May 2015

May 16, 2015

重力が衰えるとき

キーワード:
 ジョージ・アレック・エフィンジャー、サイバーパンク、イスラム、ボンド、重力
サイバーパンクSFハードボイルド作品。以下のようなあらすじとなっている。
アラブの犯罪都市ブーダイーンで探偵仕事を営むマリードは、ある日ロシア人の男から行方不明の息子の捜索を依頼される。だがその矢先、依頼人が目の前で殺されてしまった! しかもなじみの性転換娼婦の失踪をきっかけに、周囲では続々と不穏な事件が。街の顔役の圧力、脳を改造した正体不明の敵……マリードは今日もクスリ片手に街を疾走する。近未来イスラム世界で展開するサイバーパンクSF×ハードボイルドミステリ。
(カバーの裏から抜粋)
年齢30歳くらいのマリードは、街を支配するパパと呼ばれるマフィアのボスの配下に入ることを避け、独立した探偵業を営んでいた。ブーダイーンという街は性転換者があふれ、脳を改造し、モディ:人格モジュールを差し込むことによって過去に実在した偉人の人格、架空の物語の主人公の人格を身に付け、さらにダディ:能力アドオンモジュールによって外国語を瞬時に話したりすることができる未来。

そこで次々と主人公マリードを取り巻く人物が残虐に殺されていく。どうやら敵はジェームズ・ボンドのモディを使った冷徹な殺し屋らしい!!マリードとジェームズ・ボンドの攻防が始まる!!というお話。

敵の通称ジェームズ・ボンド、というのは説明するまでもなくイアン・フレミング原作の007の主人公で、この時代ではもう紙の本はあまり流通しておらず、ジェームズ・ボンドの作品も過去の遺物として扱われている。敵はこれを使ってウォッカ・マティーニを飲み、イギリスのために戦う存在ではなく、完全に殺しの能力を獲得するためだけにボンドになりきっている。しかも心臓をえぐって死体のそばに置くなど、残虐で異常性も持ち合わせている。いつも正義のジェームズ・ボンド視点の作品ばかり見ているから、敵役なのはなんだか新鮮な感じがした。

敵はジェームズ・ボンドのモディを使う殺人者、ということしか分かっていない状況から、誰が何のために殺していくのか?という過程が分かっていくのが警察ミステリっぽく面白かった。そこにサイバーパンク的な要素、脳内麻薬を仕込んだり、ニードルガンという武器やモディ売り場、モディ、アドオンをつけることでマトリックスのように能力拡張ができる仕組みなどがアクセントになっている。ただネットワーク空間の描写などコンピュータ的なのはほとんどない。主人公は電話を腰に付けているけど、今のようなスマフォのような感じでもなさそうだった。

あとはブーダイーンというイスラム世界がさらに独特の雰囲気を醸し出していた。マフィアのボス的なやつと会うときは常に本題に入る前に儀式的にコーヒーを何杯も飲み、「あなたにアッラーのご加護がありますように」と相手を祝福する言葉を掲げたりする。暑く砂埃が舞う、そして退廃的な街をイメージしていた。

ニューロマンサーのような分かりにくさはほとんどなく、さくさくとページが進んで読みやすい。サイバーパンク的な要素は控えめで、どちらかと言うと、フィリップ・マーロウのようにタフでどこかユーモアを忘れない主人公によるハードボイルドミステリ作品だった。割と熱中して読めた。でも、結末はどこか切ない。

言ってみれば、アラブの近未来が舞台で、ジェームズ・ボンドとフィリップ・マーロウが対決するような物語にどっぷりつかりたい人にはお勧めだ。



重力が衰えるとき (ハヤカワ文庫SF)
ジョージ・アレック・エフィンジャー
早川書房
1989-09-15

読むべき人:
  • サイバーパンク作品が好きな人
  • 007作品が好きな人
  • フィリップ・マーロウ作品が好きな人
Amazon.co.jpで『ジョージ・アレック・エフィンジャー』の他の作品を見る

bana1 サイバーパンククリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


May 02, 2015

荒木飛呂彦の漫画術

キーワード:
 荒木飛呂彦、漫画術、ジョジョ、王道、黄金の道
人気漫画家による王道漫画の描き方本。以下のような目次となっている。
  1. はじめに
  2. 第一章 導入の描き方
  3. 第二章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」
  4. 第三章 キャラクターの作り方
  5. 第四章 ストーリーの作り方
  6. 第五章 絵がすべてを表現する
  7. 第六章 漫画の「世界観」とは何か
  8. 第七章 全ての要素は「テーマ」につながる
  9. 実践編その1 漫画が出来るまで
  10. 実践編その2 短編の描き方
  11. おわりに
(目次から抜粋)
ジョジョの奇妙な冒険』が好きであれば、著者の荒木飛呂彦の説明は不要だろう。もちろん僕も第1部1巻から第8部の最新巻までは一通り紙のコミックで読んでいる(漫画喫茶でとかだけど)。僕が中学生くらいのときは第4部が連載中で、濃くスピード感がない絵であまり面白くはないと思っていて、ジャンプを読むときも読んでないことがあった。しかし、大学生くらいになって再度1巻から読んでみたら面白いなと評価を改めた。2部までの波紋による肉弾戦も好きだけど、3部以降のスタンドバトルや魅力的な敵キャラ(吉良吉影とかカーズとかいろいろ)なども出てきて、割と好きな漫画だ。ちなみに一番好きなのは『冒険』という意味では3部、『奇妙な』という意味では4部だ。

