておく。
  • 英語に興味がなかったり、英語が苦手だったりする人が先に900点突破を達成する
  • TOEICでは、英語好きな人がこれまで勉強してきた英語とは少し異なる英語力が求められる
  • なかなかスコアが伸びない人は「やり方が間違っている」か、「手抜き」をしているか「時間をかけていない」場合が多い
  • 時間管理能力の高い人ほど早く高スコアを出せる
  • TOEICの勉強期間の目安は3ヶ月で、3ヶ月で目標達成するためにはかなり集中して勉強する必要がある
  • 勉強時間は平日で3時間、土日各3時間がギリギリの最低ライン
  • リスニングで可能なかぎり高得点を出し、残りの必要点をリーディングで取得するのが、高スコア達成の早道
  • 点数が出せない人は「時間がない」理由を探すが、点数を出せる人は、時間を強引に作り出す
  • 勉強の中心は新公式問題集で、これを一通り解いて出題傾向をつかむことが基本
  • 860点以上を目指す場合は、「ファイナンシャルタイムズ」(World business, finance and political news from the Financial Times– FT.com Asia)や「ウォールストリートジャーナル」(Asia Edition - Wall Street Journal - Latest News, Breaking Stories, Top Headlines - WSJ.com)などを読んで語彙を学んでいく必要がある
  • 「モチベーションを高いレベルでとどめる」ことに優れている人がやはり強い
  • よほど英語力がある人を別として、最近のTOEICでは独習だけでは900点を突破するのはかなり難しい道のり
  • TOEICは正しく勉強すれば仕事で使える英語力がある程度身につくし、正しく努力すればその努力が報われる試験
  • インターネットで得られる情報は多種多様、玉石混合で、必ずしもその人にとって適切な情報とは限らない
  • TOEICが求めるビジネスシーンでの英語力は、単純な英語力ではなく、英語を使った情報処理能力も含まれる
まぁ、こんなところか。実際に現在進行形でTOEIC試験を受け続けている身としては、なるほど!!と思う部分が多かった。新公式問題集を解くとよいとか。TOEIC対策中にまだ1回もやってないので、これはぜひやりたい。

また、一番なるほどというか、やはりそうだよね!!と思ったのが『仕事のできる人はTOEICで早く結果を出す』という内容。以下その部分を抜粋。
 仕事ができる人は、目標なりプロジェクトなりをデッドラインに合わせて仕上げていくことに慣れています。一つのことだけをじっくりやって、最高レベルに仕上げるのではなく、数多くのやるべきことに優先順位をつけつつ、時間をやりくりしながら作業を進め、あるレベル以上の質で仕上げていく・・・・・・といったことを長年こなしてきています。
 これはTOEICで高スコアを達成する際に求められることと同じです。じっくりすべてを理解する力ではなく、短時間に要点だけを理解する力が求められるTOEICの要求水準は、仕事での要求水準と似ています。そして要求水準を超えるためにすべきことも仕事と似ています。どんな勉強をする必要があるのか、何を優先すべきかを把握し、デッドラインまでに目標を達成するスケジュールを組める人が、高スコアを早く出します。
 だから英語に関係した仕事をしていなくても、あるいはずっと英語から遠ざかっていた人でも、仕事のできる人は、TOEICの勉強を始めたら高スコアを取るのはとても早いです。
(pp.163-164)
これはもう、ものすごく実感する!!自分の回りを見ても、この人はかなり仕事ができる!!と思う人はTOEICの点数が余裕で800点後半近く取っていたりするし、何よりも自分自身、TOEIC対策を続けてきた経験から、仕事で必要な能力とTOEIC高得点達成までに必要な能力は共通する点が多いと思う。

TOEICの本質は、英語力そのものを計る試験ではなくて(そもそもリスニングとリーディング能力しか測定できないし)、英語を媒体としたビジネススキルを計るテストである、といえるのではないかと思う。そして、TOEIC高得点達成までのプロセスで一番鍛え上げられるのは、モチベーションとスケジュール管理能力である!! と自信を持って断言できる。だから、仕事ができる人になりたかったら、TOEICで高得点を目指せ!! ということになる。この部分については、いずれ自分が900点超えをしてから記事にまとめたいと思う。

