August 2010

August 20, 2010

英文記事を使った英語リーディングの技術

英文記事を使った英語リーディングの技術
英文記事を使った英語リーディングの技術

キーワード:
 浜田京三、英語、リーディング、英字新聞、速読
英字新聞の記事を使って、英語リーディングにおける速読方法が示されている本。目次を見てもこの本の概要が分からないので、今回は省略。

現在TOEICのリーディングの最高点が390点で、どうも400点をなかなか超えられないでいる。『TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点』を読んでみると、WSJやFTを読めばいいとあり、実際にWeb版を読んで見ると、なんとなくこんなことが書いてあるのかな〜という程度の理解で、完全には程遠い理解となっている。どうも英字新聞をいきなり読むのは無理だと分かり、書店で何かいい本がないかと思って英語リーディング関連の本棚を探っていたら、この本が見つかったので、買って読んでみた。結論から示すと、結構良書かもしれない。

簡単にこの本の概要を示すと、英文を理解するには、英語を英語の語順のまま理解していくことが重要で、それこそがリーディングにおける速読の鍵となると示されている。そして、速読には、文中の単語を「情報」に変換していくことで、英語の語順を破壊することなく英文の意味を理解することができるようだ。

単語を情報に変換するというのは、例えば、"Tom"というものだけを見ると、単なる単語であるが、"…loved Tom"となると、動詞lovedとの関係で、Tomが「誰を?(目的語)」という情報になり、また、"Tom loved…"となると、「誰が?(主語)」を示す情報になる。

初歩的な例文、「We watched a soccer game yesterday.」を読むとき、We「私たちは」、watched「見た」、a soccer game「サッカーの試合を」、yesterday「昨日」と、英語の語順のまま情報に変換していくことが重要らしい。そしてこのような読み方が英文記事を元に終始解説されている。

この本によれば、英文の情報の構成要素として、主語、述語、補語、限定語、説明語、追加語の7つのカテゴリに分けられるようだ。英文の解説には、それらを分かりやすく記号で示し、英文内の情報の構造が示されている。

この記号による英文解説がとても参考になった。英字新聞レベルとなると、単語レベルもさることながら、情報化の構造がとても複雑で、一読しただけではどこからどこまでが主語で、述語はどれで、どこまでが副詞句、形容詞句なのか?ということがさっぱり分からないということが多い。それらが一文ごとに解説されている。さらに、まとまった文書ごとに文の構造が図解で示されており、分かりやすく、そういうことだったんだぁ〜と少し感心した。

例えばどういう記事が載せられているかというと、『iBook』という1999年のNewseekの記事の一部。
The 44-year-old Apple cofounder, decked out in cargo shorts, sandals and the beginnings of a full beard, has set up the machines to run movie trailers piped in from the Internet―a James Bond for him, an Austin Powers for his visitor.
(pp.64)
これを最初一読したときはさっぱり分からなかったけど、解説を読むとなるほどとと思った。この文は、スティーブ・ジョブズの格好を示す説明語と、目的としての追加語からなる文となる。以下に訳を示す。
 カーゴ・ショートパンツとサンダル、それに顔中の無精ひげでおめかしした44歳になるアップル社の共同設立者は、そのマシン(iBook)を立ち上げ、インターネットの映画の予告編(彼のマシンは「ジェームズ・ボンド」、記者のマシンは「オースティン・パワーズ」)を再生してみせた。
(pp.66)
一読しただけで、この訳の通りの文意を把握できたら、この本は必要ないが、もしそうではなくて、英文リーディングを鍛え上げたい人はきっとこの本を買って読んだほうがよい(笑)

英文自体は2,3文で構成されているものが多くあり、最後のほうに実践として長めの記事が載っている。それぞれ語句として単語も載っていて、語彙力増強もできる。

2000年出版なので、英文記事は1999年から2000年前半までのものが多い。引用されている英文の元は、Mainichi Daily News, Asahi Evening News, The Japan Timesなどの国内紙から、Times, Newsweekなどもある。国内紙の記事が若干多く引用されている。

