April 21, 2007

格差社会スパイラル


格差社会スパイラル コミュニケーションで二極化する仕事、家族

キーワード:
 山田昌弘、伊藤守、格差、コミュニケーション論、ビジネス、社会学
格差論の第一人者の社会学者とコーチングが専門の経営者の共著。コミュニケーション論を軸に格差論が展開される。

世の中格差が広がっているが、コミュニケーション能力があるかどうかで仕事、家庭、教育においても格差が広がっていきますよという内容。コミュニケーション能力があるというのは、ぺらぺらしゃべれることではなく、人が何を欲しているのかを察知し、真摯に聞いたり適切に質問できることというようにある。この能力があるかどうかで、大きく稼ぐことができるかどうかが決まってしまうようだ。

そして社会で成功するには以下の3つの『C』が必要とある。
  1. 「クリエイティビティ(Creativity)=創造性」
  2. 「コミュニケーション(Communication)=相手の欲求を見抜く」
  3. 「クール(Cool)=美的センス」
社会学者である山田氏が世の中の格差の現状を解説している。例えば、正社員よりフリーターのほうがパソコン能力が劣るということや、グローバル化による情報が瞬時に流れる経済システムであるニューエコノミー時代において、単純労働者は使い捨てにならざるを得ないということなど。これらが統計情報とともに示されている。また、一度フリーターになるとそこから抜け出すことは難しく、再チャレンジが難しい社会であり、そのようなフリーターは単純労働を誇大妄想的な夢によって耐えている現状があるとある。厳しい世の中だなと思った。

一方、コーチングが専門である伊藤氏は組織内においてのコミュニケーションのあり方などを論じている。例えばコミュニケーションにおいてはフィードバックが重要であるとあったり、上司は部下に対して質問するときにYESと強要することはするべきではないとある。経営者らしい視点だと思った。

それぞれ別の視点から論じられていて参考になる部分もあるが、逆になぜ共著にしたのだろうかと思わないでもない。なんというか、各章ごとに著者が変わっているので、全体的に内容の流れが悪い気がする。

読むべき人:
  • コミュニケーションについて知りたい人
  • 格差論に興味ががる人
  • 下流になりたくない人
Amazon.co.jpで『山田昌弘』の他の書籍を見る
Amazon.co.jpで『伊藤守』の他の書籍を見る



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『格差社会スパイラル』 山田昌弘・伊藤守・共著  [ あっかんべぇ ]   April 21, 2007 14:55

 アマゾンのサイトを見ていて、アマゾンのサイトからの情報だけで、購入しました。  実物が届いて、ぱらぱらとページをめくったところ、「これはあんまり面白そうにないなぁ……」と思ってしまいました。書店で実物を見ていたら、買わなかったかもしれません。  『希望格...

2. 格差社会ニッポンで働くということ←本のタイトル  [ 期間工から資格取得、社労士開業 ]   July 26, 2007 02:39

格差社会ニッポンで働くということ熊沢誠・著岩波書店・刊大枚1900円をはたいて衝動買いした本だったが、実にいい本だった。私自身、これまで様々な仕事に就いてきて、そのどれもがうまくいかなかったわけだが、もっと楽にサラリーマンをやれる国がヨーロッ...

コメント一覧

1. Posted by LuckyUS@フォトリーダー   May 24, 2007 10:21

こんにちは。
私も格差社会系やコーチング本はよく読みますので
おじゃましました。

コミュニケーション能力についての本だと推測しました。
社会とのコミュニケーションについてを山田さん、
組織内でのコミュニケーションについて伊藤さん、
という割り振りなのでしょうか?
気にはなるけど購入には踏み切れないです。

2. Posted by 師匠   May 24, 2007 20:47

コメントどうもありがとうございます。

>>社会とのコミュニケーションについてを山田さん、
>>組織内でのコミュニケーションについて伊藤さん、

ご指摘のとおりです。ただ、山田さんのほうは格差社会の現状を統計データから示している部分が多く、かならずしもコミュニケーション全般について示しているというわけではありません。『希望格差社会』で示されている内容が多いです。

また伊藤さんのほうは、どちらかというと経験則的な視点から組織内でのコミュニケーションが示されており、統計データなどは特にありません。

正直に申せば、個人的に購入してまでまで読む価値はあるかといわれると、そうではない気がしました。

以上参考になれば幸いです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星