January 2015

January 27, 2015

【雑感】Age++ 31

31歳になった。

30歳になったときの衝撃度に比べたら、別に大したことではない。四捨五入してもまだ余裕な感じ。それでも、まだ31歳なのか、もう31歳なのか、それが問題だ。

去年30歳になった時の雑感は以下のように示した。

30代は黄金期にしようと決意したが、1年で何かが大幅に変わることはなく。でもまぁ、最近は何をやってもうまくいんじゃないかと根拠のない自信が内にあるような気もする。20代のような病的な不安はずいぶんと解消されていると思う。それでも些細なことに不安だったりするけどね。

でも今まで積み上げてきたものであったり、経験値が確かにあるのだから、どうなっても何とかなるし、何とかできるだろうと楽観的になっておこう。少なくとも20代の自分と今の自分は全然違う。そういえるだけのことはやったはずだし。ただ、まだ目に見える成果として表れていないだけなのだけど。

できること、できないこと、やりたいこと、やらなくてはいけないことのそれぞれのバランスと折り合いをつけて自分の人生の方向性をそろそろ確定していかなくてはだなと思ったりもする。躊躇しているうちに自分の人生が終わってしまう。何もできないわけでもない。かといってすべができるわけでもない。選択しなくてはいけない。選択をしくじってあとで後悔することもあるかもしれないけど、保留にして停滞しているよりはいい。Cmmit文を打っていかなくてはいけない。Roll Backはできないけどね。

このブログに関しては、特に何も変わらず淡々と更新する次第です。
ということで今後ともよろしくお願いします(・∀・)

bana1 31歳クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



January 24, 2015

オスカー・ワオの短く凄まじい人生

キーワード:
 ジュノ・ディアス、呪い、ドミニカ、オタク、サファ
ドミニカ系アメリカ人による小説。以下のようなあらすじとなっている。
オスカーはファンタジー小説やロールプレイング・ゲームに夢中のオタク青年。心優しいロマンチストだが、女の子にはまったくモテない。不甲斐ない息子の行く末を心配した母親は彼を祖国ドミニカへ送り込み、彼は自分の一族が「フク」と呼ばれるカリブの呪いに囚われていることを知る。独裁者トルヒーヨの政権下で虐殺された祖父、禁じられた恋によって国を追われた母、母との確執から家をとびだした姉。それぞれにフクをめぐる物語があった―。英語とスペイン語、マジックリアリズムとオタク文化が激突する、全く新しいアメリカ文学の声。ピュリツァー賞、全米批評家協会賞をダブル受賞、英米で100万部のベストセラーとなった傑作長篇。
(そでから抜粋)
今年最初の本はこの作品。いつもは遅くとも10日以内に更新していたが、今年はだいぶ遅くなった。

本書はBRUTUSの読書入門で訳者によって世界文学のページで紹介されていた。そこで『ドミニカ共和国生まれで日本のポップカルチャー好きなアメリカ在住の作家が書いたドミニカ共和国とアメリカが舞台の本(pp.036)』と示されていた。さっそく行きつけの大型書店で探したらなかった。そこで訳者の21世紀の世界文学30冊を読むをちょっと立ち読みしたら本書が紹介されていて、『読まずに死ぬと後悔するほどの傑作』というようなことが書いてあったので、ぜひ読まなくては!!と思った。近所の図書館で検索してみたら、置いてあったので借りて2週間の貸し出し期限で読了した。

主人公はドミニカ生まれで、太っていて不細工で、ファンタジー小説やSF映画、テーブルトークRPG、アメコミなどが大好きなナードよりなオタクである。さっぱりモテなくて、暴走気味に女性に近づくときに好きなSF作品などを話題として相手のことをまったく考えずに話し、そしてキモがられて拒絶されている。また、SFやファンタジー小説を書くのがライフワークとなっている。名前の由来はオスカー・ワイルドのもじりとなっている。

