November 2011

November 13, 2011

生きるとは、自分の物語をつくること

生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)
生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)

キーワード:
 小川洋子 / 河合隼雄、対話、心理療法、物語、小説家
小説家の小川洋子氏と臨床心理学者の河合隼雄氏の対談本。以下のような内容となっている。
人々の悩みに寄り添い、個人の物語に耳を澄まし続けた臨床心理学者と静謐でひそやかな小説世界を紡ぎ続ける作家。二人が出会った時、『博士の愛した数式』の主人公たちのように、「魂のルート」が開かれた。子供の力、ホラ話の効能、箱庭のこと、偶然について、原罪と原悲、個人の物語の発見…。それぞれの「物語の魂」が温かく響き合う、奇跡のような河合隼雄の最後の対話。
(カバーの裏から抜粋)
雑誌での対話集が2編まとめられているのが本書であるが、3編目としての対話が始まる前に河合隼雄氏が亡くなられて未完となったようだ。本書は340円なのだけど、とても濃い内容で、いろいろと考えさせられて、最後まで読みたかったなぁと思った。実に残念。

第1章では『魂のあるところ』というタイトルで、小川洋子氏の作品『博士の愛した数式』の内容についていろいろと対談されている。河合隼雄氏は数学科卒であることから、数学者は美的センスがなくてはダメだとか、作品中の博士とルート君は友情が成立しやすいとかいろいろ。ここらへんは作品を読んだことがないので、正直何とも言えない。読んでたらきっとこの部分が興味深く読めたのだろうけどね。

博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
著者:小川 洋子
販売元:新潮社
(2005-11-26)
販売元:Amazon.co.jp


特に自分にとって興味深かったのは2章の『生きるとは、自分の物語をつくること』と小川洋子氏のあとがき、『二人のルート―少し長すぎるあとがき』の部分かな。特に後者。その部分で本書の核になると思われる部分を抜粋。
 河合先生の著作を読み、物語というものの解釈に出会ったのはちょうどその頃でした。
 いくら自然科学が発達して、人間の死について論理的な説明ができるようになったとしても、私の死、私の親しい人の死、については何の解決にもならない。「なぜ死んだのか」と問われ、「出血多量です」と答えても無意味なのである。その恐怖や悲しみを受け入れるために、物語が必要になってくる。死に続く生、無の中の有を思い描くこと、つまり物語ることによってようやく、死の存在と折り合いをつけられる。物語を持つことによって初めて人間は、身体と精神、外界と内界、意識と無意識を結びつけ、自分を一つに統合できる。人間は表層の悩みによって、深層世界に落ち込んでいる悩みを感じないようにして生きている。表面的な部分は理性によって強化できるが、内面の深いところにある混沌は論理的な言葉では表現できない。それを表出させ、表層の意識とつなげて心を一つの全体とし、更に他人ともつながってゆく、そのために必要なのが物語である。物語に託せば、言葉にできない混沌を言葉にする、という不条理が可能になる。生きるとは、自分にふさわしい、自分の物語を作り上げいくことに他ならない。
(pp.126)
この部分に自分が日頃からなんとなく考えていたことがまとめられていたような気がして、思考の断片が集約されて、腑に落ちた!!と思った。常々、自分には物語が必要だと思っていた。それは小説や漫画、映画のような楽しみのために消費されるようなエンタメ的な物語と、自分自身がよりよく生きるための支えになるようなものだと思っていた。また、なぜ自分は物語そのものに強く惹きつけられるのか?も考えていた。それらの一つの解答例がこれなのだと思う。

自分にとって物語がなぜ重要で、かつ必要かというと、引用部分の最後の『生きるとは、自分にふさわしい、自分の物語を作り上げいくことに他ならない。』に収斂されるのだ。表面上は悩みなんかないように思われるかもしれないけど、小川氏の示すように、深い部分では言語化できないような混沌とした夢のようなイメージがあったりする。それらをうまく消化(昇華)できなくて、ふとしたことで思い悩んで、さらには精神的に沈み込んで行ってしまうけど、それらのイメージの消化(昇華)の手助けをしてくれるものが優れた小説などの物語なのだ。

