November 2012

November 25, 2012

料理人

料理人 (ハヤカワ文庫 NV 11)
料理人 (ハヤカワ文庫 NV 11)

キーワード:
 ハリー・クレッシング、料理、食指、欲望、支配
ハリー・クレッシングという作家の作品。以下のようなあらすじとなっている。
平和な田舎町コブに、自転車に乗ってどこからともなく現れた料理人コンラッド。町の半分を所有するヒル家にコックとして雇われた彼は、舌もとろけるような料理を次々と作り出した。 しかし、やがて奇妙なことが起きた。 コンラッドの素晴らしい料理を食べ続けるうちに、肥満していた者は痩せはじめ、痩せていた者は太りはじめたのだ・・・・・。 悪魔的な名コックが巻き起こす奇想天外な大騒動を描くブラック・ユーモアの会心作。
(カバーの裏から抜粋)
作者のハリー・クレッシングという人は、誰なのか素性が分かっていないらしい。著名な作家が覆面で書いたのか、それともまったく無名の作家なのか。ネットでググった限りだと、ロアルド・ダールだという噂があるようだ。とはいえ、著者が誰であるか、そもそもこの物語はどういうものか?という先入観を全く入れずに読んだほうがいい。

なので、以下ネタバレしない程度に本書について書いておくことにしよう。

簡単にあらすじを説明しておくと、コンラッドという料理人は、2メートル近くもある長身だが、細身でやややせ気味である。鷲鼻で瞳は黒く、どこか冷淡な印象さえ抱かせる。そのコンラッドは、ヒル家という田舎町の屋敷にコックとして雇われることになる。街に着くなり、肉屋、魚屋、八百屋に行っては食材の品質にケチをつけ、もっと上等なものをよこせと言ったりする高飛車な客となった。

そしてコックとしてヒル家で働き始める。古今東西のあらゆる料理本を持ってきており、独自のレシピもある。そして腕は間違いなく一流であり、田舎町コブとは違う都会のシティの一流の富豪の友人などがいたりする。ヒル家に料理をもてなしつつ、そこで一緒に働く執事、家政婦、使用人、ヒル家の双子の兄妹、ヒル夫妻、そしてヒル家の近くのヴェイル家を料理で虜にしていく。

主人公のコンラッドという男は冷淡で他人を見下しているような印象さえ抱かせる。どこか冷酷な部分も持ち合わせており、ヴェイル家のコックを憤慨させつつ自分と対峙するように仕向け、そして飲み屋でそのコックの手に包丁を突き刺したりする。かと言えば、ヒル家の人間には割と常識ある態度で接したり、最高の料理を日々提供し、ヒル夫人、その夫、そして徐々にコンラッドから料理を学ぶヒル家の長男ハロルドに対してさまざまなことに対して的確なアドバイスをしていく。

読み進めていくうちに、コンラッドという男が計り知れない存在だと分かっていく。と同時に、違和感が湧いてくる。おかしい、役に立たない人間や愚鈍な人間に対してはとことん冷酷な態度を示すが、ヒル家を取り巻く人間に対しては料理というもてなしをしつつ、至極まっとうな言動をとっている。その二面性がどこか危ういというか、この先このヒル家はどうなるのか?そして、一体この男は何を考えているのか!?と。

ある程度読み進めていくと、それとなく分かる。コンラッドの料理を食べていくうちに、ヒル家の人間は痩せていき、ヴェイル家の人間は太りつつある。これは…、なるほど、そういうことかと勘の良い読者は気づく。しかし、登場人物内で唯一分かっているのは、的確な診断ができず、疎ましい存在だとコンラッドに印象付けられた、ヴェイル家の専属の医者だけであった。

もうこれ以上はネタバレになるので、あまり書けない。あとちょっと書いておくと、料理でコンラッドを取り巻く人も街もすべて思いのままに操っている。まさに究極の人心掌握術だなと。そしてそれは遅行性の毒のように徐々に浸透していく感じで、コンラッドという男は恐ろしい奴だなと思った。用意周到で頭も切れる、そして料理の腕は超一流ときている。そんな男を取り巻くこの物語がとても面白かった。読了後にニヤリとしてしまうような感じだった。

