November 2010

November 29, 2010

【雑感】TOEIC最終決戦後の境地

昨日はTOEIC秋の陣、最終決戦でした。

まずは10月の結果から確認しましょう。

score

意気込んでいたわりにはリーディングの点数が伸び悩み、830点となりました。

毎度のごとく点数表です。

table

また、点数推移グラフです。

graph

リーディングに400点の壁があるように感じます。また、今年の1月に815点と800点を突破してから、6月の820点、7月の825点、そして10月の830点と、最高点を5点ずつしか更新しておりません

まるで牛歩のような成長速度で、TOEICにおける5点10点はほとんど誤差みたいなもので、あまり成長がみられないような感じでもあります。

800点突破してからの得点上昇が本当に大変だと実感する次第です。とはいえ、現時点で一応830点が過去最高点となります

そして昨日、TOEIC秋の陣、そして今年受けられる最後の試験を受けてきました

いつもは地元杉並区の某大学が受験会場でしたが、昨日は西新宿でしたいつも西新宿のカフェで勉強していたので、最後にふさわしい舞台ではないかと勝手に思ってました(笑)

11月中は134時間トレーニングを積んで最終決戦に臨みました!!
5月から正確にトレーニング記録をつけ始めてから、約935時間のトレーニング量となります

その甲斐あって、今までにない手応えを実感しました

リスニングは今までどおりのミス数くらいなので、大体450点はいっているでしょう。問題のリーディングは、今回2分ほど時間を余らしてちょっと見直しすることができました

いろいろとTOEIC本を読むと、900点レベルとなると、リーディングはほぼ全文読んでも時間が余るとのことだったので、自分もほぼ全文読み込みにチャレンジしました。Part5など瞬殺できる問題は全文読みませんでしたが、Part6,7はほぼ9割は読み込んだと思います。

それで時間が余ったので、だいぶリーディングスピードが上がったのだと思います。しかし、スピードが上がっても正確さが犠牲では意味がありません。とはいえ、今回初めてリーディングで自信を持ってこれが正解だと回答できたと思います。

まぁ、それでも数問は迷いながら選択しましたが・・・

何よりも今回は時間配分がうまく行きました。Part6終了時点で2時5分で、Part5を約15分、Part6を5分で回答できたことになります。そしてPart7はシングルパッセージ完了時点(180問目完了時点)で2時32分と今までにないハイペースだったと思います。

いつもダブルパッセージから集中力が切れて、5問あたり6分ほどかかっていて、最後数問時間切れになっていました。しかし、今回は余裕を持って回答できました。

初めてリーディングの正解が見えるという感覚を実感しました(笑)
最低でも860点は超えたと思います。

ということでTOEIC最終決戦が終了しました。今年受けられるだけ受験(全8回)したことになります。受験料も5万円くらいかかりましたが、これは完全に将来への自己投資です キリ

結果発表は12月20日で、900点突破できるかどうか、今年1年の成果が判明します

まぁ、昨日のTOEICが何点でも、通過点に過ぎません。TOEIC、最終的には最低でも950点くらいまで安定的に取れるように受験し続けます

今年はもうひと段落したので、ぼちぼち読書記事の更新を再開したいと思います12月中はなるべく毎日更新でいきたいと思います

主に今年学習した英語本記事がメインとなるかもですが、ご了承ください

bana1 読書記事再開だよクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