そしてその物語を助けに、自分自身がよりよく生きていくことができるのではないかなと思った。自分にとってのその代表作が以下の物語となる。さらに、今は自分が主人公の物語を紡いでいるのだと思う。リアルライフを送りながらね。

僕はなんとなくぼーっと何も考えずに生きられないタイプなので。だからこのような読書ブログを書き続けているという部分もある。そして、自分自身の人生を歩みながら、不必要に迷いすぎたりせずに活き活きと生きていくための自分が主人公の物語が必要なんだとも思う。そのシナリオ、プロットはまだ明確にはなってはいないけど、今年は震災後からいろいろと考えてようやく輪郭部分がぼんやりと見えてきたのではないかなと思う。

物語が完成するのはいつだろうかね?それは僕にも分からないよ。でもある程度区切りがついたら、きっと何かが大きく変わるのだろうね、ということはなんとなく予感している。例えばこのブログがその物語の構成要素になったりとかね。

340円で、150ページほどの内容ではあるが、すごくいろいろと深く考えさせてくれる良書だった。集中して読めば2時間くらいで読めると思う。事前に『博士の愛した数式』を読んでおくのもよいかもしれない。

物語とか小説家の書く理由とか、カウンセリングとか精神的な話に関心がある人は面白く読めると思う。



生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)
生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)
著者:小川 洋子
販売元:新潮社
(2011-02)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • カウンセラーになりたい人
  • 小説家になりたい人
  • 自分の人生について考えてみたい人
Amazon.co.jpで『小川洋子』の他の本を見る
Amazon.co.jpで『河合隼雄』の他の本を見る

bana1 物語クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


November 07, 2011

【携帯版】思考は現実化する

【携帯版】思考は現実化する
【携帯版】思考は現実化する

キーワード:
 ナポレオン・ヒル、成功哲学、目標設定、源流、バイブル
The自己啓発書と名高い本書。以下のような目次となっている。
  1. 序章 思考は現実化する!
  2. 第1章 思考は現実化しようとする衝動を秘めている
  3. 第2章 願望の設定は、あらゆるものの達成の出発点である
  4. 第3章 信念は願望実現の原動力である
  5. 第4章 深層自己説得を活用する
  6. 第5章 個人的経験と観察力を高める
  7. 第6章 脳の中に浮かぶ森羅万象の世界を活用せよ
  8. 第7章 体系的な行動計画を立てる
  9. 第8章 速やかに決断せよ
  10. 第9章 忍耐力を身につけ
  11. 第10章 マスターマインドの力
  12. 第11章 モチベーションを意味だす魔法のアイディア
  13. 第12章 潜在意識は海面下の王国である
  14. 第13章 頭脳は宇宙が宿る小さな器である
  15. 第14章 第六感は英知の殿堂への扉を開く
  16. 第15章 強烈な本能の創造的なものに転換せよ
  17. 第16章 失敗も生き物である
  18. 第17章 悲しみを通して魂にいたれ
  19. 第18章 不安という名の七つの亡霊
(目次から抜粋)
現代のサラブレッドの血統は、ゴドルフィンアラビアン、バイアリーターク、ダーレーアラビアンの三大始祖のどれかにたどれるように、本書は世の中に出版されている自己啓発書の源流的な本であり、初版1937年以来、世界中で約7000万部も売れているようだ。成功者と言われる人はみんな読んでいると思われる本で、最近さくっと読了した。

簡単に概要を説明すると、ナポレオン・ヒルが25歳くらいのとき、鉄鋼王、アンドリュー・カーネギーから「20年間無償で500名以上の成功者の研究をして、成功哲学を体系化してくれないか?」と誘われて、その仕事をやり遂げ、まとめられたのが本書となる。成功哲学がぎっしりと詰まっている。網羅的な内容を示すのは無理なので、自分にとって重要な部分を列挙しておきたい。

序章の最後に「成功」の定義が以下のように示されている。
成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、黄金律に従って一つひとつ実現していく過程である。
(pp.98)
ここで示されている「黄金律」とは『自分がして欲しいと思うことは、何よりもまず他人にそうしてあげることだ』というものらしい。この定義は、成功時のゴールではなく、『過程』となっていることが興味深い。終わりはないということかな。この成功の定義を自分の中にちゃんと落とし込んでおこう。

