May 14, 2007

何のために働くのか


何のために働くのか

キーワード:
 北尾吉孝、精神論、古典、人生論、天命
SBIホールディングCEOの著書。働く理由が中国の古典を引用しながら述べられている。
  1. 人間は仕事の中で成長する
  2. 古典が教えてくれたこと
  3. あえて艱難辛苦の道を行く
  4. 誰でも仕事の達人になれる
  5. 天命をまっとうして生きる
精神論がメイン。著者のビジネス経験と論語などの中国古典から得られる見識が語られている。

著者の説く働くことを簡単に言ってしまえば、私利私欲にとらわれるのではなく、世のため人のために寝食を忘れるほど必死になって働き、努力をしていけば、天命としての仕事ができ、意義のある人生を送れますよという内容。

若い人のために書いたとあるが、若い人がこれを読んで感銘を受ける人がどれほどいるのだろうかと思う。どちらかというと、年配者のほうが納得して読むのではないかと思う。仏教的な考え方で、ある程度人生経験を経てみないとここに書かれていることが体感できないのではないかと思う。書いてあることはまっとうだが、やたらと運、縁、天命、使命などと書かれていると、人生論のようにも思え、根拠が薄く感じられる。それは仕方のないことなのか。ある程度の年を重ねた経営者はみなこのような境地に至るのだろうか。自分はまだ先だけど。どうしても目先の我欲のほうに目が行ってしまう。かといって、早くにそれを捨てるのも不健全だとも思う。自分はただ金持ちになりたい。天命や使命などは後になってから考えればいい。それでも使命感のようなものも得られたらいいなとは思うが。

以下に印象的だった部分を抜粋。
 ピンチがやってきたら、それをありがたいと思えばいいのです。「天が我に艱難辛苦を与え給うた」と喜ぶくらい、積極的にそれを取り込んで、必死になって乗り越えようとするところに人間の成長があるのです。
(pp.232)
いろいろな人がこのように考えているので、この考え方はきっと正しいのだろう。そうやって思い込むしかないのか。

大局的な視点で書かれているので、即物的なものを求める人には合わないかもしれない。個人的には、著者の学生時代から入社後の話などが面白いと思い、また参考になった。

読むべき人:
  • 精神論が好きな人
  • 古典が好きな人
  • 天命を全うしたい人
Amazon.co.jpで『北尾吉孝』の他の本を見る



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 何のために働くのか  [ 活かす読書 ]   July 06, 2007 11:17

何のために働くのか北尾 吉孝 (2007/03)致知出版社この商品の詳細を見る満足度★★★ライブドアのニッポン放送買収で、フジテレビ側のホワイトナイトとして登場し、世間でもよく知られるようになった北尾さん。野村證券かむgleC

コメント一覧

1. Posted by ikadoku   July 06, 2007 11:11

こんにちは。
「何のために働くのか」読みました。
本書を読むと、私が北尾さんに持っていた
押しの強い豪腕経営者というイメージと
少し違っていました。いろいろと勉強になります。
TBさせていただきます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星