英字新聞レベルとなると、我流で多読してもリーディング力が上がる前に途中で挫折しやすいと思う。単語だけ把握していても、英字新聞独特の文の構造がわかってないと、文意を正確に把握できなくて、読み続けているとストレスになって、飽きてくる。そういう状況で多読しても、効率が悪いのではないかと思う。

そのため、このような本で一度英文の読み方を抑えてから英文多読をしたほうがいいと思う。このような本は、いうならば、モータースポーツのラリーにおける、助手席に座るナビゲーターの役割を果たすようなものだ。入り組んで複雑なコース(英文の構造)を正確に指示してもらいならが、自分自身がドライバーとして運転(読み込み)するようなものだと思う。我流で運転していると、谷底に転落したりして危険だからね(笑)優秀なナビゲーターの指示で運転方法を理解してから、一人でもトップスピードで突っ走れる(速読できる)ようになるのだと思う。

TOEICのリーディングが350点近くになったらこの本に着手し、400点越えを狙えばよいと思う。250ページ程度で、通勤時間にも読めるような内容なので、おススメ。まぁ、1回読んだだけだと完全に把握していないので、繰り返し2回3回と読み込まなければいけない本だから、後2回くらいは読みたいところだ。

この記事から英語本は、新たに作成した『英語関連』カテゴリに設定することにした。過去の英語関連本のカテゴリを再設定するとか面倒だからやらないけど、これからTOEICのリーディング強化のために、英語関連本をたくさん多読できるようにしたい。



英文記事を使った英語リーディングの技術
英文記事を使った英語リーディングの技術
著者:浜田 京三
ベレ出版(2000-11)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 英語リーディングを強化したい人
  • 英字新聞を楽勝で読み込みたい人
  • 構造的なものに何か惹かれるものがある人
bana1 英語関連新カテゴリクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



August 18, 2010

【ネタ記事】TOEIC夏の陣、最終決戦結果発表!!

皆様、灼熱の日々をいかがお過ごしでしょうか?
もう毎日暑くて死にそうです('A`)(笑)

さて、7月25日に受験したTOEICの結果が発表されました。

TOEIC夏の陣として5,6,7月と連続で受験し続け、900点突破を目標に修行をしてまいりました

また、その間の勉強時間は月150時間ペースで、7月の受験までに5月から約450時間ほど労力を費やしてきました


結果は・・・・

result


(´・ω・`)ショボーン

最低でも860点は超えていると思ったのに・・・・。
まぁ、それでも過去最高点を5点更新なので、よしとしましょう(笑)

以下は毎度おなじみの直近1年の点数推移表です。

7_table

見事にリーディングの成長が停滞しております

グラフは以下になります。

7_graph

6月の回で820点だったので、それから150時間も投下して5点しか上がらないというTOEICクオリティwwwwwww

まぁ、リーディングで点数が下降していますが、単に本番中に時間配分をミスっただけ、と思いたいところですww

どうもリーディングに400点の壁があるみたいです・・・。今回は間違えないようにと慎重になりすぎて、熟考して時間配分をミスってしまったようです。また、シングルパッセージの最後の問題を最後に解くという、普段はやらないことをやってしまったのが致命的だったようです・・・('A`)

いまさらながら、応用情報技術者試験のために2,3,4月にトレーニングを一時中断したのが悔やまれます。これさえなければたぶん7月の回で900点は超えていたと思われます。まぁ、それでも応用のほうを優先度を高くして取得しておきたかったというのもあり、無事合格できたのでよかったですが。

5,6月で途中のブランクを取り戻すために工数を使用した形になり、そこからさらに英語力アップさせるために150時間しか費やせなかったのだということでしょう。

800点越えあたりから点数の上昇が伸び悩むのは、一般的に言われるようです。以下の本には、860点の壁があるとありました。この本によれば、860点を越えるには、リーディング力自体の強化が必要らしいです。

