November 01, 2006

標準JSP/サーブレット教科書


標準JSP/サーブレット教科書

キーワード:
 片山幸雄、JSP、サーブレット、サーバサイドプログラミング、Java、教科書
JSPとサーブレットについて書かれた技術書。以下のような内容となっている。
  1. World Wide Webのためのプログラム
  2. JavaとJSP
  3. Web関連規格への対応
  4. サーブレットとセッション管理
  5. サンプルプログラムを作る
  6. データベースを利用する
6部構成で、合計15章からなる。第一部ではよく利用されるHTMLフォームについて解説されている。

2部ではJSPの基本文法やアクションタグやJSPを使用したサンプルプログラムなどが載っている。

3部では、ヘッダ情報やクッキー、JavaBeans、グラフィックスの利用方法などが解説されている。

4部ではサーブレットの基本的な使い方、セッションの使い方、カスタムタグについて。

5部では、掲示板のサンプルプログラムと、メールライブラリを利用したWebメーラーのサンプルプログラムが紹介されている。

6部では、DBとしてMySQLを使うためにJDBCの使い方が解説されている。また、応用プログラムとして、ショッピングサイトのサンプルプログラムが紹介されている。

教科書とタイトルについているだけあって、一通りサーバサイドプログラムで必要なことが網羅されている。かといって、教科書と名乗れるほどのものかは微妙だが。

図が少なく、解説が分かりにくいところがある。また、JSPを先に説明しているので、サーブレットとの関係が少し分かりにくい。

あと、JSP内で処理内容を詰め込みすぎているのではないかと思えるようなサンプルプログラムがいくつかある。これは、JSP的にそのように書いたほうが都合がよいからだろうけど。

また、初版が2006年10月1日と最近出版されたようだ。それだけに、いくつかプログラムのミスや本文中の記述ミスと思われる部分がある。そこは、技術本としては信頼性を損なう要因だと思う。

付録に以下のソフトウェアのインストール方法が載っている。
  1. JDK5.0
  2. Tomcat
  3. JavaMail
  4. Apache James
  5. JAF(JavaBeans Activation Framework)
  6. MySQL
  7. JDBCドライバ
このような付録が載っているのは結構重要だと思う。

初めてJSPやサーブレットを本格的に学習したけど、PHPと結構違うところが多いなと思った。今までPHP、MySQL、SmartyというMVCモデルで開発したことがあった。JSPやサーブレットを利用したMVCモデルも示されているが、PHP、Smartyを利用したMVCモデルほど厳密にViewとModelとControllerが分かれていない印象を受ける。JSPに結構処理部分が多く書かれていて、HTMLタグ部分との関連がいまいち分かりにくいような気がする。Smartyというテンプレートエンジンがあれば、結構厳密にViewとその他を分けられるのだが。まぁ、あとは書き方の問題だろう。

ググってみると、Javaにもいろいろテンプレートエンジンがあるようだ。

それなりによい本だったような気もする。入門書過ぎてもダメで、かといって専門的過ぎる内容でもダメだという人にはよいかもしれない。

読むべき人:
  • Javaの基本文法は理解している人
  • Javaでサーバサイドプログラミングをしたい人
  • ショッピングサイトなどを作ってみたい人
Amazon.co.jpで『片山幸雄』の他の本を見る



トラックバックURL

トラックバック一覧

サーブレット&JSPによるWebアプリケーション開発―Javaサーバーサイドプログラミング入門 (Ascii books) これはよい!気になる情報が満??.

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星