May 31, 2006

復活して成功する57の方法


復活して成功する57の方法

キーワード:
 中谷彰宏、成功、復活、スランプ、発想の転換
著者は、面達などで有名な中谷彰宏氏。この本のテーマは、一言で言うと、スランプに陥ったとしても、その状態を受け入れ、考え方を変えてそこから復活して成功していこうという内容。

4章立てになっていて、以下のような内容となっている。
  1. スランプは、飛躍のチャンスだ。
  2. 当ててやろうというエネルギーで、よみがえる。
  3. つらい状況でもニコニコしていれば、復活する。
  4. 成功のカギは、失敗・成功のこだわりをなくすことだ。
それぞれの内容で、いかに発想を変えてその状態を良い方向に持っていくかが語られる。ゴルフやボーリングの例を用いた説明があり、分かりやすい。難しいことは何も書いていない。むしろ感覚に訴えてくるような内容である。

気になった部分、なるほどと思った部分を引用しておく。
  • スランプの時期は、人生最大のチャンスタイムです。(pp.44)
  • 目の前の現実をありのままに受けとめることができる人は、つらい現実を乗り越えていけます。(pp.47)
  • 復活することによって、復活の仕方を覚えていくのです。(pp.51)
  • 「いいこと」のハードルを下げると、「いいこと」は毎日起こります。(pp.54)
  • 苦しい体験やつらい体験をしたら、こういう悲惨な体験はめったにできないと考えることです。 (中略) ハッピーな体験は、つくり話でできますが、本当に変わった悲惨な体験は、つくり話ではできないのです。それが、あなたの財産になります。 (中略) どん底体験は、選ばれた人にしかできません。(pp.91)
  • 復活するための方法は、ただひとつ。諦めないことです。(pp.118)
  • 調子の悪い時は、視野を広げるチャンスなのです。(pp.182)
  • 前向きで、元気が湧いてくる心のありようが、成功した状態です。(pp.193)
どれも身にしみる。

自分の置かれた現状は、かなりスランプ状態というか、どん底に近い。そのため何か救済を求めて読んでみた。読んでよかった。かなり気が楽になった。本当に中谷氏はこういう考え方に関してはすごいと思う。毎回氏の本を読むたびに元気が湧いてくる。

読むべき人:
  1. 努力しているのに、落ち込んでいる人。
  2. 努力しているのに、成功しない人。
  3. 落ち込んだ状態から、復活したい人。
    (pp.2)



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星