そのためには問題集を解くだけではなく、日ごろから一定量のビジネス関連文書を読む必要があるようです。

客観的に5,6,7月のトレーニングを振り返ってみますと、リスニングを重視し、リーディングは問題集による対策のみで、生の英文を少ししか読み込んでませんでした。よって、リーディングが400点を超えられないのだと思います。

TOEIC夏の陣はみごとに玉砕し、挫折感いっぱいですがここで終わるわけにはいかない

あとリーディングを100点近く上げればTOEIC900点突破なのだから

若干モチベーションが下がりつつありますが、月150時間ペースであと2,3ヶ月やれば確実に超えられるはずです

ということで、TOEIC秋の陣に向けてまた修行再開です

次回受験は9月12日

秋の陣初戦として何とか860点は超えたいです
仕事が忙しくなってトレーニング時間を確保できるかどうかがネックになりますが、がんばりたいと思います

なんとしても今年中に900点を越えて、自分自身の限界に挑戦していきたい!!!!!!!!

(`・ω・´) シャキーン

bana1 TOEIC秋の陣修行応援クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



August 16, 2010

【83年会】夏の納涼飲み会 in ビアガーデン〜飛天テラスガーデン〜【ネタ記事】

昨日は83年会の恒例定期飲み会の日だった。

s_DSC07688

思えば、83年会の活動はこの品川駅の時計の下から始っていると言っても過言ではない気がする。ところで、この時計にはしっかり名前があるようだ。『トライアングルクロック』。まるで83年会創設者3人を暗示させるような名前でもある気がする。後からよく考えてみると。

飲み会の場所は、品川駅から徒歩10分ほどのグランドプリンスホテル新高輪の飛天テラスガーデンというビアガーデン。専用口から外に出て、少し歩いたところに壁に『TAKANAWA FOREST GARDEN』の文字がある。一応それなりのホテルだから無駄にカッコイイ。

s_DSC07691

この飛天テラスガーデンは、プールサイドでバーベキューが楽しめるところ。百聞は一見にしかず。以下の写真をごらんあれ。

s_DSC07694

プールにはプリンスホテルのロゴが浮いていた。囲いがあり、飛び込み禁止だった。ダイブしたくてもそこはぐっとこらえなくてはいけない。それなりのホテルだから粗相はダメだ。

ビアガーデン。普通の居酒屋とは少し違う大人な響き。ビアガーデンなので、最初はとりあえず普段は飲まないビール。

s_DSC07697

これはトマトベースのレッドアイ。なかなかのうまさ。

少し曇り空だけど、若干じめじめとした空気の中のビールは、普段の居酒屋のビールよりもおいしく感じた。風もよく通って、健全な暑さだった。

s_DSC07707

リゾートホテル風のプールサイドでバーベキュー。何ともいえない贅沢な雰囲気。肉の味はともかく、バーベキューとお酒を囲みながら83年会の気の合う同志たちと語り合う時間はとても楽しい。

ここで語ったことは、主にそれぞれの仕事やプライベートの近況であったり、これからの野望であったりした。それぞれが今やっていること、そしてこれからどうして行きたいか?というようなことを熱く語り合った。

自分は現状のTOEICベースの英語勉強状況を語ったり、将来的には出世しまくるとも語った。なぜならば、自分の発言力を高めて、世の中に影響力を与えようと思ったら出世が一番の近道だと考えたからだ。

そのためにも、自分の専門分野、ITで一流として世間に認められるべきじゃないかと最近考えていたことを、臆せずに語った。

それぞれがそれぞれの方向性を持って集まっている。バックグラウンドも職業も出身地もバラバラ。唯一の共通点は、同学年であるということだけだ。

そして、普段普通に会社と家の往復しかしていなかったら、まず出会うことのなかった意識の高い人たち。きっと出会うべくして出会って、このように集まったのだろうと、会の創設者として勝手に思い込んでいる。

それぞれの持っているもの、持っていないものなどを引き合わせているのだろう。自分が会に求めているのは、同学年同士の意識を高められる場。プラットフォーム。自分を試す場でもある。そして、この会に来ると、必ず楽しいし、新しい考え、自分の方向性が少しずつ見えてくる。

