April 30, 2006

村上朝日堂

村上朝日堂

キーワード:
 村上春樹、エッセイ、考え方、日常

残念ながら画像がない・・・。新潮文庫のほうで読んだ。

村上春樹のエッセイ。22年前(ちょうど自分が生まれた年)に書かれているので、その当時の村上春樹を取り巻く日常生活や考え方が分かる。例えばどういうアルバイトをしていたかや、引越しがやたらと好きとか、電車で切符を必ずなくすから耳に保管したいたとか、近所のうまい豆腐屋の話とか面白いネタがいっぱい。安西水丸という人のイラストがついていて、その適当さがまたいい味を出している。それぞれの話題が2ページで繰り広げられる。というのも、アルバイト雑誌か何かの連載だったらしい。

小説では圧倒的な比喩で少し気取った文が多いが、これは素朴というか、飾らない普通の文体である。そのギャップがまたなんともいえない。

このような生活を通していろいろなことを感じることから、ベストセラー作品が生まれるのかと思うと面白く読めた。著者の微妙なこだわりみたいなのもあって、人のそういう部分を知ることができるのは面白い。

気軽に読めるので気分転換にお勧め。

ここまで村上春樹を取り上げるのは、もちろん注目作家だから。作品も好きである程度読んだ。

読むべき人:
 村上春樹が普段どういう生活をしていたのか知りたい人、どんなこだわりがあるか知りたい人、短いエッセイが好き、人の日常を探るのが好き、イラストつきの本が好き



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星