December 03, 2006

レバレッジ・リーディング


レバレッジ・リーディング

キーワード:
 本田直之、読書、ビジネス書、投資、多読術、レバレッジ
ビジネスで成功するためには、読書こそが最高の投資対象であり、多く読めばよいという主張の本。うーん、とても線を引く部分が多く、どこを紹介すればよいか迷う。自分が漠然と思っていたことがすっきりまとめられている。

4章構成になっていて、最初の章で、ビジネスで成功するには大量にビジネス書を読むことが重要であると主張されている。2章では本の選び方でアマゾンを利用したり書店に行って選ぶときの注意点などが示されている。3章では、一日一冊ビジネス書を読むためには全て読む必要はなく、16%だけ把握すればOKと示されている。最後の章では、読んで終わりにするのではなく、本の重要な部分を自分で抜き出したメモを作り、それを常に見返すことでビジネス書に書いてあることを習得できるという内容。どれもなるほどと思うことが多かった。

世の中にはいろいろな読書論の本があるけれど、この本のようにビジネスで成功するという分野に絞ったものは今までなかった。その証拠に、読書は自分が成功するための投資活動と捉えるべきだとある。つまり、一冊1500円の本が将来的に100倍の15万円の価値を生み出しますよという考え。他の株などの投資なら損をすることが多いが、読書は勝つほうが圧倒的に多いようだ。そして、これこそが最強の投資であると示されている。

タイトルにあるレバレッジというのはてこの原理の「てこ」のことらしい。つまり少ない労力で大きな成果を生み出すことができるようになるには、先人の智恵である書籍を読んでそれを実践することだとある。これもなるほどと思った。

また、読書をすることで一流になれるということが示されている。その部分を抜粋。
練習をしない一流のプロスポーツ選手が存在しないように、読書をしない一流のビジネスパーソンもまた存在しないのです。
(pp.30)
これは、ビジネスパーソンにとっては、読書こそが本番前の練習に当たるということであり、これを実践していないということは練習しないでいきなり試合をするスポーツ選手のようなものだとある。なるほどと思った。また、一流の経営者や成功する人はみな例外なくかなりの読書家らしい。以下その部分を引用。
もちろん、「一流の経営者になったから本を読む」のではありません。彼らは無名の時代から本を読んできたからこそ成功できたのであり、そして、現在も読書を続けることで、一流であり続けているのです。
(pp.44)
ここもなるほどと思った。

後は読むためには、読む前に目的を持って読むこと、読書時間を事前に設定すること、習慣的に読書をするようにすること、線を引いたりページを折ったりしてぼろぼろになるまで使いこなすこと、読む価値のない本はすぐに捨てることといったことが示されている。これらは、いろいろな読書論にも書かれているようなことだった。

また、読んだ後に要点をメモしたものを持ち歩き、時間が空いたときに見返すことで読書後のフォローができ、これが重要だとある。書かれていることを実践できるまで何度も読み返すことが重要なようだ。ここは自分が弱い部分なので、少しは意識しよう。ある意味、このブログがその役割を果たしているようなものだけど。

今までいろいろな読書論の本を読んだけど、ビジネスに特化した読書論は結構新鮮だった。他の読書論は、小説などを対象とした教養のための読書などがあるが、これらは鑑賞を目的としているので、かなりスローリーディング的なものだった。しかし、この本のようにビジネスを目的とした場合は、効率重視でいかに多く読むかということに主眼を置かれている。目的によってこうも違うものかと思った。では、どっちを優先して読んでいくかといわれると、かなり悩むところで・・・。

このブログで書評した本の数は、この本を含めて118冊になる。一冊1500円のものが、15万円になるということは、単純計算で1700万円ほどのリターンになるようだ。それはいつになるかは分からないけど。自分が成功者になれば、これは証明されることになる。

かなり良書だと思った。成功者になりたい人はぜひ読もう。

読むべき人:
  • ビジネスで成功したい人
  • 金持ちになりたい人
  • 投資で勝ちたい人
Amazon.co.jpで『本田直之』の他の本を見る



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 本田直之「レバレッジリーディング」  [ システムエンジニアの晴耕雨読 ]   December 03, 2006 22:38

ファイナンシャルアカデミーから新刊のキャンペーンの紹介がきました。本田直之さんの新刊「レバレッジリーディング  100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ」前作の「パーソナルブランディング」は名前だけ知っていますが読んでいませんでしたが、今回の本...