創設者として毎度毎度飲み会のときはいつも真面目なことを語る。今回は新メンバーも参加されていたということもあり、会の趣旨を説明し、この会をうまく使いこなして欲しいと語った。毎度伝えたいことの半分くらいしか語れていない。まぁ、それはそれでいいかと思う。毎回少しずつ語ればいいのだから。

幹事特権を活かして、夏×バーベキュー×ビアガーデン×リゾート気分という、今年の夏、やりたかったことをすべて一度に実現できた。ここ数ヶ月はずっとTOEICトレーニングでほぼ引きこもり状態だっただけに、なおさら楽しく感じた。

恒例の記念写真。今回参加した同志たちと。

s_DSC07734

熱く語れる同士がいるというのは、生活に張りができるし、本当に楽しい。彼らがいなかったら、今の自分はきっといなかっただろうと思う。自分が幹事をやって、夏の飲み会をやろうと言って集まってくれて、純粋に嬉しかったし、感謝もしている。

83年会の活動は地道に月一で実施している。参加資格は、1983年4月から1984年3月生まれの人で、向上心のある人、成長していきたい人。詳しくは以下のmixiのコミュニティへ。いつでも同士を受け入れているので、気になる人はぜひmixiのコミュニティに参加するとよいかもしれない。

もう8月の後半戦に突入だけど、まだまだ熱い夏は終わらない。

bana1 83年会ビアガーデン飲み会クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



August 12, 2010

1984年

1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)
1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)

キーワード:
 ジョージ・オーウェル、SF、ディストピア、全体主義、偉大な兄弟
SF作家、ジョージ・オーウェルの作品。以下のようなあらすじとなっている。
1984年、世界は三つの超大国に分割されていた。その一つ、オセアニア国では<偉大な兄弟>に指導される政府が全体主義体制を確立し、思想や言語からセックスにいたるすべての人間性を完全な管理下に置いていた。この非人間的な体制に反発した真理省の役人ウィンストンは、思想警察の厳重な監視をかいくぐり、禁止されていた日記を秘かにつけはじめるが……社会における個人の自由と人間性の尊厳の問題を鋭くえぐる問題作
(カバーの裏から抜粋)
ジョージ・オーウェル作品を初めて読んだ。新約も発売されていたけど、だいぶ前から積んでいた旧約のほうを読了した。1984年、は自分の生まれた年でもある(1984/1/27生まれ)。この作品が書かれたのが、1948年。Wikipediaによると、『本作が執筆された1948年の4と8を入れ替えたアナグラムであるという説が一般的である』とある。そのため、1984年に何か深い思い入れがあるわけではないようだ。作中にもたまた主人公が日記をつけ始めたのが1984年4月4日だった、というような感じだった。

この作品はいわゆるディストピア作品であり、政府による完全な管理社会が描かれている。私生活でも常に盗聴器やテレスクリーンというもので監視されており、使用できる言語、食べ物、本、思想などさまざまなことが規正されている。中でも思想犯罪は死刑に値する大罪でもあり、思想犯はもともといなかったこととして蒸発させられる。

そんな中、役人でそれなりに地位のある39歳の男、ウィンストンが偉大な兄弟を筆頭とする現在の体制に疑問を持ち始め、日記に以下のように無意識に書き始めたことから物語が進む。
偉大な兄弟を打倒せよ
偉大な兄弟を打倒せよ
偉大な兄弟を打倒せよ
偉大な兄弟を打倒せよ
偉大な兄弟を打倒せよ
(pp.27)
物語の細かい設定などはWikipediaが参考になるので、それを見たら世界観がよく分かると思う。ウィンストンが反体制に目覚め、プロレ階級こそがこの体制を打ち砕く原動力になることを確信しながら、ゴールドスタイン率いる反体制組織、兄弟同盟に傾倒していく。そのまま現体制の反転を担う主人公になると思っていたけど、実際は全然違った。ディストピア作品にハッピーエンドなど期待してはいけなかったようだ。