一ヶ所だけコンラッドがヒル家の人間に対して語っている部分でなるほどと思った部分があるので、そこを引用しておこう。
あなただって、自分の家の食卓の特別料理を町中のコックが作れるとしたらいい気持しないでしょう?その晩の自分の家でしている食事は他のどの家のものとも違う、そう思えてこそ本当に愉快なんですよ。それによって、同じ食卓にいる人たちは特別な経験を分け合っているということになり、お互いの気持が結ばれ、楽しい雰囲気がかもしだされているのです―そう思いませんか?
(pp.78)
一人で食事をしながら味わうのもいい。けれど、誰かと一緒においしいものを食べるのもまた、特別な経験を共有していることなんだなと気づかされた。

通勤電車の帰り道に読んでいたのだけど、料理の描写が多くて、自然と腹が減ってくる。そして洋風の料理を食べたくなってくる。これは間違いない。自然とおいしいものを食いに行きたくなるので、食費を抑えようと努力している人は読まないほうがいい(笑)。間違いなく、ちょっと高めのレストランに行きたくなるので。

Amazonの画像は新版なのだけど、自分は旧版のほうで読んだ。カバーイラストも旧版のほうがコンラッドのイメージにぴったり。Amazonのレビューを読むと、旧訳のほうがコンラッドのユーモアが効いているということだし。

cook

この作品を読めば、食指を動かされることは間違いない。そして、『料理』について考えるだろう。



料理人 (ハヤカワ文庫 NV 11)
料理人 (ハヤカワ文庫 NV 11)
著者:ハリー・クレッシング
販売元:早川書房
(1972-02)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 料理が好きな人
  • 食べることが好きな人
  • 人心掌握術に関心がある人
Amazon.co.jpで『ハリー・クレッシング』の他の作品を見る

bana1 コッククリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



November 24, 2012

マルドゥック・スクランブル【漫画版】

マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)
マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)

キーワード:
 冲方丁×大今良時、バロット、ウフコック、ボイルド、焦げ付き
冲方丁氏のSF小説の漫画化作品。作画は大今良時という人。どうやらこれが初連載作品らしい。原作は以下の記事を参照。この作品を読んだ後に、漫画版が刊行されていたことを知った。原作はとても面白くて、ページが止まらなくなるほどだった。サイバーパンク的でバトル要素もあるこの作品が漫画化されたとなると、チェックしないわけにはいかない!!全7巻で、7巻目は今年2012年6月に刊行されたようだ。

先に小説を読んでいると、どうしても主人公である15歳の少女、ルーン・バロットのイメージが脳内にすでにあり、それと具体化された漫画の作画のギャップがあるものだと思っていた。特にコミックのカバーイラストは小説のカバーイラストと違うので、微妙かと思っていたのだけど、実際に読んでみるとあまり違和感がなかった。むしろ、大人でも子供でもない微妙な15歳という年齢、そして透明感をまとったルーン・バロットが白兵戦兵器のネズミ、ウフコックと共に脳内イメージ通り、いやそれ以上に躍動していた。

これが初連載とは思えないほど画力が安定しているなぁと思った。キャラの描き分けもバトルシーンも問題なかった。これでも漫画喫茶で割と漫画を読みまくっているほうなので(昨日も逝って12時間以上いたけど何か!?ww)、画力に対するチェックは厳しくなるのだけど、これは結構よかった。小説で読みながらイメージ化していたものが見事に具現化されているし、バトルシーンでどうしてもイメージしずらいところもちゃんと描かれていた。

何よりもよいのは、主人公ルーン・バロットの表情の描写だなと思った。精神的に未熟な部分もあったり、虐げられていた過去もあったりして物憂げな表情であったり、ウフコックという兵器を濫用して狂いつつある恍惚な表情、泣き顔、追い詰められて絶望する顔、自分の意志で決断した顔、笑顔などちゃんと描かれていて、これだよこれ!!と感じさせてくれた。