著者の勉強論に関する本は初めて読んだが、かなり有効な部分が多かったと思った。また、著者の対策本では、以下のリスニングの対策本がかなり役立った。この本でPart3とPart4の先読みのテクニックを身につけることができ、一気にリスニングが100点以上あがった。

TOEIC TEST リスニングの鉄則TOEIC TEST リスニングの鉄則
著者:中村澄子
販売元:講談社インターナショナル
発売日:2009-07-08
おすすめ度:5.0

リーディングの鉄則もとても役立つので、両方やるとよい。



ここからおまけで、自分の現在のTOEICの点数を示しておく。今年の目標は7月末までにTOEIC900点を超えると立てたので、今もTOEICを受け続けている。以下が昨年から受け始めた点数の推移のグラフとなる。

TOEIC点数推移グラフ

点数内訳と取得日は以下の表のようになる。

TOEIC点数表

割と得点上昇スピードは早いほうかなぁと思う。順調に上昇しているのに、3月の回で急下降しているは、ちょっとわけありで、というのも、3月に食あたり(感染性胃腸炎)で死に掛けて1週間入院するという事件がおこり、なんとか無事退院した次の日がTOEICの日で、体力気力が完全じゃない状態で受けた結果となる・・・('A`)。

まぁ、TOEICは受けたことがある人なら実感すると思うけど、本当に気力、体力、集中力が完全じゃないと最後までもたない試験なので、散々たる結果となった・・・。逆に言えば、不調時でも最低650点くらいの実力は発揮できるということだろう(笑)

また、最高点は1月の815点で、900点まであと85点なので、リーディングで100点近く上げればよいので、楽勝でしょ

現在はひたすらファイナンシャルタイムズなどの難しめの英文を読んだり、単語、熟語を覚えて、文法などもチェックしてリーディング対策を行っている。リーディングはここしばらく350点近くで停滞しているので、そろそろ上昇するころかと思うんだけどねぇ。

7月末まで、約3ヶ月なので、本に示されている勉強法を取り入れつつ集中して取り組みたいと思う(`・ω・´) シャキーン

ちなみに、トレーニング状況などは随時Twitterでつぶやいているので、気になる人はフォローどうぞ〜毎朝6時から90分トレーニング中〜。



TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点
TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点
著者:中村 澄子
販売元:祥伝社
発売日:2010-01-30
おすすめ度:3.0

読むべき人:
  • TOEICで高得点取る必要がある人
  • 点数が伸び悩んでいる人
  • 仕事ができるようになりたい人
Amazon.co.jpで『中村澄子』の他の本を見る

bana1 TOEIC900点応援クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


April 27, 2010

Skyjack!

Skyjack!: 1000 Headwords (Oxford Bookworms Library, Thriller and Adventure; Stage 3)
Skyjack!: 1000 Headwords (Oxford Bookworms Library, Thriller and Adventure; Stage 3)

キーワード:
 Tim Vicary、ハイジャック、首相、国際問題、駆け引き
Oxford Bookworms Libraryのステージ3の作品。以下のようなあらすじとなっている。
When a large plane is hijacked, the Prime Minister looks at the list of passengers and suddenly becomes very, very frightened. There is a name on the list that the Prime Minister knows very well - too well. There is someone on that plane who will soon be dead - if the hijackers can find out who he is! And there isn't much time. One man lies dead on the runway. In a few minutes the hijackers will use their guns again. And the Prime Minister knows who they are going to kill.
(カバーの裏から抜粋)
簡単にあらすじを補足すると、ヨーロッパの某国行きの飛行機が武装テロ集団にハイジャックされた!!ハイジャック犯の要求は某国の刑務所に収容されている爆弾テロリスト仲間3人の解放で、解放されない場合は人質を殺すというもの。人質の中には某国の女性首相の夫が乗っており、首相は愛する夫や人質のために犯人の要求に従うしかないのか!?それとも要求を拒否するのか!?首相と犯人たち、そして機内の人質となった首相の夫たちの駆け引きが展開される!!

