February 14, 2007

作家の読書道


作家の読書道

キーワード:
 WEB本の雑誌、作家、読書遍歴、オムニバス、インタビュー
WEB本の雑誌というホームページの『作家の読書道』というインタビュー記事が書籍になったもの。さまざまな小説家にどのような本を読んできたのかといったことを質問している。基本的に、本の内容は全てホームページで見れる。以下に気になった作家を列挙。
  • 綿矢りさ
  • 石田衣良
  • 北方謙三
  • 長嶋有
  • 垣根涼介
  • 村山由佳
インタビューでは、小説の書き方やどんな本を読んできたのか、またよく行く本屋はどこかといった内容。それらのどれもがなるほどなぁと思うような回答が多い。登場する作家はミステリ、純文学、歴史、エンタメなどいろいろ得意ジャンルがあるが、読んできた本が全然違ったりしているんだなと思った。また、読んできたような本を書いているという印象が強かった。ミステリ好きな人はアガサクリスティなどのミステリものばかり読んできたとかあった。

やはり小説家になる人はみな例外なく小学生ごろから無意識のうちにかなりの量の作品を読んできているんだと思った。いつまでに何を読んでいたのかが分かって面白かった。また、各作家が影響受けた作品なども紹介されているのでそこもとても参考になる。

このようなインタビュー記事はその人の人生までわかって面白いなと思った。本屋の片隅にあったのをなんとなく手にとって見て買った。掘り出し物のような気がした。また、ホームページ上にあるこの書籍に載っていない作家のインタビューもチェックしようと思った。

読むべき人:
  • 作家が何を考えているか知りたい人
  • 小説が好きな人
  • 読みたい小説を探している人



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 作家の読書道  [ 個人的読書 ]   February 18, 2007 00:48

WEB本の雑誌 作家の読書道  「作家の読書道」 Web本の雑誌・編 本の雑誌社・出版  『作家の方々って、どんな本を読んできたのだろう?』  本好きの人にとっては、光り輝く作家のみなさん。 その作家のみなさんが、どんな本をどんな風に読んできたのか探

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星