オスカーの家系はアフリカを発祥としたとされる凶運の『フク』と呼ばれる呪いに翻弄される。物語は最初は1974-1984年のオスカーの幼少期に唯一モテた話から始まり、1982-1985年のオスカーの姉、ロラの視点に変わり、思春期のボーイフレンドとの関係、母親との確執が示されている。また1955-1962年にはオスカー、ロラの母親の思春期時代にモテまくった話、そしてギャングと恋におち次第に暴力的に虐げられる話が続く。さらには1944-1946年にはオスカー、ロラの祖父であり、医者で裕福なアベラードが当時ドミニカを支配していた独裁者、ラファエル・トルヒーヨから自分の妻と娘をいかに守るか奮闘しながら、最後には転落する様子が描かれている。

ところどこにオスカー視点(といいつつ語り手はたまに神の視点での著者であったり、大体はオスカーの大学時代に知り合った友人、ユニオールの語り)に移り、オスカーの一生が友人関係やオスカーのうまくいかなかった恋路から自殺未遂をしたり他者の暴力によって負傷したりするエピソードが独特の語り口調で示される。

この作品の何がスゴいのかというと、物語を脚色したり比喩のアクセントとしてSF、ファンタジー小説(特に『指輪物語』が頻出)やアメコミ作品(『ウォッチメン』、『ファンタスティック・フォー』などマーベル系)や映画(『猿の惑星、『マトリックス』、『ゴースト/ニューヨークの幻』など)、カードゲーム(該当箇所を探すのが面倒だから省略w)、アメリカのテレビドラマ(これも多すぎるしマイナーなのばかりなので省略)、日本のアニメ(『宇宙戦艦ヤマト』、『キャプテンハーロック』、『超時空要塞マクロス』、『AKIRA』)やゲーム(オスカーがプレイする『スト2』やドミニカの辺境で不毛な地域を例えるために『聖剣伝説』シリーズに出てくる「ガラスの砂漠」まで!!)などの固有名詞が頻出し、そのすべてに訳者注が示されている!!これはよくここまで調べたなぁと思った。きっと自分の好きな作品が必ず2,3個は出てくることは間違いない。また、作者のジュノ・ディアズはどれだけオタクなんだ!!と感嘆させられる。

オタク的なポップカルチャーが特徴的であるが、ドミニカで1940〜1960年ごろにトルヒーヨによる独裁、恐怖政治の状況が示されており、勉強になったというか、こんな悲惨な世界があるのかと思った。秘密警察によって住民たちは監視されており、トルヒーヨを嘲笑しただけで数時間後には広場で死体となっていたり、国の女はすべて自分のものだと言わんばかりにやりたい放題で、気に入らないやつを投獄してそいつの土地や家や経営する店などを徴収したりする。ドミニカはそんな悲惨で暗黒な歴史があったのだなと、自分の知らなかった世界を垣間見た。

いわゆるマジックリアリズム的な手法の代表作であるラテンアメリカ文学の『百年の孤独』のような感じでもあるが、そこまでぶっ飛んだ感じでもない。とはいえ、呪いやその対照的な祈り、『サファ(冒頭でマコンドで大事な言葉だったと出てくる)』という概念も出てきたり、神のような存在である黄金のマングースが出てきたり、不吉な予感の象徴のようなサルバドール・ダリの絵に出てくるような顔のない男が出てきたりもする。また『百年の孤独』のようにページがまったく進まないということはない。むしろ著者独自の語り口調でスピードをつけて一気読みできる部類(でも激しく続きが気になる!!、という展開でもない)。

訳者があとがきで『ここまで新しくて面白い、というのは尋常なことではない。その点で、本書の登場は二十一世紀のアメリカ文学における一つの事件である。 (pp.407)』と示されている。読了後の率直な感想を示せば、めちゃくちゃ面白い!!!絶対読まなくては損だ!!とまでは思わなかった。それでも、一家3代に渡る物語の構造が重厚だがマジックリアリズムのポップバージョンのようでもあり、主にドミニカという舞台、物語の進行を半ば無視して別の話を展開する著者によるかなり多い原注などもあって今まで読んだことのないタイプの作品だと思った。

また、なによりもまったくモテなくても2次元に逃避せずに3次元の女性に向かってがんばるオスカーに共感できたし、僕も頑張ろうと不思議と勇気づけられた気がした。結末はちょっぴり切ないけれど。