Oxford Bookworms Libraryシリーズは初めて読んだ気がする。レベルもステージ3で、主要語が1000語レベルとなる。この本は本屋でジャケ買いした。なんとなく表紙のひげ男と、典型的な犯罪マスクに惹かれて(笑)

内容的には結構面白かったと思う。普通の伝記ものや恋愛ものよりも物語に引き込まれていったと思う。何よりも設定が女性首相というのがよかったかも。そして、ハイジャック犯に20歳くらいの女がいて、マシンガンを突きつけているという設定がよかった。

テロリスト集団の犯罪の動機が何とも言えない気持ちになった。20歳の女テロリスト曰く、犯人たちの国は貧しく、狭い家にまともな水もなく、両親は仕事もない状態で、金と権力を持つ外国人たちが自分たちの街から10キロも離れたところに豪邸を建てて暮らしていて、自分たちの国の人間を搾取しているのが耐えられない、だからテロリズムで報復してやるのだ!!という主張だった。

最後は女性首相の側近の軍の指揮官の機転によって、ハイジャック犯が制圧され、無事に人質が解放される。そこまでの駆け引きが結構面白かった。

ほとんど分からない単語がなかった。唯一二つ専門的なものが分からなかったけど、巻末にGlossary(用語集)が載っていたので、問題なかった。分からなかった単語は tarmac (滑走路)、handcuff(手錠)くらいかな。

Oxford Bookworms Libraryシリーズのステージ3が主要語1000語レベルで、ペンギンリーダーのレベル3が主要語1200なので、同じランク3でもペンギンリーダーのほうが若干難しいかもしれない。

著者はOxford Bookworms Libraryシリーズに多く本を書いているようだ。 この本は、Oxford Bookworms Libraryシリーズ向けに著者が初めて書いた作品らしい。

ちなみに、Wikipediaによると、ハイジャックのハイはHighじゃないらしい。連休中もペーパーバックを多く読む予定。



Skyjack!: 1000 Headwords (Oxford Bookworms Library, Thriller and Adventure; Stage 3)
Skyjack!: 1000 Headwords (Oxford Bookworms Library, Thriller and Adventure; Stage 3)
著者:Tim Vicary
販売元:Oxford Univ Pr (Sd)
発売日:2007-11-08
おすすめ度:4.5

読むべき人:
  • 犯罪小説が好きな人
  • 引き込まれる作品を読みたい人
  • テロリズム問題について考えたい人
Amazon.co.jpで『Oxford Bookworms Library』の他の本を見る

bana1 Skyjack!クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


April 25, 2010

The Lost World

The Lost World (Penguin Readers: Level 4 Series)
The Lost World (Penguin Readers: Level 4 Series)

キーワード:
 Michael Crichton、ジュラシックパーク、恐竜、パニック、警鐘
スピルバーグの映画作品にもなったマイケル・クライトン原作のペンギンリーダーレベル4本。あらすじをAmazonのページから抜粋。
It is six years after the disaster at Jurassic Park and the park is closed, the island deserted, the dinosaurs are destroyed and the scientists' dream is ruined. But there are rumours that something has survived. Is the nightmare beginning again? Jurassic Park was one of the most popular books of recent years and a hugely-successful film directed by Steven Spielberg. The Lost World, the thrilling and long awaited sequel, is also a big Hollywood blockbuster. Michael Crichton has written several very successful books including Disclosure and Congo.
(Amazonの商品紹介ページから抜粋)
ジュラシックパークから6年後の忘れ去られた島にあるサイトBでの出来事が再び描かれているんだけど、読んでいるうちに、映画ってこんな内容だったかなぁ?と思った。映画自体は公開時に見た記憶があるのだけど、なんだか自分が見ていた内容とこの作品の内容がぜんぜんリンクしないから、自分の英語力が怪しいのかなぁと思ってしまった。ペンギンリーダーのレベル4で主要語が1700ほどで、いつもレベル3ばかり読んでいるので。

