July 27, 2006

働くって何だ―30のアドバイス


働くって何だ―30のアドバイス

キーワード:
 森清、働く、仕事、就職、アドバイス、仕事観、高校生、大学生、新人
働くということを網羅的に扱っている本。はじめにの部分にこの本の目的が書いてある。その部分を抜粋。
この本は、一九三三年生まれの男が長い間働きながら働くことについて考え、実践し、苦労してきたことらがを素材に、どのような時代にも必要な働き方、生き方についてまとめたものである。
(pp.)
また、内容を以下に列挙。
  1. 働くって、生きるって?
  2. 働きの体験
  3. どこで、どんな職場で働くか
  4. 働き方の基本を考えよう
著者は、大学を中退してから工場で働き始め、その傍ら、中小企業での労働形態などを研究し、いろいろ書いていくうちに短大の教員になったという経歴を持つ。その著者の仕事観のようなものがまとまっている。

岩波ジュニア新書なので、対象は中学生、高校生向け。また就活中の大学生向けだと思った。といっても、実際に働いている人にはまったく役に立たないものでもない。

特に1章は学生向けの内容となっている。進路に関することや、学歴、また学校で授業を受けているということ自体が働くための基礎になっているということが主張されている。

2章は、ボランティアやインターンシップについて書かれている。そこでの活動意義や注意すべきことなどが述べられている。

3章は、実際の中小企業の例挙げ、そこでの労働形態を示し、どのような職場で働くべきかということが述べられている。

4章は、新入社員向けに書かれているようで、仕事の基本としてほうれんそうを身につけろとか、3年はしっかり働いたほうがよいといったことが書いてある。

特に新しい情報が載っているわけではなかった。大体のことは、自分が就職活動をして得たことばかりだった。しかし、3章の中小企業の実態を知ることができて参考になった。今度転職するなら、自由度の高そうな中小企業も悪くはないかなと思った。

読むべき人:
  • 中学生や高校生で就職を意識している人
  • 就職活動中の人
  • 中小企業の実態を知りたい人
Amazon.co.jpで『働く』の関連書籍を見る



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by hirohiro   July 30, 2006 22:45

RM軌跡のhirohiroです。
TBありがとうございます。

御ブログの全体もさくっと拝見しました。
御エントリとはややそれますが。

個人的なことになるかもしれませんが、
プログラマでプログラマの技術書なりを読んで、
それについて話せる人が周りにいなかったりするので(笑)、
非常に素敵ですね。

続きます。

2. Posted by hirohiro   July 30, 2006 22:45

「華氏451度」はいいですね。
本を読むってところの意味を本当に深く説いてる感じがしますし、Type5w4さんのレビューも真をついてて、いいですね。

あと、アフィリエイトの考え方としては、
買ってくれればラッキー程度で、僕は考えてます。
2,3年たってますが、最近やっと1500円いった気がします(笑)

本読みのスタイルとしては、
僕は基本的に?「乱読」になる気がします。
自分の興味あるものなら、よほど抵抗がない限り読むので。
幣ブログは、一応一万冊を目指しています。
半分冗談半分本気なところですが、本読みは楽しいですし、何より可能性が広がりますね。

今後も定期的にチェックさせていただきます。
TBありがとうございました。

3. Posted by si   July 30, 2006 22:49

ご丁寧なコメントどうもです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星