個人的には、ストーリーとか設定、単純な画力のよさではない、これはいいね!というか何か惹きつけるものがある漫画は、キャラの表情をちゃんと描き分けられること、もっと言えば意志のある瞳を描けるかどうか?にかかっていると思っている。セリフが全くない状況でも表情や瞳で描写できるかがとても重要な要素だなと。好みの問題もあるかもだけど。

後は先に小説を読んだのなら、自分でイメージしたキャラたちと漫画の描写のギャップを楽しめるかな。まったくギャップがないわけでもないので、そういう部分になんか原作のイメージと違うと自分の好みで低評価を下しがちだけど、そういうギャップを楽しめたほうがよいと思う。僕の場合は、敵のボイルドが一番ギャップがあった。もっとおっさんでゴツいものを想像していたけど、漫画では20代後半で細身で長身の男として描かれていた。しかし、ボイルドが迫ってくるシーンなどは小説で読んだ緊迫感がそのまま再現されているようで、読んでいる方もプレッシャーを感じる。

あとはカジノでバロットとルーレットで勝負する、女スピナーのベル・ウィング。自分は勝手に太った女性像をイメージしていたけど、ポニーテールのスマートな感じだった。むしろ漫画のイメージのほうがいいじゃないかと思いつつ読んだ。逆にドクターの描写はあぁ、イメージ通り!!と思った。

さらにネズミのウフコックはなんだかとても可愛らしく描かれていて、とても兵器には見えない。でもそれが全体の柔和な画力をより引き立たせているようでもあった。

漫画のストーリー展開はかなり原作に忠実な感じだと思われる。要所にこれは原作のセリフをそのまま決めゼリフに使っているなというのがよく分かる。しかも違和感もなく。もちろん漫画版のアレンジが全くないわけでもない。例えばバロットが街のお祭りで射的をやってタコの人形をゲットして小さい子供にあげたりとか。そういうアレンジも楽しめる。

最近劇場アニメ版の3作目、【排気】が公開されたようなので、初期作品からチェックしようと思う。こちらはショートカットなバロットのようだ。

先に漫画から読むのもよし、原作を先に読むのもよし!!どちらからでも一気読みできることは間違いない!!



マルドゥック・スクランブル(7)<完> (講談社コミックス)
マルドゥック・スクランブル(7) (少年マガジンKC)
著者:大今 良時
販売元:講談社
(2012-06-08)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • マルドゥック・スクランブルが好きな人
  • SFバトル漫画が好きな人
  • 「なぜ私の?」と問うたことがある人
Amazon.co.jpで『大今良時』の他の作品を見る
Amazon.co.jpで『冲方丁』の他の作品を見る

bana1 スクランブルクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



November 18, 2012

高い城の男

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

キーワード:
 フィリップ・K・ディック、日本、ナチス、工芸品、易
フィリップ・K・ディックのSF小説。以下のようなあらすじとなっている。
アメリカ美術工芸品商会を経営するロバート・チルダンは、通商代表部の田上信輔に平身低頭して商品の説明をしていた。ここ、サンフランシスコは、現在日本の勢力下にある。第二次大戦が枢軸国側の勝利に終わり、いまや日本とドイツの二大国家が世界を支配しているのだ--。第二次大戦の勝敗が逆転した世界を舞台に、現実と虚構との微妙なバランスを緻密な構成と迫真の筆致で書きあげた、1963年度ヒューゴー賞受賞の最高傑作。
(カバーの裏から抜粋)
舞台は1960年代で、日本とドイツが連合国に勝利し、日本とドイツがアメリカを支配下に置いている、という世界。ドイツは火星や金星など宇宙開発に進出しているが、日本はまだ宇宙に進出していない。そんな中、ドイツの首相が変わるという状況になった。このような仮想状況下で、たくさんの登場人物の思惑が織り成す群像劇が描かれている。