でもAmazonでのこの作品のレビューとWikipediaを見ると、どうも映画と原作では全然内容が違っているようだ。自分の読解力がなかったわけじゃなくてよかった。ただ、ちょっと連続して読む時間がとれず、読む期間が長すぎて全容をあまり把握していない部分も多いけど・・・。

この本は、高校3年生くらいのときに、英語の夏休みの課題で配られたものだけど、実家に帰って本棚を見ると、この作品があったので、よい機会だから読んでみた。今から振り返ってみると、高3でペンギンリーダーレベル4って結構難しくないかなぁとか思った。まぁ、当時これを読了した記憶がないので、難しすぎて放棄していたんだろうけど(笑)今でも知らない単語がたまに出てくるし、簡単な単語で構成されている文でも一読しただけじゃ分からないときがあるし。

内容的には、結構いろんなキャラが意外に死んだりする。あれ、マジかよってちょっと思った(笑)原作は残酷なんだなぁと。後は恐竜と名前の紐付けのイラストがあるのだけど、読んでいるうちにどれがどれだかよく分からなくなるという状況になってしまう・・・。なので、あまりにも非日常の作品だとまだ若干内容把握がうまくいかない。まぁ、作品としては面白いほうだとは思う。

著者のマイケル・クライトンは2メートルもあったらしい。既にお亡くなりになられているようだが。レベル4を読みこなすのはまだちょっと早いかなぁと思ったので、しばらくはレベル3で量稽古をしたいと思う。



The Lost World (Penguin Readers: Level 4 Series)
著者:Michael Crichton
販売元:Penguin
発売日:1999-11-01
おすすめ度:3.5

読むべき人:
  • ジュラシックパークが好きな人
  • 恐竜が好きな人
  • 原作原理主義の人
Amazon.co.jpで『Michael Crichton』の他の作品を見る

bana1 ロストワールドクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


April 21, 2010

MW

MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
MW(ムウ) (1) (小学館文庫)

キーワード:
 手塚治虫、毒ガス、米軍基地、テロリズム、狂気
手塚治虫の漫画。あらすじをWikipediaの記事から一部抜粋。
梨園に生まれたエリート銀行マン・結城美知夫(ゆうきみちお)には、狂気の連続凶悪犯罪者としての顔があった。犯行を次々に重ねては、その後に教会を訪れ、旧知の神父・賀来巌(がらいいわお)のもとで懺悔を行なう美知夫。しかし、2人は同性愛者として、肉体関係を結んでいた。

かつて美知夫は、少年時代に南国の沖ノ真船島(おきのまふねじま)を訪れ、この地にたまたま来ていた不良少年グループにかどわかされた経験をもつ。その際、同島に駐留する某外国軍の秘密化学兵器「MW(ムウ)」が漏れた。島民が相次いで変死する地獄絵を目の当たりにしたトラウマと、自らも毒ガスを吸ったショックとから、美知夫は心身を蝕まれる。
もうちょっと詳しく見たい場合は、以下から参照。手塚作品は何百作品もあり、自分もいろいろと読んできたけど、これはかなり狂気じみた内容だなぁと思った。間違いなく18禁。中学生でもまだ早い内容だなぁ。

強姦、殺人、脅迫、男色、テロリズムなどなどと、ムウガスによって狂わされたエリート銀行マンの執念じみた犯罪が繰り返し描写されている。手塚作品にはいろんな悪役が出てくるけど、ここまで冷酷なキャラはそうはいないんじゃないかなぁと思った。他の作品は悪にも理由が描かれているような気もするが、これはほとんどそれが描かれてない。

結城美知夫が望むのは、ムウガスによる世界の破滅であり、徹底的に慈悲もなく殺しまくる。それはムウガスによって善良な部分が犯されてしまった結果であるとも示されている。結城美知夫もまた考えようによっては、ガスの被害者とも取れる。

