October 28, 2007

ボウリング場が、学校だった。


ボウリング場が、学校だった。

キーワード:
 中谷彰宏、ボウリング、学校、精神論、仕事論
多数著作がある著者による、ボウリング論。ボウリングの話だけではなく、ボウリングの本質には仕事と通じるものが多くあると示されている。この著者が好きで、また最近自分はボウリングを本格的に始めたので、この本は即買いだった。

章がたくさんあるので、気になった章のみを抜粋。
  • 技術より、心理解説が盛り上がる。
  • 映画の中のボウリングは、田舎の素朴な人の象徴。
  • 仕事より、ストレスがかかる。
  • 結果は必ずついてくる。ただし、少し遅れて。
  • ボウリング場でデートすると、男の度量がわかる。
  • その人の性格が、はっきり出る。
  • いい空気をつくれる人が、上達する。
  • マイボールは、うまくなる前から、持ったほうがうまくなる。
  • うまくなるほど、むずかしい。
著者は多数の著作がある文筆家である一方、ボウリングのプロに弟子入りしながらボウリングを長く続けてこられたようだ。テレビでボウリング解説者としても活躍されているようだ。上記に列挙した章から、著者がボウリングをどう考えているのかがわかると思う。どれも面白い考え方だなぁと思った。

著者によれば、ボウリングは仕事のときよりも激しいストレスがかかるので、ボウリングを続けている人は「ドM」以外に何物でもないと。これはなんとなくわかる気がする(笑)。特に一人でストイックに投げまくっていると、自分ではストライクボウルだと思ったものが、1ピンだけ残ったりするのが続くと激しいストレスになる・・・。

また、ボウリングは、その人が内に抑えているものがすべて出てしまうスポーツだと。相手が自分よりもうまいと嫉妬したり、素直によろこべなかったり、ミスばかりだとイライラが表に出てきたりと・・・。だからボウリングデートはリスキーなので、自分に本当に自信がない限りやらないほうがいいと。さらに、ひとりでボウリングをすれば、自分はこんな人間だということもよくわかるようだ。ボウリングで自己分析ができるようだ。

特になるほどと思った部分を『いい空気をつくれる人が、上達する。』という章から抜粋。
 ボウリングが上達する人、仕事でも趣味でも友達づくりでも、人生において成功していける人は、「あの人とまた一緒に投げたい」「一緒のボックスに入りたい」と思える人です。
(pp.58)
これはその通りだなぁと思った。特に今のプロジェクトでは、そう感じる。場の雰囲気をいかによく作れるかでメンバーの相乗効果が生まれたりする。そういう場だと頑張って働ける気がする。

ボウリングの話が基本だけど、ボウリングがそこまで詳しくない人にも分かりやすい内容となっている。実際に自分もボウリングをやっているので、著者のボウリングの捉え方はとても勉強になるし面白いなぁと思った。また、ボウリングは奥が深いのだなぁと改めて思った。

自分はまだスコア140を出すのが精一杯の初級者なので、頑張ってうまくなりたいと思った。また、ずっとボウリングを続けたいとも思った。

この本を読めば、ボウリングがやりたくなることは間違いない。

読むべき人:
  • これからボウリングを始めようと思う人。
  • ボウリング以外のスポーツや、趣味、仕事でがんばってる人。
  • 子供の頃やっていたことを、やり直したいと思っている人。
    (pp.3)
Amazon.co.jpで『中谷彰宏』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 【新感覚のビジネス書?】「ボウリング場が、学校だった。」中谷彰宏  [ マインドマップ的読書感想文 ]   November 04, 2007 10:40

ボウリング場が、学校だった。 (ベースボール・マガジン社新書 3)ベースボール・マガジン社中谷 彰宏(著)発売日:2007-09amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、お馴染み中谷彰宏さんの新書・・・と言っても、テーマは何とボウリング!...

コメント一覧

1. Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文   October 28, 2007 21:32

師匠さん、こんばんは。
実はワタクシ、前職の勤務地が田町(ボーリング場が2箇所ある)だったため、職場の先輩とボーリング三昧の日々を送っていました(笑)。
この本も書店で見たものの、さすがにボーリングに興味がある人も少ないだろうとスルーしたのですが(汗)。
ちなみに私は、始めた当初は120程度でしたが、最盛期には、調子よければ200は行ってました。
・・・「オサーン」って呼ばないで(汗)。

2. Posted by 師匠   October 28, 2007 22:16

smoothさん、
コメントありがとうございます。

スコア200越えはすごいなぁと思います。ボウリング三昧だったというのもうらやましいです。

この本には93歳の現役ボウラーの人の話も出ていました。『オサーン』だなんてとんでもないです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星