以前からアメリカ(大陸)文学は面白い作品が多く、スゴい!!と思っていたが、この作品によってまたそれを裏付けられた。そういった意味では、この作品は十分スゴ本の部類に入ると言ってもよいだろう。




読むべき人:
  • ドミニカを舞台とした作品を読みたい人
  • アニメやゲーム、映画などが好きなオタクな人
  • まったくモテない人
Amazon.co.jpで『ジュノ・ディアズ』の他の作品を見る

bana1 ポップマジックリアリズムクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


January 10, 2015

【ネタ記事】図書目録 Vol.3

記事総数が750冊を超えたので、501冊から750冊までの図書目録を作成しましたよとリンクはすべて過去の書評記事となります。

気になる本を要チェックだ


  1. ふしぎな図書館
  2. 3年に一度は「勝利の方程式」を変えなさい
  3. Excel VBA スキルアップコレクション
  4. TOEICテスト 実力アップのテクニック
  5. 行人
  6. コンテキスト思考
  7. 政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ
  8. プリズムの夏
  9. 若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!?
  10. エンジニアのためのWord再入門講座
  11. 恋の天使を味方につける70の法則
  12. スカイ・クロラ
  13. 海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点
  14. じぶん・この不思議な存在
  15. William Shakespeare
  16. SEのための「構造化」文書作成の技術
  17. 自分らしいキャリアのつくり方
  18. ねじまき鳥クロニクル
  19. The Island of Dr Moreau
  20. 25歳までにしなければならない59のこと
  21. The Road Ahead
  22. 難病東大生
  23. 自分をもっと評価させる!技術
  24. ロジカルシンキング・リーディング
  25. なぜ、ビジネス書を読んでも「仕事ができる人」になれないのか?
  26. だから人は本を読む
  27. 英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法
  28. ペスト
  29. 自分探しの哲学
  30. 日本人の英語
  31. Notting Hill
  32. Library Lion
  33. The Twitter Book
  34. Dr Jekyll and Mr Hyde
  35. Windowsはなぜ動くのか
  36. 賢者たちの人生論
  37. クラウドの衝撃
  38. 情報はなぜビットなのか
  39. 平成22年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室
  40. STUDY HACKS!
  41. MW
  42. The Lost World
  43. Skyjack!
  44. TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点
  45. Psycho
  46. 1984年
  47. 英文記事を使った英語リーディングの技術
  48. King Lear
  49. 1日1行!英字新聞リーディング
  50. 英字新聞1分間リーディング
  51. 天上天下
  52. DUO 3.0
  53. 英文法TRY AGAIN!
  54. TOEIC TEST 文法別問題集
  55. TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】
  56. エグザイルス
  57. 1Q84
  58. 火星年代記
  59. ライフログ入門
  60. facebookを100倍活用する本
  61. TOEIC TEST リスニングの鉄則
  62. TOEIC TESTリーディングの鉄則
  63. 蛇神の女王
  64. 日本人のためのフェイスブック入門
  65. 新TOEICテストにでる順英単語
  66. 絶対はずせない!新TOEICテストにでる順英熟語
  67. 15分あれば喫茶店に入りなさい。
  68. 決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3)
  69. 20代で人生の年収は9割決まる
  70. TOEICテスト リスニングBOX
  71. TOEICテスト リーディングBOX
  72. 新TOEICテスト よく出る文法問題600
  73. 若者のための政治マニュアル
  74. facebook完全活用マニュアル
  75. 竜神の高僧
  76. 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
  77. 1駅1題 新TOEIC TEST単語特急
  78. 1駅1題 新TOEIC TEST読解特急
  79. TOEICテストPart7を1問1分で解けるようになる本
  80. 空気を読むな、本を読め。
  81. 走ることについて語るときに僕の語ること
  82. 極めろ!リスニング解答力TOEIC TEST
  83. 魔術師の城塞
  84. モチベーション3.0
  85. 極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6
  86. 極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST Part7
  87. 勝負の終り
  88. 天才! 成功する人々の法則
  89. 新TOEICテスト 1週間でやりとげるリーディング
  90. 短期集中講座! TOEIC(R)TESTリーディング
  91. TOEIC(R)テスト990点即解リーディング
  92. 美の構成学
  93. 経済ニュース英語リーディング教本
  94. 英字新聞1分間リーディング Vol.2
  95. 1日1分!ビジネス英語
  96. 990点満点講師はどのようにTOEICテストを解いているか
  97. 解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part5&6
  98. 解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part 7
  99. ことばの教養
  100. スコア900へのTOEICテスト パーフェクトリーディング
  101. 本は、これから
  102. 新TOEICテスト 一発で正解がわかる英単語―600点・730点
  103. 新TOEICテスト 一発で正解がわかる英単語―860点・990点
  104. 働かないって、ワクワクしない?
  105. TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継
  106. きみの行く道
  107. はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
  108. エンジニアとしての生き方
  109. 新TOEICテスト 誤答選択肢大攻略
  110. 人生で一番大切な 20代の生き方
  111. おおきなかぶ、むずかしいアボカド
  112. 本当に好きなことをして暮らしたい!
  113. ザ・ウォーカー
  114. 物語が生きる力を育てる
  115. 第四間氷期
  116. ぶっちぎり理論38―落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる!―
  117. 僕の好きな人が、よく眠れますように
  118. プログラマが知るべき97のこと
  119. サマー/タイム/トラベラー
  120. 仕事は楽しいかね?
  121. 泣かない子供
  122. SEのための「どこでもやれる力」のつけ方
  123. 一生モノの勉強法
  124. 業務によく効くAccess 開発現場ワザ
  125. 共和国の戦士
  126. 仕事で「一皮むける」
  127. 実践的データモデリング入門
  128. TOEIC TEST990点満点英文法・語彙
  129. 社長 島耕作の地球経済学 クラウド&ソーシャルビジネス基礎編
  130. プログラミング作法
  131. 達人のサイエンス
  132. 究極の鍛錬
  133. ねじまき少女
  134. 人生を決めた15分 創造の1/10000
  135. パルムの僧院
  136. 経営思考の「補助線」
  137. 【携帯版】思考は現実化する
  138. 生きるとは、自分の物語をつくること
  139. ブックストアは危険がいっぱい
  140. 共和国の戦士2 ―星間大戦勃発―
  141. Being Geek
  142. 自助論
  143. 闇の左手
  144. 最短で結果が出る超勉強法
  145. 「デキるつもり」が会社を潰す
  146. 44のアンチパターンに学ぶDBシステム
  147. ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない
  148. 月は無慈悲な夜の女王
  149. 聖闘士星矢
  150. 7つの習慣
  151. 老人と海
  152. 辺境・近境
  153. 今夜、すベてのバーで
  154. 2022―これから10年、活躍できる人の条件
  155. 人を助けるとはどういうことか
  156. 僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由
  157. 入社1年目の教科書
  158. ASP.NET の絵本
  159. 自分の仕事をつくる
  160. 遠い太鼓
  161. はじめての設計をやり抜くための本
  162. グラス片手にデータベース設計〜販売管理システム編
  163. 自分をいかして生きる
  164. 日の名残り
  165. 共和国の戦士 3: クローン同盟
  166. 愛のゆくえ
  167. 督促OL 修行日記
  168. ワイルドサイドを歩け
  169. マルドゥック・スクランブル [完全版]
  170. 高い城の男
  171. マルドゥック・スクランブル【漫画版】
  172. 料理人
  173. ダイナー
  174. サラダ好きのライオン
  175. 街場の文体論

