January 16, 2007

通勤電車で寝てはいけない!


通勤電車で寝てはいけない!―通勤電車と成功の不思議な法則

キーワード:
 久恒啓一、時間、電車、読書、継続、人生設計
ビジネスマン経験のある大学教授である著者が、通勤電車の移動時間をうまく利用して成功しましょうという本。まず、通勤時間をコストと考えるのではなく、有効な資源である捉えている。そこから、忙しい合間にこの朝夜の時間をいかにうまく利用するかどうかで人生の充実度が変ってきますよと主張されている。

特に通勤時間にするとよいこととして、読書、一日の仕事の段取りを確認する、手帳を見てスケジュールを確認するということが示されている。また著者は通勤時間に読書をするために、あえて出勤場所から遠いところに家を買ってこれを実践しているようだ。

また、通勤時間に限らず、朝起きてから出勤するまでの時間を勉強するなど有効に使うべきだと主張されている。何よりも、早い段階から自分の人生の目標を考えてそれに向かってうまく時間を使うことが重要だということが示されていた。

また、時間に限らず、何かを学んだり目標を達成するには継続することが重要であると主張されていて、著者はブログを継続して書いているようだ。ブログに関してなるほどというか、共感できる部分があったので以下に抜粋。
 ブログは、あくまで「自己満足」「自己啓発」のためのツールとして活用すべきだ。誰かのために続けるのではなく、自分のためにブログを書いているという気持ちが大切である。それによって自分の気持ちや考えは明確になっていき、より深いものになっていく。
(pp.127-128)
これはその通りだなと思った。そんなわけで、この読書ブログも自分のために続けていく。

なんとなく仕事の帰りに寄った本屋でタイトルに惹かれて読んでみた。帰りの電車で結構速めに読んだので、90分ほどで読めた。何も難しくはないし気軽に読めて時間の大切さが分かった。

速読すれば通勤電車の中で一日一冊は無理でもなさそうだな。ビジネス書や自己啓発本が一番読みやすいし、読み続けることで自分にもよい影響が出そうだ。

毎日行き帰りで合計2時間は電車に乗っていることになるから、これを機にもっと意識して時間を有効に使おうと思った。

読むべき人:
  • 通勤時間が長い人
  • 電車内ですることがない人
  • 時間の考え方を変えたい人
Amazon.co.jpで『久恒啓一』の他の本を見る



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星