映画が好きで、よく映画DVDを見ると、特典映像に監督によるシーンの解説とかが入っていたりして割と面白かったりする。どういう風に撮影されていて、何を意図してこのシーン、このセリフを役者に言わせているのかなどがわかるので。本書は、荒木先生による30年にわたる漫画家歴によって、漫画家を目指す人のために王道漫画のハウツウーを示したものであり、基本的に漫画家を目指す人のための本であるが、一漫画読者にとっては、映画の制作過程の舞台裏解説の漫画版のような本でもある。

漫画は絵だけがうまければいいってものではなく、キャラ、世界観やストーリー、テーマの各要素(これを基本四大構造と示されている)が綿密に絡み合っていないと漫画として面白くないというようなことが示されている。そして先生はこれを相当考えたり分析しながら漫画を設計(制作過程としては、アイディアノート→スケッチブック→シナリオ→ネーム→原稿となるらしい)されているのだなと思った。コマ割りとかキャラの服装、言動、表情、1話の構成など、相当いろいろと読者に面白く読んでもらえるように考えられているというのがよく分かった。漫画はなんとなく才能がすべてで感覚的に描かれるようなイメージがあったけど、割と地道な知的作業なんだなと思った。

ジョジョの魅力は各キャラの性格や言動、信条(例えば5部のブチャラティはマフィアの一員だが麻薬を忌避していたり、4部の吉良吉影の能力がありながら目立たないように平凡な生活を送っていたり、岸辺露伴の原動力が好奇心だったり)が作りこまれているからだなぁと思って読んでいた。これはキャラづくりには履歴書をベースにして、さらに将来の夢、恐怖、幼少期の精神的体験など60項目に渡る身上調査書を作るかららしい。へーと思った。

あとは第3部など世界を旅するようなものだし、5部はイタリアが舞台で実在のところもよく描写されていて、外国に行った気になるなと思っていた。そこは世界観の作りこみ時に入念なリサーチを事前にしてから、実際に現地に行って取材によるものらしい。さすがプロ漫画家だからそこまでやるのだなと思った。

痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 荒木飛呂彦(54)、顔写真による年齢判定サイトで27歳という数字を叩き出す - ライブドアブログ

最近のタイムリーネタで、また若返っているとか、若さの秘訣は石仮面をかぶったからとか、さすが波紋の使い手だとかいろいろと諸説が噂されるのだけどw、個人的には若さの秘訣は、本書に示されている「アイディアは尽きない」という部分が関連しているのではないかと思う。以下該当箇所の引用。
「アイディアは尽きないんですか?」と聞かれることもありますが、アイディアが尽きるというより、自分の興味が尽きるからアイディアがなくなるのだと思います。よいアイディアは、自分の人生や生活に密着しているのですから、興味がなくなってしまえば生まれなくなるのです。
 逆に、常に何かに興味を持つことができて、周囲の出来事に素直に反応できるアンテナを持ち続けられるのであれば、「アイディアが尽きる」ということはないはずです。
(pp.229)
よく新しいことや身の回りの出来事に興味や関心を失っていくと老化の兆候のように考えられるから、逆にそういう関心を常に持っていると少なくとも精神的には若く保たれるのではないかと思った。しかし、個人的には若さの秘訣は、世界観を作りこむ取材過程などで、当然のように波紋をマスターしている説を支持したいww

本書を読んでから漫画の読み方が変わるだろうなと思う。最近はKindleでジョジョのカラー版の5部まで買って読んでいるのだけど(ちなみにカラー版おすすめ。ジョジョの奇妙な冒険 第1部 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL))、漠然とストーリーを追う読み方から、作者の意図を読み解きながら分析的に読むようになる気がした。漫画好きな読者にとってはそういう本。漫画家になる人には、教科書のような本。漫画を描かない人、またジョジョをあまり知らない人が読んでもいろいろと面白いと思う。




読むべき人:
  • 王道漫画家になりたい人
  • 漫画を読むのが好きな人
  • 先生の若さの秘訣を知りたい人w
Amazon.co.jpで『荒木飛呂彦』の他の作品を見る

bana1 黄金の道クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