次は2章から、『願望実現のための6ヵ条』として以下のように示されている。
  1. あなたが実現したいと思う願望を「はっきり」させること。
     単にお金がたくさん欲しいなどというような願望設定は、まったく無意味なことである。
  2. 実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わりに何を”差し出す”のかを決めること。
     この世界は、代償を必要としない報酬など存在しない。
  3. あなたが実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決めること。
  4. 願望実現のための詳細な計画を立てること。そしてまだその準備ができていなくとも、迷わずにすぐに行動に移ること。
  5. 実現したい具体的な願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと。
  6. 紙に書いたこの宣言を、1日に2回、起床直後と就寝直前に、なるべく大きな声で読むこと。このとき、あなたはもうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じ込ませることが大切である。
    (pp.124)
これまでに自己啓発書を多く読んでいるので、この部分はデジャヴ感いっぱいだね。もちろん本書が大元であることはいうまでもなく。

3年ほど前に買って読み始めたのだけど、9章くらいで止まっていて、気づいたら読みかけ本を置いておく段ボールにしまわれていた。そのときはなんとなくわかったような、分からないような、ふーんって感じだったのだけど、今はこの6ヵ条がよく分かる。特に目標設定を明確にし、期限を決めて、それを紙に書きだして壁に張るというようなことは最近出版されているさまざまな自己啓発書にも書いてあることだし、実際にこれをやってみておどろくほど成果を得られている。なので、これはもう間違いない。

あと2番はなんだか最近漫画喫茶で読み始めた『鋼の錬金術師』の『等価交換』の原則みたいな感じだね。努力や時間という代償を払うのは必須だね。何の代償もなく成功はないようだ。

また、9章では願望実現の必須要素として『忍耐力』が必要であると示されている。『忍耐力を身につける4つのステップ』として以下のように示されている。
  1. 燃えるような熱意に支えられた明確な願望や目標を持つこと。
  2. 明確な計画を立て、それを着実に実行していくこと。
  3. 親戚、友人、周囲の人たちの否定的な、あるいは意気消沈させるような意見をきっぱり拒絶すること。
  4. 目標と計画に賛成し、激励してくれるような人を1人、あるいはそれ以上の人を友人にすること(マスターマインド)。
    (pp.312)
願望実現のための6ヵ条』と重複するような内容であるが、それだけ繰り返し示しているということは、それが特に重要ということだろう。この4つのステップで一番重要なのは3かな。『お前には無理だ!!』とか言った言葉は華麗にスルーするのがよいということだろう。これから成功者になるためには、このスルー力が特に重要になると思う。

本書は『携帯版』とタイトルについているように、大元の本を再編纂し、多くの世代の人に広く読まれるようにと2005年ごろに出版されたようだ。600ページ近いボリュームとなっているが、1,470円とお買い得な内容となっている。

3日から4連休で、わざわざ本書を集中的に読み込むために1泊2日の温泉旅行に行った。鈍行列車で5時間近くかけて目的地に向かい、その間中ずっと本書だけを読んでいた。

thnk_ang_grow_rich

『携帯版』と示されているように、旅に持っていき、その間中これだけを読むというのはなかなかよかった。自分の人生を含めた『成功』を考えるときは、日常生活からいったん離れた環境に身を置いて、大局的に考えたり集中的に考えられるようにしようと思った。

行きの電車約5時間で半分くらい読み込み、ホテルについてからは料理を堪能し、そのあと露天風呂に入りながら今日読んで考えた内容について反芻する感じで過ごした。そうすることで、普段忙しくて考えられないこともよく考えられる気がする。

また帰りの電車で読み、読み切れなかった部分は家で読んで、何とか集中的に3日ほどで読めた。こういう温泉宿にわざわざ行って、集中的に分厚い本を読むような、一人読書合宿は結構おすすめなのでぜひやってみてほしい。

内容についても物語や著者の自伝的な要素もあるので、割と読みやすいほうだと思う。また、世の中に出版されている自己啓発書の源流的な内容なので、大元の本書だけを読めばよい気がする。しかし、1,2回読んだだけでは本書の価値を存分に引き出すことはできないだろうね。長い時間をかけて成功するまで徹底的に繰り返して読む必要があると思う。自分は年末年始のどちらかに毎年再読しようと思う。