  176. 初めてのC# 第2版
  177. シャンタラム
  178. 社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!
  179. 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです
  180. 銃・病原菌・鉄
  181. ピープルウエア 第2版
  182. プログラマーのジレンマ 夢と現実の狭間
  183. Gene Mapper
  184. 自分の仕事を考える3日間 I
  185. 考える生き方
  186. 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  187. ガダラの豚
  188. 「やりがいのある仕事」という幻想
  189. アンドロイドの夢の羊
  190. みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?
  191. 仕事漂流 就職氷河期世代の「働き方」
  192. 月と六ペンス
  193. サービスの達人たち
  194. わたしのはたらき
  195. シゴトとヒトの間を考える
  196. 緑の家
  197. レインツリーの国
  198. 密会
  199. 夜のピクニック
  200. 夢を与える
  201. サービスの天才たち
  202. 幼年期の終り
  203. 都市と都市
  204. あのとき始まったことのすべて
  205. さよなら、愛しい人
  206. 日本語の練習問題
  207. 塵に訊け!
  208. なんのための仕事?
  209. ぼくは猟師になった
  210. 悪い娘の悪戯
  211. 人生の短さについて
  212. [実践]小説教室
  213. 実践ソフトウェアエンジニアリング
  214. 007 白紙委任状
  215. CODE COMPLETE 第2版
  216. すべての美しい馬
  217. なれる!SE 2週間でわかる?SE入門
  218. タタール人の砂漠
  219. 情熱プログラマー
  220. 春の雪
  221. 奔馬
  222. 仕事に必要なことはすべて映画で学べる
  223. 暁の寺
  224. 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
  225. アメリカの鱒釣り
  226. 「思考」を育てる100の講義
  227. 人生って、大人になってからがやたら長い
  228. 100年の価値をデザインする
  229. スタバ株は1月に買え!
  230. ザ・ロード
  231. 臆病者のための億万長者入門
  232. 終りなき戦い
  233. シップブレイカー
  234. 人形つかい
  235. ソフトウエア開発55の真実と10のウソ
  236. 世界のすべての七月
  237. Head First Java 第2版
  238. システム設計の謎を解く
  239. マルドゥック・ヴェロシティ〔新装版〕
  240. 国道沿いのファミレス
  241. 天人五衰
  242. ミッキーマウスの憂鬱
  243. ハローサマー、グッドバイ
  244. あの日の僕らにさよなら
  245. ウルトラ・ダラー
  246. 飢餓同盟
  247. パラークシの記憶
  248. 何かが道をやってくる
  249. 投資家が「お金」よりも大切にしていること

