October 21, 2007

3週間完全マスター ソフトウェア開発技術者 2007年版


3週間完全マスター ソフトウェア開発技術者 2007年版

キーワード:
 ITアシスト、ソフ開、参考書、3週間、午前・午後対応
情報処理技術者試験、ソフトウェア開発技術者の参考書。今日がその秋季の試験日であり、これを勉強して挑んだ。ということで、この記事は書評というより、記念記事みたいなもので。内容は以下のようになっている。

第1週 コンピュータシステムの基本理論
 1日目 コンピュータ科学基礎(情報の基礎理論)
 2日目 データ構造とアルゴリズム(データ構造、探索など)
 3日目 データ構造とアルゴリズム(整列、データ操作)
 4日目 コンピュータシステム(ハードウェア)
 5日目 コンピュータシステム(基本ソフトウェア)
 6日目 コンピュータシステム(システム構成/性能評価)
 7日目 システムの信頼性/システム応用

第2週 コンピュータシステムの設計・開発・運用
 8日目 システムの開発と運用(プログラム言語、システム開発手法とプロセ
スモデル)
 9日目 システムの開発と運用(要求分析と設計技法)
 10日目 システムの開発と運用(システム設計、テスト技法)
 11日目 システムの開発と運用(システムの移行と運用、プロジェクト管理)
 12日目 オブジェクト指向分析と設計
 13日目 ネットワーク(データ伝送・OSI・TCP/IP)
 14日目 ネットワーク(LANのプロトコル・WAN)

第3週 コンピュータシステムの応用技術
 15日目 データベース(関係データベースの基礎)
 16日目 データベース(SQLとデータベース設計)
 17日目 データベース(午後/午後玉簑蠅留藹)
 18日目 セキュリティ(暗号化と電子署名)
 19日目 セキュリティ(認証、不正アクセス/ウイルス対策)
 20日目 午後橘簑蠅留藹
 21日目 午後玉簑蠅留藹

この参考書のコンセプトは、試験で必要部分のみを絞込み、効率よく学習することで、3週間でマスターしようというもの。章ごとに必要項目の用語説明などがあり、その後午前問題の過去問、解説、午後問題の過去問、解説という流れになっている。

まぁ、この参考書一本で無謀にもソフ開を受けたが、この本で取り上げられている項目はほぼ試験内容をカバーしていたように思う。午前問題などは15問近くこの本に載っている過去問が出題された。自信を持って解けなかったけど・・・・・。

なので、この参考書を最低2回は繰り返してしっかりやれば合格できそうだなと思った。しかし、自分の場合はじっくりとやるというよりも苦手な分野のみをやっていくというスタンスだったので、どう考えても勉強時間が足りず・・・。合格は無理そうだなぁ・・・。

ただ、あまりよろしくない部分は、用語解説やその章のトピックで必要な知識の説明がかなり省略されているように思われる。なんというか、参考書と過去問題集の中間的なもので、基礎知識は他のもので習得した後、確認のために一通り学習するという使い方がよいと思う。なので、基礎的な部分をじっくり学びたい人には向いていないと思われる。

また、午前問題、午後問題と章が分かれていないので、別々に学習したい人はこれじゃないほうがいいかも。さらに、純粋に過去問題集が欲しい人も。

あと、この参考書はかなりごつくて重い・・・。ページ数が600ページを超えるので。

日数が書いてあるので、学習計画を立てやすいというメリットは大きい。けれど、学習計画をストイックにコミットできる人はいいけど、自分のようにできない人には試験3週間前からやらないほうがいい。

試験結果は12月ごろ。受かっていたらいいなぁという程度。さすがに来年春には合格したいが。

読むべき人:
  • 3週間でソフ開をマスターしたい人
  • 出題範囲を一通り確認したい人
  • ガッツり勉強したい人
Amazon.co.jpで『ソフトウェア開発技術者』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ★   October 26, 2007 05:13

自分もこの本持ってます。
…ちょっとしか使ってないですけど。

たしかに省略されてる感はありましたね。

2. Posted by 師匠   October 26, 2007 09:18

コメントどうもです。

この本は買っただけで満足できてしまうから困る。実際にみっちりやらないと意味がないなぁと反省している。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星