July 08, 2007

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?


2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

キーワード:
 ひろゆき(西村博之)、2ちゃんねる、インターネット論、メディア論、プログラマー
2ちゃんねるの管理人、ひろゆき氏のインターネット論。口頭記述なので、実際にひろゆき氏が書いているのはあとがき部分のみ。それでも全体的に興味を持って読めた。以下のよう内容となっている。
  1. まずは結論
  2. ITのウソ
  3. 明るい未来への誤解を解く
  4. [対談]佐々木俊尚×ひろゆき
  5. 間違いだらけの法律
  6. メディアと2ちゃんねる
  7. [対談]小飼弾×ひろゆき
いきなり潰れない結論が載っており、それによれば、金銭的な問題、社会的な問題、法的な問題が原因として考えられるが、今のところありえるのは広告収入減により維持ができなくなるということだが、利用者数がそこまで大きく変動があるわけではないので潰れないと。そして全編を通して、2ちゃんねるがたとえなくなったとしても、似たようなシステムを誰かが作って同じようなものがまた出現すると主張されている。そりゃそうだと思う。需要と供給がしっかり一致しているから利用者数が減ることもないだろうし。

2ちゃんに特化した章は1章だけで、他はインターネット論が展開されている。GoogleやYouTube、セカンドライフ、mixi、マイクロソフトなどIT企業のビジネスモデルや特性がひろゆき氏独自の観点から解説されている。特に昨今話題のWeb2.0という抽象的な概念はひろゆき氏に言わせれば今までの技術的なものと何も変わったことがなく、みなその言葉になんとなく惹きつけられて使っているに過ぎないと。確かにそういう部分があるかなと思う。

YouTubeがGoogleに買収された経緯の解説や、ニコニコ動画ができるまでの解説などもとても参考になった。また、インターネットの明るい未来など何もなく、昔からある技術を見せ方を変えて売っているだけで、何も新しいものが出てきたわけではないという悲観的ともとれる現実的な主張もなるほどなと思った。

法律に関する部分は、現行の日本の法律の矛盾点やよいところ悪いところを自身の訴訟問題に関して述べられている。特に著作権やWinny問題など考えさせられる。

ひろゆき氏は2ちゃんねるの管理人でやたらに訴訟を起こされており、悪いイメージが付きまとうが、ひろゆき氏のブログなどを見ていてもけっこう素朴で現実的な考え方がしっかり根付いているなと思う。何もひろゆき氏が逮捕されるような悪行をしているわけではないので、この本を読むと結構印象が変わると思う。何よりも、ひろゆき氏はプログラマーなんだなということを意識させられた。技術的なことに関してもかなり詳しいので、インターネット論は興味を持って読めた。

また、人気アルファブロガーの小飼弾氏との対談も面白かった。ここはプログラマー同士の対談なので、正直技術的に疎い人にはついていけないような濃い話だと思う。自分もプログラマーの端くれとして読んだけど、ちょっとついていけない部分もあり・・・・。例えば、2ちゃんはPerlで作られていたり、ニコニコ動画はPHPで作られていたり、データベースのスケールアウトの問題だったり、ハードウェアの話だったり、経営の話だったり多岐にわたる。そのため、ひろゆき氏がどうしても分からないときはぐぐってくれと言っていた(笑)。

自分はなんだかんだ言って、2ちゃんねる利用歴がもう7年くらいになる。確か2000年くらいから利用し始めている。VIP板のような濃い板などを新規開拓することはあまりせずに、定期的に同じ板、スレを見ているだけ。たまに書き込む程度。2ちゃんの何がよいかというと、書き込まれる内容の情報は玉石混合だけど、たまに本当にダイヤモンドが紛れていることがある。そういう情報を手に入れたときほどの価値といったら計り知れない。それは人によってはかなり違うが。例えば、自分は就職活動時にはかなり就職活動板の情報が参考になったし、何か新しい本を新規開拓しようと思ったら、一般書籍板や本紹介スレを見たりしてクチコミ的に利用しているし、何かの分野について詳しくなりたいと思ったら必ず誰かがまとめサイトのようなものも作ってくれているのでそれを参考にしている。他にも自分と同じ特性を持つ人と情報共有できるのも利点だと思う。これらはやはり普通に日常生活を送っていたら絶対に手に入らない情報だったと思う。それらをうまく有効利用できるので、自分としては2ちゃんねる肯定派で、月数百円を払ってでも利用したいと思う。

いろんな分野の情報や知識を溜め込む癖のあるタイプ5の自分にとっては2ちゃんねるはなくてはならないもので、その本質が分かってよかった。ひろゆき氏は鋭い視点の持ち主だなと思った。

読むべき人:
  • 2ちゃんねるについて知りたい人
  • 現実的なインターネット論が読みたい人
  • プログラマーの人
Amazon.co.jpで『西村博之』の他の本を見る



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星