なんというか、この作品をうまく解説することもできないので、細かいことはもうAmazonのレビューを見たほうがいいかもしれない。個人的にはあんまりおもしろいとは思えなかった。割とすんなりとページが進んでいくのだけどね。

登場人物の視点が章ごとにころころ変わる。最初は、アメリカ人の古い美術工芸品を売るロバート・チルダンかと思われたが、そのチルダンに偽物を掴ませることになったユダヤ人のフランクに変わったと思うと、今度はそのフランクの妻、ジュリアナが出てくる。かと言えば、チルダンの取引相手の日本人の田上にも視点が変わる。さらにドイツのスパイのバイネスも登場する。

これは、表面上は主人公が不在の作品ともいえる。共通するのは、みな何か迷ったり、行動指針を決定するときに『易経』に頼っているということだ。占いの結果、卦によっていいことが起こるだろうとか、このままでは破滅だと決めつけたりする。それぞれがあまり自分で意思決定をしていない。そして、解説によると、この無生物である『易経』こそが真の主人公というようなことが書いてあった。

あとは、『高い城』の存在と『イナゴ身重く横たわる』という本の関係がある。タイトルにもなっている『高い城』というのはある小説家の住まいの通称で、その小説家が書いた、発禁にもなっている『イナゴ身重く横たわる』という作品がでてくる。この作品内では、ドイツと日本が連合国側に負けた状況が描かれている。その現実と虚構の世界の反転がこの作品の重要な要素となるようだ。

この作品が書かれた時代背景などを念頭に置いて読むと、より理解が深まっておもしろく感じるのかもしれない。正直、最後のところでこの物語の何か謎解きが行われるのかと期待していたけど、あまりなかった。いろんな登場人物の群像劇を楽しむ作品なのだろう。現実と虚構の歴史認識を持ちながら。

個人的にはカバーのデザインが好きだな。アンドロイドもね。ディック作品はどうも自分には合わないのかもしれないが、『流れよわが涙、と警官は言った』も気になるのでそのうち読むことにしよう。



高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
著者:フィリップ・K・ディック
販売元:早川書房
(1984-07-31)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 歴史改変SF小説が好きな人
  • 群像劇が好きな人
  • 易経に関心がある人
Amazon.co.jpで『フィリップ・K.ディック』の他の作品を見る

bana1 易経クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



November 04, 2012

マルドゥック・スクランブル [完全版]

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

キーワード:
 冲方丁、サイバーパンク、復讐、卵、価値
冲方丁氏のサイバーパンクSF小説の完全版。以下のようなあらすじとなっている。
なぜ私なの?―賭博師シェルの奸計により少女娼婦バロットは爆炎にのまれた。瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にして万能兵器のネズミ、ウフコックだった。法的に禁止された科学技術の使用が許可されるスクランブル-09。この緊急法令により蘇ったバロットはシェルの犯罪を追うが、そこに敵の担当官ボイルドが立ち塞がる。それはかつてウフコックを濫用し、殺戮の限りを尽くした男だった。代表作の完全改稿版、始動!
(「圧縮」のカバーの裏から抜粋)
少女は戦うことを選択した。―人工皮膚をまとい、高度な電子干渉能力を得て再生したバロットにとって、ボイルドが放った5人の襲撃者も敵ではなかった。ウフコックが変身した銃を手に、驚異的な空間認識力と正確無比な射撃で次々に相手を仕留めていくバロット。しかしその表情には強大な力への陶酔があった。やがて濫用されたウフコックが彼女の手から乖離した刹那、ボイルドの圧倒的な銃撃が眼前に迫る。緊迫の第2巻!
(「燃焼」のカバーの裏から抜粋)
それでも、この世界で生きる―バロットは壮絶な闘いを経て、科学技術発祥の地“楽園”を訪れ、シェルの犯罪を裏付けるデータが、カジノに保管された4つの100万ドルチップ内にあることを知る。チップを合法的に入手すべく、ポーカー、ルーレットを制してゆくバロット。ウフコックの奪還を渇望するボイルドという虚無が迫るなか、彼女は自らの存在証明をかけて、最後の勝負ブラックジャックに挑む。喪失と再生の完結篇。
(「排気」のカバーの裏から抜粋)
初めに結論を一言で示しておこう。これはスゴ本!!以下読まなくてもいいから、全3巻、買って読め〜!!!!!ww

