April 26, 2007

「悩み」の正体


「悩み」の正体

キーワード:
 香山リカ、悩み、精神科、瑣末、対処法
精神科医による悩みの対処法本。昨今では、些細なことでも悩みの種になり、本質的な本当に悩まなくてはならないことに悩みにくい社会になっているという内容。以下のような章になっている。
  1. 嫌われるのがこわい―人間関係編
  2. 無駄が許せない―仕事・経済編
  3. このままで幸せなのだろうか―恋愛・結婚・子育て編
  4. 老いたくない、きれいでいたい―身体・健康編
  5. いつも不安が消えない―こころ編
  6. まじめに生きてきたのに―社会・人生編
どれも大雑把に言えば、自分が悩む原因を自分のうちにだけに求めずに、社会が悪い部分もあるのではないかと考え直すことが重要だとある。例えば家庭内暴力に苦しむ人が自分が悪いのではないかと思っているのなら、その人が悪いのではなく暴力者が悪いのであって、警察や相談所に相談することでその悩みを解決できるといった感じ。他にも自分に自信がもてないという状況に関しては、自分が悪いのではなく自信がないと思わせる社会が悪いと思ってもいいのではないかと問いかける。

世の中の社会事象を反映するように、著者のもとにカウンセリングを受けに来る人が多くいるのだなと思った。どれも確実な解決策が示されているわけではないけど、読んでみると結構気が楽になる部分が多い。特に自分が印象に残った部分は、前向きになれないという悩みに対する考え方。以下に抜粋。
病やけが、憂鬱や挫折、シワや白髪などの老いは、誰にとってもできれば避けたいものであることはたしかだ。とはいえ、それは人間の生活から完璧には取り除けないものであると同時に、取り除かれなければならないものでもないはずだ。もっと言えば、苦しみや悲しみこそ人生の醍醐味なのだ、とその訪れを半ば歓迎することもあっていいはずなのだ。
(pp.136-137)
このように泰然と構えられるのならいいが、辛いものは辛い。思い込むことが重要なのだろうが。

どうでもいいが、岩波新書はまだ未レビューだった。意外だった。

読むべき人:
  • 苦悩する人
  • 生きにくいと思っている人
  • 考え方を変えたい人
Amazon.co.jpで『香山リカ』の他の本を見る



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「悩み」の正体:に悩んでる?  [ はてさてブックログ ]   June 07, 2008 11:16

わかったらいいなぁ、と題名を見て思ったので読んでみました。 「『悩み』の正体」...

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星