軍事基地のモデルは、米軍基地のようで、田中角栄をモデルにした政治家なども出てくる。現在普天間基地問題が起こっている中、これを読むといろいろと考えさせられる。もしそんな大量殺戮兵器があったら?と考えたりするとね。杞憂だと思うけど。

この作品は映画化されており、気になっていた。まだ見てないけど。同性愛描写があるのかどうか気になるところだが、Wikipediaによると、スポンサーの意向でカットされたらしい。腐女子じゃあるまいし、そんなボーイズラブ展開を期待してもしょうがないが・・・。

面白いことは間違いない。しかし、ラストの衝撃と読了後の後味の悪さもあいまって、他の手塚作品ほど正面から受け止められないのも確か。怖いもの見たさで読めばよいかもね。漫画なのに読み進めるのが若干ためらわれる。

こういう作品は、以下の作品に似ているかもしれない。もちろん、これも読み進めるのが若干というか、かなり躊躇させられる内容だけどね。

2巻で完結の作品。狂気に触れてみたい人はどうぞ。



MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
著者:手塚 治虫
販売元:小学館
発売日:1995-02
おすすめ度:4.5

読むべき人:
  • 普通の漫画に読み飽きてきた人
  • 米軍基地問題に関心がある人
  • 狂気について考えてみたい人
Amazon.co.jpで『手塚治虫』の他の作品を見る

bana1 狂気漫画作品クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


April 20, 2010

STUDY HACKS!

STUDY HACKS!
STUDY HACKS!

キーワード:
 小山龍介、勉強、ハック、習慣、楽しみ
HACKS!シリーズの勉強本。以下のような目次となっている。
  1. Chapter 1 ツールハック 機能と形態
  2. Chapter 2 環境ハック 身体と環境
  3. Chapter 3 時間ハック すきまとながら
  4. Chapter 4 習慣ハック 愛着と定着
  5. Chapter 5 試験ハック 選択と集中
  6. Chapter 6 語学ハック リズムとゆらぎ
  7. Chapter 7 キャリアハック STUDYとSTUDIOUS
(目次から抜粋)
この本自体は去年の2月中旬くらいに読了していたのだけど、ついつい取り上げるタイミングを見失っていた。しかし、応用情報技術者試験の勉強やTOEICの勉強を通して何度か読み返していたこともあり、このタイミングで取り上げることにする。

本書の全体像を簡単に説明すると、勉強をストレスフリーのライフハックまで昇華しましょう、そしてそのやり方に沿えば、勉強そのものが楽しくなってくるものだと示されている。そして、理論なども交えて、かなり具体的かつ実践的なSTUDY HACKが89個も示されている。

実際に自分がいくつか試してみたものから恣意的に選んだものの結果、所感を示すことにする。

STUDY HACKS! 04 ヘッドホンで「別荘」を手に入れる

これは騒音が激しい電車の中でも勉強できるようにと、ノイズキャンセリング機能のヘッドホンを利用しろ、というものだが、自分の場合、普通のヘッドホンを利用していた。まぁ、カフェとかで勉強するとき、隣の人たちの会話が気になって勉強できないということが多いから、ヘッドホン(正確にはiPodのイヤホン)で音楽を聞きながら騒音を遮断するというのはかなり効果があったと思う。

STUDY HACKS! 10 はてなブックマークをRSS購読する

はてなブックマークなどのソーシャルブックマークサービスは、ほかの人が選別した優良コンテンツだけが届けられるものだと示されており、この部分を読んで実際に自分もRSSリーダーに登録するようになった。おかげで新聞を読まず、テレビもまったく見ない生活でも、なんとか世間の情勢を追えているなぁと実感している。もちろんネタっぽいものも多くて毎日追うと、無駄に時間を浪費してしまうので注意が必要だが。でも、面白いからいいんだけどね。これをRSSリーダーに登録しておくとよい。

