July 04, 2006

生き方のスタイルを磨く


生き方のスタイルを磨く

キーワード:
 齋藤孝、スタイル、コミュニケーション論、技、学術
齋藤教授の本。学術的な内容。正直、すべて完璧に理解していないので、詳しく書評するのではなく、適当な感想を綴っておく。

『スタイル』を一言で言うと、その人らしい存在感といったものやその人特有の一貫性のようなものらしい。それがあると人生を味わい深く生きられるようだ。

最初のほうは、文学作品の登場人物を例にスタイルとはこういうことだということが示されている。後半では、より学術的な内容となっている。そのため、後半は少し難解。

面白かったのは、『魔の山』のスタイル間コミュニケーション論という部分で、主人公ハンス・カストルプを取り巻く濃い人物たちとのやり取り(コミュニケーション)を解説しているところ。これによれば、ハンス・カストルプはやがて療養生活を終えて、他の療養患者にとってはまだ未来のある希望であるために、人文主義者セテムブリーニやナフタがハンスに教育しようといろいろ論議をするといったことが主張されている。前に『魔の山』を読んでいたが、いまいち内容が飲み込めなかったので、なるほどと思った。

どうでもいいが、この記事がこのブログでの100投稿目となった。

読むべき人:
  • コミュニケーション論が好きな人
  • スタイルを確立したい人
  • スタイルとは何かを知りたい人
Amazon.co.jpで『齋藤孝』の他の本を見る



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星