June 26, 2006

本を読む本


本を読む本

キーワード:
 読書技術、学術書、本の読み方、分析読書、シントピカル読書
60冊目は、本の読み方の本。改めて、自分の本の読み方はどうなのかということが気になったので読んでみた。

この本は、1940年にアメリカで初版が発行されたようだ。原題は『HOW TO READ A BOOK』。大学教授2人が論理的に本の読み方を示している。

4部構成になっている。
  1. 読書の意味
  2. 分析読書――読書の三レベル
  3. 文学の読み方
  4. 読書の最終目標
また、この本によれば、本の読み方には4つのレベルがあり、それらを使い分けることが重要とある。以下にその4つを示す。
  1. 初級読書
  2. 点検読書
  3. 分析読書
  4. シントピカル読書
初級読書とはとりあえず文字が読めて、普通に本が読めるレベルである。

そして点検読書は、拾い読みなどをして概要をつかむことができるレベルである。

また、分析読書は、より一冊の本を深く読むためのレベルで、その中でさらに3段階レベルがあり、1段階目は『何についての本であるか見分ける』ことであり、2段階目は『内容を解釈する』ことで、3段階目は『知識は伝達されたか』ということである。

最後のシントピカル読書というのは、同じような主題の本を複数弁証法的に読みこなすことである。大学生レベルならこのシントピカル読書ができなければならないとある。

読書、本の読み方の核心が書かれているような気がする。こういうことは、日本ではほとんど学ばない。せいぜい大学に入ってから、少し文献の読み方をやるだけだろうから、読んでみると参考になる部分が多く、とても勉強になった。

特に批評の仕方について書かれている部分があり、ある程度わかったと言えるまで批評態度を下すべきではないといったことや、どのような判断でも根拠を必ず示せという部分。これらは、本の読み方に影響するだけでなく、このように書評ブログを書いている観点からもとても勉強になる。

また、文学作品の読み方もとても参考になった。文学作品とはどのようなものかということもあらためて示されている。

60年前に出版されているが、本質的な部分はそれほど変わっていないと思われる。しかし、著者はなるべくシントピカル読書をするべきだというようなことを主張しているが、21世紀の現代では書籍に限らず情報量が桁違いになっている。そのため、どうしても時間的制約がある。もちろん、研究者や学生はそのようにすべきだけど、一般的な仕事をして生活する人にはそれは少し難しいと思われる。

また、個人的な読書傾向というか、ポリシーを言えば、良書に出会うためにも多量の本を読まなければならないと思う。そのため、一冊にそんなに多くの時間をかけていられない。少なくとも20代のうちは、本をあまり選ばず、点検読書のように片っ端から読んでいけばいいかなと思う。30代ぐらいになってから、分析、シントピカル読書に移行していけばいいと思う。

この本を読むことで、読解力がかなり増すと思われる。読んでおいて損はない一冊。

読むべき人:
  • 文献や論文を読まなければならない大学生や研究者
  • どうやって本を読んでいいかわからない人
  • 書評の仕方を知りたい人
Amazon.co.jpで『読書』関連書籍を見る



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 通りすがりの16歳   February 29, 2008 20:14

本当にたまたま通りがかった学生なのですが、気になったことがありましたので、コメントさせていただきます。
   >>一般的な仕事をして生活する人にはシントピカル読書は少し難しいと思われる。
と書かれていますが、この本の最初(小説、戯曲の読み方のところだったかな??)に普段楽しみのための読書なら特別な読書技術は必要はないと書かれていると思います。
シントピカル読は貴方も書かれていますように研究などをする場合のみです。またそのシントピカル読書をする上でもどの本が本当に必要な書物なのか確かめるために、点検読書があります。
だから、時間の制約がある中でも、最小限に抑えられると思いますよ。

以上通りすがりの学生コメントでした。
つたなく礼儀知らずな文章ですいません。

2. Posted by 師匠   March 01, 2008 09:43

>>通りすがりの16歳さん

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりで、読まなければいけない本といものが多くなってしまうと、点検読書で全てを読まずに取捨選択していけばよいと思います。

記事の文意としては、著者はどの本もシンピトカル読書を推奨しおり、自分もそうしたいが、現実的には点検読書をせざるを得ないということです。

現状は、買った本を点検読書するともったいないという気がして、ついつい深く読みすぎて冊数をこなせていませんが・・・。

また何か突っ込みどころがあれば遠慮なくどうぞ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星