STUDY HACKS! 17 お気に入りの喫茶店を勉強部屋にする

これは去年一年を通して実践したかもしれない。本書によれば、いつも知らない人が出入りしているという場所に自分を放り込んで、危機感を抱きながらやるとよいとある。これはなんとなくわかる。家だとネットとしてしまうし、誰の目にもふれられないから、さぼりがちになる。しかし、カフェだと常に人目にさらされるので、勉強しようという気がわいてくる。

あとは、自分の場合、お気に入りのカフェに行くと、店員さんや他のお客さんでやたらと綺麗な人がいたりして、モテを意識してかなり気合が入ったりという副次的な効果もあるwww

自分がよく行くのは、新宿三丁目のタリーズと西新宿のスタバ。どちらも土日だと混雑していない開店直後が狙い目。

このハックはかなり効果があったと思う。

STUDY HACKS! 18 自習室を借りて勉強する

緊張感を持つには、同じように必死で勉強している人たちといっしょに勉強するのも効果的と示されている。著者は六本木ヒルズのアカデミーヒルズ六本木ライブラリーをよく利用されているようだ。自分も一回だけここに体験講座みたいなので行ってみたことがあったが、ここはかなりよい環境だと思った。あとはアクセスや料金がネックになるかな。コンスタントに通えるかどうかとか。よい環境はかなり勉強によい効果をもたらすと思う。お金をかけて勉強をしているという意識も出てくるし。

他には、勉強カフェなんていいかもしれない。知り合いに教えてもらっただけで、実際に行ったことはないけど。

STUDY HACKS! 32 長時間勉強しない
STUDY HACKS! 33 すきま時間を活用する

時間に関して二つのハックがあり、社会人は長時間勉強することが難しいので、短時間で集中し、通勤時間、待ち合わせの時間などすきま時間を効果的に使うべきとある。これはかなり実感した。そもそも普通にフルタイムで働いていると、平日は特に90分以上連続で勉強することができない。なので、1回最長90分を限度とし、1日の中ですきま時間を把握し、そのすき間時間に合わせた勉強をするべきだなぁと思った。

具体的には、時間が取れる早朝は込み入ったものを、通勤時間は単語を覚えたり要点整理されたものなど頭を使わずにかついつでも始められたりやめられるものを、夜は30分くらい勉強するとして、簡単に参考書を復習するといったことがかなり効果的だった。

STUDY HACKS! 36 長時間眠る

社会人だと、本業への影響も考えなければならず、勉強のために睡眠時間を削って仕事のパフォーマンスが発揮できず残業するといったことになると、悪循環だし、睡眠時間を減らすと効率が悪くなるので、しっかり睡眠を取ったほうがよいとある。これはもうその通りだなぁということを実感した。

体質的に短時間睡眠ができず、最低6時間は眠らないと本当に日中の集中力が落ちて、本業のパフォーマンスが著しく低下する。本業を犠牲にしては本末転倒なので、これはかなり意識的に生活改善した。つまり、睡眠時間を確保しつつ、寝る時間、起きる時間をなるべく一定に保つようにした。今もずれは多少あるけど、あまり疲れなくなったし、朝しっかり起きれるし、しっかり寝たほうが集中力が増し、単位時間当たりの勉強効率が全然違う。

STUDY HACKS! 39 年間計画を立てて「積立預金」する
STUDY HACKS! 40 勉強カレンダーをつける

合格不合格を左右する要素の大部分は頭の良さの問題ではなく、時間のやりくりの問題であるとあり、さらに大きな年目標を月、週、1日とブレイクダウンしてやるべき勉強を洗い出し、それらをカレンダーに載せておくというものが示されていた。

これも今年は結構厳密にやってみたが、かなり効果があるのを実感した。試験予定日から逆算して何をどこまでやるかを洗い出し、月、週、日単位でスケジュールや時間割を立ててやるとかなり効果があった。