本書は、第1回目の早川書房しばりのスゴ本オフで存在を知った。そのときは、なんだか面白そうなSFだなという認識でしかなかった。それから半年ほど気になっていて、たまたま手持ちに本がなくて、新幹線の移動をしなくてはいけないという状況の時に、リスク回避のために1巻だけ買って読んだ。しかし、それは完全に失敗だった。一気読みして激しく続きが気になりだし、2巻購入までに悶々と過ごす羽目になってしまったので。

前置きはこれくらいにして、内容に入ろう。この物語は、虐げられていた少女の復讐の物語である。あまりよろしくないというか、崩壊した家庭環境で育った、主人公のルーン・バロット(15歳)は、家から出て施設で暮らしていた。しかし、そこでも性的虐待などの被害を受け、その施設を抜けて少女娼婦として暮らしていた。ある日賭博師シェルに買いこまれていたが、女を殺してその灰からダイヤモンドに変えて自分のものにするという、狂った性質からバロットは爆殺されそうになる。

瀕死の重傷の状態から、委任事件担当官のドクターとウフコックにより、軍事利用されていた超科学で周囲の状態を皮膚感覚で知覚できる人工皮膚を手に入れる。そしてあらゆる電子機器に干渉して操作(スナーク)できるような特殊能力を手に入れる。少女は委任事件担当官のドクターとウフコックと共に賭博師シェルを取り巻く犯罪、事件を自ら解決するためにさまざまな敵と対峙していくことになる、というお話。

この作品は自分の好きな要素がたくさん入っている。まず、戦闘美少女という要素。戦う少女の作品には、ナウシカとかエヴァとかまどか☆マギカとかいろいろあり、それらが好きなので、15歳の少女が自分の置かれた状況を受け入れて、次第に自分の意志で戦っていくというのがよかった。バロット自身は何の因果か、かなり目を背けたくなるような生い立ちで、とても普通の世界ではない状況にある。そこからだんだん戦闘能力的にも精神的にも強くなっていくのがよかった。

次は、サイバーパンク的要素。正直あまり日本のSF作家は全然読んだことがなかった。だからこの作品を読み始める前は躊躇していた。しかし、これは和製サイバーパンクとしてはあり!!だと思った。

サイバーパンク的と言っても、ニューロマンサー、マトリックス、攻殻機動隊のような電脳空間のやり取りはほとんどない。どちらかというと、高度に発達した軍事科学技術による個人戦闘の攻防がすごかった。その代表格が、ウフコックという存在。カバー表紙にある、金色のネズミが最強の白兵戦兵器となる。ネズミが兵器だと!?と思うのも普通の感覚であるが、このネズミは人間並み以上の知能を持ち、生態兵器として変身(ターン)し、あらゆる物体、銃火器、バロットの身を守る防御スーツになる。しかも、銃の場合は弾丸は無制限ときている。そのネズミのウフコックを巡って、バロットと元相棒のボイルドという巨躯の男と激しい死闘を繰り広げる。

敵も軍事兵器を身体に装備している。重力を操る能力。それで弾丸をはじいたり、壁や天井を自在に歩き回ることもできる。そして3つ目の要素ともなるが、その戦闘シーンが激しく臨場感あふれるものとなっている。自然と脳内に映像化される。これは完全版という著者の筆力によるものだろう。凡庸な作品だと、描写が脳内で再生されにくいのだけど、これは違う。もう映画を見ているようで、自分の脳を操作(スナーク)して映像を見せられているような感覚になる。(余談だけど、読んでいる途中で、夢の中にウフコックが出てきたw緑色だったけど。)

