May 04, 2006

ブログ進化論


プログ進化論 ― なぜ人は日記を晒すのか

キーワード:
 ブログ、ブログの価値、ブログの魅力、面白いブログ

世の中にブログがはやっているが、それはどういうものでどういう魅力、利点があるのかといったことが分かりやすく解説されている本。それだけにブログの技術的なことが書いてあるわけではなく、こういうブログが面白いといった事例が多く載っている。

内容は、ブログは個人が発信できるメディアである、個人が雑誌などにないようなお店の情報をめぐって口コミ情報を発信できるとか、ブログの女王眞鍋かをりやヤクルトの古田選手のブログはなぜ人気があるのか、またビジネスの観点からブログはどう使われているかといった内容。どちらかというとあまりブログに縁がない人が、巷に溢れるブログとはどういうものかという情報を得るために読むべき本で、実際にヘビーなブロガーにとっては何を今更という感じ。

しかし、こういうブログが面白いといった紹介が載っているので、新たに面白いブログは何かないか探している人にはよいかも。

正直そこまで面白い本ではなかった。タイトルの『進化論』というものがついているから衝動買いしてしまった。なぜなら、『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』というものに似ていたし、この本はかなり面白くいろいろなことが分かってよかったので、そういうタイプのあたり本かと思っていたが違った。明らかにタイトル負けしているし、よく売れた先行事例の便乗としてタイトルがついたのだと思う。まぁ、まったくはずれとも言えないけど、改めてブログのことを良く知ることができてよかった。

最後のあとがきで

『キャスト・アウェイ』という映画では、飛行機事故の末、無人島に一人流された主人公は、バレーボールに話しかけることで精神の安定を保ち、命を繋いでいた。
そう、人間は他者に対して発信せずには、生きていくことも困難になるのだと思う。
そんな根源的な欲求をブログは満たしてくれる。(pp.193)
とある。自分がブログを綴る理由はまさしくこれなんじゃないかと思った。まぁ、誰も受け止めてくれなくても、吐き出すことで精神の安定を図っているんだけどね。

読むべき人:
 ブログって何?と思う人、ブログを始めようか迷っている人、面白いブログってどういうものか知りたい人、ブログの活用方法について知りたい人



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「ブログ進化論」を読んだ  [ 大津留公彦のブログ ]   July 27, 2006 00:09

ブログ進化論(岡部敬史著・講談社+α新書)を読んだ。 ブログの現在が良く見える一冊である。 ・毎日食べたものを写真つきで紹介するだけのブログ作者が新潟の地震に遭遇し、そのサイトがなまなましい地震後の生活の報告になった話とか ・4歳の子のランダムに打った...

コメント一覧

1. Posted by ふくちゃん   May 25, 2006 01:16

はじめまして。ふくちゃんと申します。
突然のコメント失礼します。
何だかウェブで世の中すごい事になりそうじゃないですか?
でも、ウェブで検索しても、何が最新の状況なのか分からなくないですか?
ついこの間まで何も知らなかった私が、初心者のためのウェブの最新動向講座開講します! 一緒に勉強しましょう!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星