October 29, 2006

「稼ぐ力」の育て方


「稼ぐ力」の育て方

キーワード:
 秋山ゆかり、ビジネス、稼ぐ力、時間管理、コンサルタント
経営コンサルタントによる仕事で稼ぐ力をどのように身につけるべきか、ということが書かれている本。稼ぐ力とは、会社に寄りかかった存在になるのではなく、自分自身の力で仕事ができるようになることであるようだ。そこで以下の3つのものが示されている。
  • 自分の頭で考える力
  • 目標を設定する力
  • 目標を達成する力
最初のほうに、著者がビジネスパーソンとしてはかなり落ちこぼれだったことが書かれている。曰く、目的意識もやる気も欠如していて将来何をやりたかったのか分からないようなダメな存在だったと。そこから、外資コンサル会社などへ転職を重ねるうちに成功の秘訣に気づいていき、その著者の成功の秘訣や考えなどが実体験に基づき、示されている。

結構分かりやすい内容となっている。著者が語りかけてくれているような感じだ。また、共感できる部分が多く、たくさん線を引いた。以下それらの部分を挙げていく。

まず、考えるためにインプットが必要だという部分。その部分を抜粋。
 しかし、「情報は、まず質より量を」というのは多くの仕事にも共通して言えることだと思う。
 社内でも一歩でも二歩でも抜きん出ようと思ったら、競争相手よりも多くの情報をインプットすることが大切だ。インプットの量=アウトプットの質なのだ。
(pp.49)
経営コンサルタントらしい考え方だと思う。確かにこれは自分自身も結構実感する部分だと思った。また、著者は年間800冊は読書するようだ。もちろん、全て精読しているわけではないようだ。

また、ロジカルシンキングを鍛えるには、電車の中吊り広告を使ってキーワードから考えられる要素をもれなくダブりなくを考えるのがよいといったものもなるほど思った。結構電車の広告は面白くて見てるんだけど、今までは漠然と見ていたので、明日から実践して行きたいと思った。

さらに不安に関する部分。ここもその部分を抜粋。
 しかし、こうして不安感を抱えて仕事をするのは、ある意味健全なことだと思う。
 不安になるのは、自分に何か足りないものがあって、「このままではまずい」という意識を持っていることだ。「まずい」と思っていれば、「変わろう」というエネルギーが働く。その「変わろう」というエネルギーが推進力となって、自己の成長につながっていく。
 つまり不安感が人を成長させるのだ。
(pp.97)
ここも自分の意見とまったく同じだと思った。自分自身では、『不安はレベルアップの兆候だ』と認識している。今まで不安になることが多かったけど、それを乗り越えるたびに成長してきたような気もする。

また、時間管理に関しても結構新鮮な意見が多かった。例えば、物事の優先順位を決めるときには、時間管理のマトリックスというもの当てはめればよいというものなど。これは、縦軸に物事の重要度をとり、横軸に緊急度をとるというもの。そして上と左がそれぞれ重要度と緊急度が高いもので、右と下が低いものにするというもの。そして左上から1番、右上が2番、左下が3番、右下が4番という優先度をつけるとうまくいくという主張。これは結構使えそうだと思った。

あと、時間管理を1日24時間単位で考えるのではなく、1週間168時間単位で考えたほうがスムーズにいくという考えもなるほどと思った。

さらっと読める割にかなりためになったと思う。

読むべき人:
  • 無駄な努力をしたくない人
  • コンサルタント的な仕事をしている人
  • 稼ぎたい人
Amazon.co.jpで『秋山ゆかり』の他の本を見る



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星