ちなみに250冊目、500冊目までの図書目録は以下となります。もうExcelで今までの記事の全リストをくれと思いのそんなあなたのために用意しましたよ以下からExcelファイルをダウンロードできます。zipファイルには、bookListTool.xlsmというマクロ設定Excelファイルと「読み込みソースファイル」というフォルダが入っております。今回のリストはExcel VBAで作成しました。bookListTool.xlsmはそのツールファイルと実行結果となります。「読み込みソースファイル」はブログの右サイドバーのカテゴリ「書評総数(日付順)」の各ページのソースをテキストファイル化したものです。このファイルをVBAで読み込んで、リストを作成しました。

ツールは改変、二次配布自由ですが、実行時の動作の保障、いかなる結果もこちらでは責任を負いません。また、コードの解説なども受け付けませんのでご了承ください。

まぁ、こんな感じでリストを作成しましたよというものなので、VBAに関心がない人はbookListTool.xlsmの「List」シートだけ確認すればよいです(リストは本記事作成時の759冊分です)。一応ツール自体は処理がかなり高速になるように作ってあります(完全に自分のブログ専用なので、そのまま他では使えませんがVBAコードの参考程度に)。参考図書は503番のVBA本なので、気になる人はぜひ確認してみてください。

1〜500冊までは22歳から約3年、501〜750冊は25歳のときからだいたい5年近くかかっております。20代前半はいろいろと手当たり次第に読んでいた感じですが、25歳以降は単に薄い本の量をこなすのではあまり意味がないと気付いてきたので、質を重視で選んで読んできたつもりです。そのため、時間がかかった気がします。結果的にそれでいいかなと思うので、今後も無理のないペースで1冊ずつ読んでいきたいと思います。

どんなに速読をしたり読む時間を増やしたりしても、生きている間に読みたい本をすべて読めるわけではないのだ!!と健全な諦観を内に抱き、なるべく意図的に読む本を選択していこうかと思います。また、そろそろ1000冊の大台が見えてきました。健全な状態であれば、ずっと更新し続けるとは思いますが、いつそれが達成されるのかは自分でもわかりません。もはやライフワークのようになっているので、よほどのことがない限り辞めたりしないと思いますが。

2015年最初の記事は図書目録となりました。今年最初の本はまだなにも読了しておらず、そのうち更新します。ということで、今年もよろしくお願いします

(・∀・)

bana1 750冊図書目録クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