あとは、要素というか、賭博師シェルに勝つためには、シェルの経営するカジノでルーレット、ポーカー、ブラックジャックで勝って行かなくてはならないのだが、そのカジノの部分がとても面白い。ルーレットはなんとなくルールは分かる。どこに玉が落ちるかどうかを賭けるだけなのだし。しかし、ポーカー、ブラックジャックはルールを知らないとどういう状況か分かりにくい。僕はポーカーはせいぜいドラクエのカジノレベルのルールしか知らないし、ブラックジャックは全然知らなかった。それでもカジノ側のディーラーとバロット、ウフコックの超能力を駆使して攻防するシーンはルールを知らなくてもすごいことが起こっているんだなということがよく分かる。もう、これはすげぇ!!というのが率直な感想。

カジノでポーカーやブラックジャックをやりたくなってくるような、そんなスゴさ。もともと、007が好きだったり、ロバート・ハリス氏の本にもポーカーの話が出てきたりして関心があったり、しかも自分が見た夢でポーカーを教えてくれと誰かに頼んでいた状況もありw、この本でもポーカー、ブラックジャックが出てきたので、本書を読みつつポーカー、ブラックジャックを始めるべき時だという天啓なのだ!!と勝手に解釈したww

他にも、バロットに立ちふさがるいろんな敵が出てくるのだけど、やられ役のやつらでも、そこに至るまでの背景的な部分もしっかり書き込まれているのがよかった。目や髪、胸部、陰部などそれぞれ殺した人間のパーツをコレクションして、自分の体に移植して愛でるような狂った軍人上がりの敵たち。自分の記憶を取り出して外部記憶として保存している賭博師シェル、バロットと同じように軍事兵器を身にまとい、同じ化け物同士として共感しているボイルドなどなど。それらの立ちはだかる敵たちの出自などが描かれていて、物語に深みを演出している。敵をちゃんと描ける作品は映画でも小説でも良作だね。

最後の要素として、『なぜ私なの?』というテーマ性だ。全3巻を通して、なぜ自分が殺されるような状況になってしまったのか?、なぜ私が戦わなくてはならないのか?、そういう問が含まれている。それが単純なエンタメ作品に終わっていない、この作品が一線を画する大きな要素となる。そして、死闘の末に迎える結末はどこか切なさとやりきれなさが残る。

先日の早川書房 X 東京創元社スゴ本オフで、この『マルドゥック・スクランブル』を紹介したら、Dainさん曰く、スクランブル以前のお話の『マルドゥック・ヴェロシティ』のほうが面白いとのこと。ヴェロシティも読まなくてはだな。ちなみに、僕はこのスゴ本オフで他にも以下の本を紹介した。『マルドゥック・スクランブル』をリスク回避のために、1巻だけ買うということはするべきじゃない!!なぜ3巻を一気に買わなくてはならないかというと、間違いなく続きを買っておかないと後悔するから。この本は徹夜本だよ。いつも1時間あたり何ページ進んでいるかを気にするのだけど、それを気にしている余裕もなく気づいたら数百ページ進んでいる。読み始めたらページが止まらなくなるという稀有な経験をするだろう。そんな作品はめったにない。この作品を知らなかったことを悔やむくらい、そしてなぜもっと早く読んでいなかったのか!!と思うほどに面白い作品。Theスゴ本!!

なので、全3巻をまとめて買って読めぇ!!!!www



マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
著者:冲方 丁
販売元:早川書房
(2010-10-08)
販売元:Amazon.co.jp

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
著者:冲方 丁
販売元:早川書房
(2010-10-08)
販売元:Amazon.co.jp

マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
著者:冲方 丁
販売元:早川書房
(2010-10-08)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • サイバーパンク作品が好きな人
  • 徹夜するほど面白いSF小説を読みたい人
  • 自分自身の有用性を見出したい人
Amazon.co.jpで『冲方丁』の他の作品を見る

bana1 マルドゥック・スクランブルクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