September 30, 2006

「強い自分」は自分でつくる―なぜ、この人は成功するのか


「強い自分」は自分でつくる―なぜ、この人は成功するのか

キーワード:
 弘兼憲史、島耕作、人生論、自己啓発、自分に克つ
課長島耕作などの著者、弘兼憲史の本。主な内容は、ビジネスなどで成功するために身につけなければならない考え方や行動などが著者の経験から述べられている。以下のような章になっている。
  1. 人生の勝負に勝つということ
  2. 自分を超える
  3. 逆境に負けない
  4. 未練を断ち切る
  5. 敵を恐れない
  6. 一人で立つ
  7. 失敗から学ぶ
  8. 目標を超える
  9. 爽やかに自分こだわり続ける
全体を通して主張されている事は、自分を超えるとことや正直であれといったような内容。結構耳が痛いことが主張されている。例えば、自分の決心したことにいつまでも後悔していないで、楽観的に今の現状を受け止めることが重要だといったようなこと。なるほどと思う部分が多い。特になるほど共感できた部分を以下に抜粋。
 何も失われない。車も仲間も恋人もどうせなかったものだ。元に戻っただけで、つまり「素」はそのまま残されている。キミ自身が自分を見失わない限り、計画や期待などすべてダメになっても落胆することはない。諦めればいいのだ。ただそれだけのことだ。
 どうせ諦めるなら明るく諦める。未練は持たず、スッキリと諦める。どんな場面であっても同じだ。描いていた夢も、もうすぐ実現しそうだった夢も、いざとなったらすべて諦める。そして「素」に戻る。一人で生きるという出発点に戻る。弱気な生き方に見えるがそうではない。決して負けない生き方だ。なぜなら、生きる上での軸が少しも揺るがないからだ。
(pp.184)
ここを読んだとき、この本を買ってよかったなと思った。どこまで諦めることができるかはわからないけど。

表紙に島耕作が使われているだけあって、内容にもところどころ『課長島耕作』のシーンが挿入されている。島耕作シリーズは、一応それなりに読んだので、シーンの意味がよくわかった。

また、漫画家として著者がどのように考えてマンガを描いているのかということがよく分かって面白かった。例えば、著者がサラリーマンを3年やっていたときに、漫画家になるときに何を考えていたのかといったことなど。そのときは、楽観的に考えられていたようだ。

島耕作が面白かったので、著者がどのような考え方をしているのかということがよく分かってよかった。

読むべき人:
  • 成功したい人
  • 自分を超えたい人
  • 島耕作に憧れる人
Amazon.co.jpで『弘兼憲史』の他の本を見る



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星