具体的には、今年の年始に取得する資格と試験日を洗い出し、大雑把に勉強スケジュールを立て、該当月に入ったら合格までに必要な参考書と勉強量を見積もって勉強を実践していった。

最初は予定と実績がずれてしまうが、それらを記録しつつ補正することで、無理のないスケジュール管理ができ、確実に成果が出ると思う。これがうまくできるようになると、タイムマネジメントが格段にうまくなると思う。

STUDY HACKS! 42 早朝をアウトプット学習に充てる

朝勉強したほうが能率がよいということは、この本に限らずいろんなところで示されている。そこで、すきま時間だけでは対応できないようなアウトプット学習を早朝に実践するべきとある。これは問題演習などを中心としたもので、朝の一番リフレッシュな頭を使うべきとある。

これは実践してみたが、まったくその通りだと思った。例えば、同じ問題集を解いていても、朝の進捗度合いと夜の進捗度合いでは、明らかに朝のほうが進むし、理解も速く、凡ミスも少ない。そういうことを体感してから、毎日6時から90分は勉強している。

STUDY HACKS! 50 ブログやSNSで進捗を報告する

他の人に勉強内容や進捗を公開しておくと、実行への強制力が働き、また他人へ報告することで自分自身へのフィードバック効果があると示されている。これもかなり効果的であると実感している。自分の場合はブログにまとまった進捗を報告するのではなく、Twitterでこまめに勉強過程をつぶやきながら進捗を記録していった。

勉強前につぶやくことで自分自身のスイッチを入れられるし、週単位で自分のつぶやきを振り返り、どの時間に何をどれだけやっているかがよく分かる。また、Twitterは気軽にできるし、何よりもフォロワーの方から応援メッセージをいただけたりして、モチベーション維持もできるのでかなりおススメ。自分のTwitterアカウントは上記なので、もしよかったらフォローどうぞ。最近はTOEICトレーニングのつぶやきがメイン。

STUDY HACKS! 72 ペーパーバックを多読する

これは、英語の勉強に関してで、リーディング力を鍛えるには英語の多読、特にペーパーバックがよいと示されている。辞書を使わなくても読めるような易しい内容から初めて、完全理解を求めず、つまらなくなったら別の本に移るとよいらしい。

現在実践中で、今後このブログでペーパーバックを多めに更新予定。

STUDY HACKS! 86 勉強の費用対効果

若いうちの投資は回収期間が長いので、どんな投資であっても回収可能で、回収期間の長い若いうちは、お金のある限り、どんどん勉強していくほうが得するとあった。これはまだ実感できないが、信じてやるしかないまた、以下特になるほどと思った部分をそのまま抜粋しておく。
 一番よくないのは、現状に流されて何もしないまま日常を過ごしてしまうこと。現代のように変化の激しい時代には、何もしないでいることのリスクが非常に高い。何もしないでいる人は、環境の変化に耐えられず絶滅していった恐竜と同じ運命をたどることになります。「若いうちの投資は(ほぼ)必ず回収できる!」ということをいい聞かせて、さらなる勉強へと自分自身を動機付けていきましょう!
(pp.255)
ということで、(`・ω・´) シャキーンな気持ちでがんばりたいと思う

思えば、著者の小山さんにお会いしたのは去年のバレンタインデーだったなぁ。あれから1年ちょっとすぎたけど、この本のおかげで確実に自分の勉強レベルが上がったと思う。

ハック本は実際に実践してみないと善し悪しが分からないので、勉強していこうと思う人はぜひこの本を読んで、自分ができそうなハックを試してみてほしいと思う。



STUDY HACKS!
STUDY HACKS!
著者:小山 龍介
販売元:東洋経済新報社
発売日:2008-02-28
おすすめ度:4.0

読むべき人:
  • 資格試験など激しく勉強していきたい人
  • ライフハック系のネタが好きな人
  • 楽しく学習しながら成果を出したい人
Amazon.co.jpで『小山龍介』の他の本を見る

bana1 STUDY HACKS!実体験クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


April 19, 2010

平成22年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室

平成22年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室
平成22年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室