世界中で読まれている成功哲学本をひも解いて、自分の人生を大局的に考えるのもたまにはよいと思うので、ぜひ。



【携帯版】思考は現実化する
【携帯版】思考は現実化する
著者:ナポレオン・ヒル
販売元:きこ書房
(2005-03-27)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 自分の進むべき道に迷っている人
  • 成功者になりたい人
  • 自分の人生について考えてみたい人
Amazon.co.jpで『ナポレオン・ヒル』の他の本を見る

bana1 成功哲学クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


November 03, 2011

経営思考の「補助線」

経営思考の「補助線」
経営思考の「補助線」

キーワード:
 御立尚資、経営思考、エッセイ、コンサル、補助線
戦略コンサルタントによる経営に関するビジネスエッセイ。以下のような目次となっている。
  1. 1 潮の変わり目
    1. 1章 波と潮流
    2. 2章 外に目を転じれば……
    3. 3章 情報の経済性
    4. 4章 経済ナナメ読み
  2. 2 潮に乗り、風を背に受けて
      1章 アダプティブ・アドバンテージ
    1. 2章 ビジネスモデル・イノベーションを考える
    2. 3章 日本企業の新たな強みを求めて
    3. 4章 変化できる「力」
    4. 5章 「変わる社会」あるいは「社会を変える」
  3. 3 潮に棹さす船頭さん
    1. 1章 コンテクスチュアル・リーダーシップ
    2. 2章 歴史に学ぶリーダーシップ
    3. 3章 新しい組織とリーダー像
(目次から抜粋)
著者はBCGの日本代表で、本書は日経ビジネスオンラインの記事が基となっている。テーマとしては、「二十一世紀初頭の社会と経営を取り巻く、大きな潮流」ということで、著者が仕事で一見関係ない事柄でも「補助線」を引くように他のことに目を向けてみると、思いがけずユニークな答えが導き出せたということがよくあるらしい。そういう自分なりの答えに関することが著者独自の戦略コンサルタント、かつ会社トップの視点から様々な事柄とからめてエッセイ風に示されている。日経ビジネスオンラインの記事は会員登録すれば読めるようだ。

読了後の単純な感想としては、一流の戦略コンサルタント、そして経営トップに立つ人の視野はとても広く、視点も幅広いのだなぁと思った。さすがに「補助線」と示されているだけあって、触れられている内容は、ビジネス、世界情勢だけではなく、歴史や音楽、文化人類学、漫才、オンラインゲームまでと幅広い。そういう視点があるからトップに立てるのだなぁと実感した。

それぞれコラム的な内容なので、連続した内容とはなっていないので、気になった部分をピックアップしておく。

まずは『それでもCMを見ますか?―テレビビジネスの将来性を読み解く』では著者のテレビ視聴体験から、スキップされにくいCMというものがあり、そのため、今後はテレビCMは一定のコスト優位性を持ち続けるだろうと示されている。その一つとして、『プレースメント型広告が増える』と示されている。以下その部分を抜粋。
 既に、映画やゲームの世界では起こっていることだが、人気コンテンツの中に、ストーリーの流れに沿って、自社の商品や広告を登場させるという手法がある。例えば、007の映画で広告効果を狙って、自動車メーカーが自社の車を提供したり、ゲームソフトの中で主人公がある会社の清涼飲料水だけを飲む、といった類で「プロダクトプレースメント」と言われる手法だ。
(pp.81-82)
これは最近もよく見るね。自分が最初に体感したこの広告モデルは、小学6年生くらいのときにやったスーパーファミコンソフトの『スターオーシャン』に出てくる回復アイテムとして「うまい棒」が出てきたりするものかな。最近では新劇場版ヱヴァのUCCコーヒーとかタイバニのタイアップ広告とかね。特にタイバニのブルーローズのペプシネックス広告は効果覿面で、ついつい自販機で飲み物を買うときにペプシを選んでいる自分がいて。『がっちりホールド』されているwwwで、この部分を読んでいて、このプレースメント広告は電子書籍でも使えるのではないか?と思った。要は小説など作品中に出てくる既製品に商品名を入れて、その横にネット記事みたいにバナー広告を入れておけばいいんじゃないかと。電子書籍販売にスポンサーをつければ、出版社の電子書籍販売費用が大分軽減されるんじゃないかなぁとか思った。あとはGoogle アドセンスみたいに本文中の内容を自動解析して広告が載るとか。まぁ、もしかしたらすでにそういうのがあるのかもしれないけど。