ネタばれを含むが、結局ウィンストンは反体制の幹部と思っていたオブライエンの策略にまんまとはめられて、反体制的な思想を拷問によって治療される。その過程では、いかなる真理も党の都合のよいように捻じ曲げられてしまう。例えば、2 + 2 = は4ではなく、5にもなりえると・・・。

治療に耐えつつも、個人の内在する精神への侵攻だけはできまいと確信していたが、結局は精神の自由さえも党に服従させられてしまう。その過程が何とも言えない感じだった。

この作品を現代で読む価値とは何だろうか?と考えてみると、完全な管理社会に対する危機意識を喚起させる啓蒙書となるのではないかなぁと思った。例えば、現在進行形で行われている政治が全体主義的であったら? そしてマスメディアが政治と結託して報道規制をし、都合のよい情報しか流してなかったら? 教育も知らない間に国民を都合のよいように管理できるようなものになっていったら? 国家間の戦争がただの権力と経済のためだけに行われるとしたら?、と仮定的な妄想が広がる。

このような管理社会では、ただ盲目的に、思考停止状態のまま服従したほうがある意味幸せなのかもしれないという側面さえも描かれているような気がした。全体主義って恐ろしいねぇ。

全体主義的、管理主義的な映画なら以下のようなものが該当するかな。

THX-1138 ディレクターズカット 特別版 〈2枚組〉 [DVD]THX-1138 ディレクターズカット 特別版 〈2枚組〉 [DVD]
出演:ロバート・デュバル
ワーナー・ホーム・ビデオ(2004-09-23)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp

ジョージ・ルーカスの最初の作品。政府によって管理されている主人公が描かれている。

デモリションマン [DVD]デモリションマン [DVD]
出演:シルベスター・スタローン
ワーナー・ホーム・ビデオ(2000-04-21)
おすすめ度:2.5
販売元:Amazon.co.jp

アクションものだけど、街中の至る所で言動が監視されているのが1984年に近いかも。

リベリオン -反逆者- [DVD]リベリオン -反逆者- [DVD]
出演:クリスチャン・ベール
アミューズ・ビデオ(2003-10-24)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp

感情を持つことを禁止された社会が描かれている。それにしても、クリスチャン・ベールのガン=カタ最高www

未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]
出演:ジョナサン・プライス
ジェネオン エンタテインメント(2003-11-21)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp


この作品が一番1984年の世界観に近い。それもそのはず、テリー・ギリアム監督が1984年にインスパイアされて作ったと言われている作品だから。最後のバッドエンドが似ている気がする。ディストピア作品耐性がまったくなかったときに初めて見たら、独特の世界観についていけなかった気がする・・・。

1984年を読んだのは、村上春樹作品の『1Q84』への布石。今年中に3部作を読了したいので。

1984年は、政治、思想的なお話なので、読む前は結構読み進めるのが大変かと思っていたけど、読んでみると案外そうでもなかった。単にもっと読みなれてない英文を読み込む日々が続いていたので、日本語であるというだけで簡単に思えただけかもしれないけど。

1984年は漫画もあるので、ディストピアSF作品を読みなれていない人で、1984年の概要をつかみたい人は漫画がよいかもしれない。

COMIC 1984COMIC 1984
著者:ジョージ・オーウェル(原作)
PHP研究所(2010-04-16)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp


ちらっと本屋で立ち読みしただけだけど、絵柄は浦沢直樹のものに近いかもしれない。

久しぶり(本記事は3ヶ月ぶり!?)の更新だったので、ブログの書き方を忘れてしまっていたようだ・・・。これから地道に更新予定〜。

夏はSF作品を読みたくなる季節なので、1冊でも読めてよかった。



1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)
1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)
著者:ジョージ・オーウェル
販売元:早川書房
発売日:1972-02
おすすめ度:4.5

読むべき人:
  • ディストピアSF作品が好きな人
  • 『1Q84』をより楽しみたい人
  • 反体制に対して革命を起こそうとしている人
bana1 3ヶ月ぶりの反体制作品クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