December 02, 2006

なぜあの人は落ち込まないのか


なぜあの人は落ち込まないのか―自分を強くする61の具体例

キーワード:
 中谷彰宏、落ち込む、バランス、精神力、経験談
中谷彰宏氏の著作。落ち込んでいるときに、どのように対処していくかということが著者の経験などから示されている。結構線を引く部分が多く、その部分をいくつか抜粋しておく。
落ち込まない方法は、「自分が悩んでいることは、たいしたことはない」と考えるようにして、自分の中に他人の目を持つことです。
(pp.58)
自分の落ち込みの原因を分析するには、客観的になる必要があるようだ。そこから解決策を見つけるとよいらしい。
 一番つらかったことと比較してみて、初めてそのことが本当につらいかどうかがわかります。
 (中略)
 本当にドン底の落ち込みを経験している人は、それから先はラクに生きていけるでしょう。
(pp.136-137)
この部分は、あぁ、そう考えればよいのかと思って気が楽になった。少し前は本当にドン底だと思えるような状態だったので、これからは多少辛いことでもなんとかやっていけるよなという自信がついたような気がする。

他にもストレスをどう対処するかといったことや、落ち込んでいるときは明るいふりをすることが重要だというようなことが示されている。また、ゴルフやボーリングなどのスポーツの例が示されていてわかりやすい。これも著者独特の文体で、そう簡単にまねできないようなものだと思う。

中谷氏の本は、理屈で分かるというよりも、感覚的に分かるというような感じがする。また、とてもやる気がわいてくる。もう何冊も読んだ。それでも全体の数パーセントに過ぎない。それほど著作が多い。

読むべき人:
  • 落ち込んでいる人
  • 元気を出したい人
  • 精神的にタフになりたい人
Amazon.co.jpで『中谷彰宏』の他の本を見る



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星