キーワード:
 栢木厚、基本情報技術者、参考書、イメージ、猫
基本情報技術者試験の参考書。以下のような目次となっている。
  1. 第1章 情報の基礎理論
  2. 第2章 データ構造とアルゴリズム
  3. 第3章 ハードウェア
  4. 第4章 基本ソフトウェア
  5. 第5章 システムの構成と方式
  6. 第6章 システムの開発技術と監査
  7. 第7章 ネットワーク技術
  8. 第8章 データベース技術
  9. 第9章 セキュリティと標準化
  10. 第10章 情報化と経営
(目次から抜粋)
基本情報技術者試験の参考書で、この本は以下のようなコンセプトからなるようだ。
「難しい知識を難しく教えても意味がない。
難しい知識をわかりやすく教えることが重要である。」
(pp.3)
コンセプトの通り、かなり分かりやすいなぁと思った。

タイトルにイメージとあるが、これは、各節の初めにその節の内容についてのイラストが載っていることを示す。大抵は表紙の猫が描かれている。『情報量の単位』という節では、2進数の0,1をイメージして、ONのとき猫が電球のスイッチを入れていて、OFFのときは寝ているというイラスト。そういうのがあると、これから学ぶ内容がイメージしやすくてよい。

また、クレバーとタイトルにあるのは、『nビットで表現できる情報量 とくれば 2のn乗通り』と暗記項目のくればの部分のことらしい。各節のその部分だけをチェックするだけで、要点がつかめる。

昨日は情報処理技術者試験の日で、自分は応用情報技術者試験を受験した。基本情報技術者試験用のこの本を読んだのは、基本情報レベルのものも理解できているかどうか確認したかったのと、Amazonでこの本のレビューを見たら、応用情報にも出てくる部分の基本が理解できてよいとあったので、読んでみた。

確かに応用情報と重複する部分が多くあり、他の応用情報の参考書を読みつつ、こっちの本で復習になったのでよかった。また、応用では省略されているような基本的な事項、例えばキロ、メガ、ギガ、ミリ、マイクロ、ナノといった整数乗倍の単位などが載っていたのはよかった。計算問題で単位を合わせるとき、どれがどれだか結構すぐに忘れてしまうので。

他にも2進数から10進数、2進数から16進数の基数変換などがイラスト付で理解しやすかった。

ただ、参考書なので、問題数は少なめだと思われる。この参考書を何度か繰り返し読み込み、同時に過去問題集で多く過去問を解くのが良いと思われる。

ページ数は400ページを越えるので、通勤電車の合間に少しずつ(1日大体15分くらいのペースで)読むと大体1ヶ月はかかる。繰り返して読む場合は、もっと1日あたりに読む時間を多く取るべきだが。

昨日の試験の自己採点サービスなんてものがあるらしい。自分は、面倒だからやらないけど。

約1ヶ月ぶりの更新となった。まぁ、昨日の応用情報技術者試験対策のため、みっちり勉強する必要があったので、ブログ更新はできなかった。なんせ3度目の受験だったので・・・。さすがに3度目も落ちるのはありえないと思い、今回は割りと必死でいつもより勉強する必要があった。さすがに余裕で合格だろうという手ごたえがあったので、合格しているはず

合格発表は6月25日(金)らしい。合格していることを確認したら、応用の参考書、また勉強法について記事を書くと思う。

また、応用の勉強が終わったので、次からはTOEIC900点突破対策を再開する。そのため、しばらくは洋書が多く更新されるかもしれない。そのうち今のTOEICの点数状況のネタ記事を更新予定。



平成22年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室
平成22年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室
著者:栢木 厚
販売元:技術評論社
発売日:2009-12-11
おすすめ度:4.0

読むべき人:
  • 基本情報技術者試験を受けようかと思う人
  • 応用を受けようかと思うけど、基本が怪しい人
  • 猫が好きな人
Amazon.co.jpで『基本情報技術者』関連の本を見る

bana1 ブログ更新再開クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