2. 「レバレッジ・リーディング」本田直之  [ マインドマップ的読書感想文 ]   December 06, 2006 07:27

レバレッジ・リーディング いつも応援ありがとうございます! 【はじめに】 ◆おはようございます。 昨夜はまたもやライブドアブログが不調で、コメントがひと苦労だったsmoothデス(汗)。

3. 『レバレッジ・リーディング』  [ 「ビジネス・ブック・マラソン」 バックナンバーズ ]   December 08, 2006 11:52

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492042695 本日の一冊は、上場企業バックスグループの取締役顧問であり、同 時に資産家やベンチャー企業経営者にアドバイスを行うコンサルタ ント、本田直之さんによる、注目の読書ノウハウ。 年400冊のビジネス書を読みこなし...

4. レバレッジ・リーディング /本田 直之  [ 書評ぽーたる ]   December 08, 2006 23:47

内容(「BOOK」データベースより) なぜ「速読」より「多読」なのか?訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法。 この本のおすすめ書評@ブログ 内容要約・本紹介・感想 マインドマップ的読書....

5. レバレッジ・リーディング 本田直之(著)  [ 創造マラソン ]   December 09, 2006 09:12

てこ読み レバレッジ・リーディング本田 直之 東洋経済新報社 2006-12-01売り上げランキング : 87Amazonで詳しく見る by G-Tools 吸収し、実践するための読書術 レバレッジ・リーディング。...

6. 「レバレッジ・リーディング」本田直之 その3  [ 成功者になるための!!オンライン図書館 ]   December 24, 2006 07:34

トラックバック失礼します。ビジネス書を使いこなす方法を紹介する本「レバレッジ・リーディング」本田直之著について記事に書きました。よろしければ遊びに来て

7. レバレッジ・リーディング@本田直之  [ フォトリーディング@Luckyになる読書道 ]   May 16, 2007 06:34

「速読より多読」を標榜する本書。読んでいくうちにツッコミを入れたくなりました。「本田さん、実はフォトリーやってない?」

8. FX初心者のための用語 レバレッジとスワップとは何?  [ FX初心者の必勝法とは!?FX初心者の比較入門 ]   August 19, 2007 14:08

FX初心者のためのFX用語-レバレッジその1 FXでよく使われる用語に『レバレッ...

コメント一覧

1. Posted by モモンガ   December 03, 2006 22:41

5 はじめまして。
TBありがとうございました。

本ほど安いものはない、ということと、
読書の習慣こそ貴重、ということを再認識しました。

2. Posted by 涼微   December 08, 2006 23:51

こんばんは!
内容が面白かったので、無名ブログながら記事掲載させていただきますm(__)m
なお、ご不明な点がございましたらTOPページの前書きへどうぞ。

3. Posted by ミツヤ   July 26, 2009 17:19

5 Masterさん、はじめまして。

私もこの本を読みました。
レバレッジメモはいいですね。
あと「読書は安価な自己投資」だなと
痛感しました。

それにしてもMasterさんは
色んな本をたくさん読まれてますね。

あと定量分析はすごいですね。
私ももう少し貯まったら、分析してみます。

よろしければ相互リンクをお願いします。
(私はリンクしておきました)

4. Posted by Master@ブログの中の人   July 26, 2009 18:18

>>ミツヤさん

コメントありがとうございます!!

自分にとっては、このブログがレバレッジメモの変わりかなと思ってやっております。

相互リンク、了解いたしました!!

5. Posted by ミツヤ   July 29, 2009 11:17

5 Masterさん、相互リンクありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星