村上春樹作品にはやたらとパスタの料理とかビールがおいしく表現されているんだよね。そこにどこかの企業の広告があったら思わず買うかもしれないしねぇ。どこかこのプレースメント型広告を電子書籍でやってくれないかしら。

また、『コンテクチュアル・リーダーシップ』では、現状の金融危機という「波」にもまれながら、「潮流」のような本質的変化にも洗われている企業のリーダーに必要な条件として以下の3つを示している。
  1. 先が読めない状況の中で、組織の中にはびこりがちな不安を払拭できる「明るさ」
  2. 一方で、短期、中期、長期といった複数の時間軸を見わたしながら、冷静に状況を判断し、「深く読むべきこと」と「読んでも仕方のないこと」を切り分けられる「ウィズダム(wisdom=知恵)」
  3. 自らタイプの違う異質の人材を活用し、さらに自分の目的達成だけではなく部下の自己実現を支援することで、より強いモチベーションを持ったチームを作り上げ、動かしていける「懐の深さ」
    (pp.220-221)
ここで想定しているリーダー像は間違いなく経営トップクラスなのだけど、こういう視点はなるべく早めに養っておきたいところかなと。徐々にクラスが上がってくるにつれて、チームを率いたりしなければいけない。そんなとき、このような条件がとても勉強になる。

また、上記の条件に続けて、「この人はすごい」と思わされるリーダーとして、以下のように示されている。
 ただ、仕事を通じてお目にかかった「この人はすごい」と思わされるリーダーには、何らかの形で、この三つの要件が備わっているように思える。
 当然ながら、この三つの要件を身につけていくプロセスも人それぞれなのだが、「教養」を身につけるべく努力を続け、かつ、いずれかのタイミングで相当の「修羅場」体験をしている方が多いように見受けられる。
 「リーダーシップは旅である」という明言がある。
 リーダーになっていく旅は、志と覚悟があれば、いつでも始められるし、そして人生を通じて旅は続いていく、ということだろう。
(pp.221-222)
やはり、仕事だけできても教養観がなければ人の上に立って、導いていくことができないのだなぁと思った。そのためには自分の仕事には直接関係ない古典文学作品や歴史本、科学本を読んだほうがよいのだなぁと改めて思った。そしてその自分の考えの源泉は何かと振り返ってみると、5年前に読んだ著者の以下の本によるのだと改めて分かった。何でもよいから好きな本を読んで思考プロセスを鍛えておけば、それが仕事に活きてくると示されていたのが印象に残っていた。それから著者に関心が出て、本書を買って2年ほど積読したけど最近読了して、含蓄のある中身でよかった。

また、最近になって本書の続編が発売されたらしい。良いタイミングなので、そのうち買おう。

変化の時代、変わる力―続・経営思考の「補助線」変化の時代、変わる力―続・経営思考の「補助線」
著者:御立 尚資
販売元:日本経済新聞出版社
(2011-10-26)
販売元:Amazon.co.jp

本書はネット上の記事が基になっているので、1コラムあたりはそんなに長くないので、割とさくっと読める。ビジネスエッセイで肩の力を抜いて楽しみながら読めばよいと著者は示しているけど、あまりなじみのない経営トップの視点からのビジネス内容はすんなり頭に入ってこない部分も無きにしも非ず。それでも本書を読めば、大局観は確実に養われるだろう。



経営思考の「補助線」
経営思考の「補助線」
著者:御立 尚資
販売元:日本経済新聞出版社
(2009-06-26)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 戦略コンサルタントになりたい人
  • 将来経営者になりたい人
  • 大局観を養いたい人
Amazon.co.jpで『御立尚資』の他の本を見る

bana1 補助線クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