December 06, 2007

ウェブ炎上


ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性

キーワード:
 荻上チキ、Web、炎上、サイバーカスケード、メディア論
ブログが炎上する現象をサイバーカスケードの観点からケース・スタディ的に解説している本。内容は以下のようになっている。
  1. ウェブ炎上とは何か
  2. サイバーカスケードを分析する
  3. ウェブ社会の新たな問題
  4. ウェブ社会はどこへ行く?
これだけでは内容がいまいちわかりにくいので、はじめにの部分を抜粋。
 本書は、インターネット上での集団行動が社会にもたらす影響について考えると同時に、「インターネット上での集団行動がもたらす影響について考える」ための能力を養うことを目的としています。インターネット上で観察される集団行動を分析するための領域横断的なツールを提示し、いくつかのケース・スタディを共有することで、ウェブ上で起こる「炎上」などの諸現象に対する見方や対応の仕方をバージョンアップするためのアイテムになりたいと考えいます。
(pp.9)
こんな感じの内容で、炎上したときの対応策や防止策についてはほどんど触れられていない。この本はちょっと書評するには難しい気がする。内容が難しいのではなく、この本の位置づけというか、価値をどこに見出すかで評価が分かれると思うから。

この本で取り上げられているテーマであるサイバーカスケードとは何かが示されている部分を抜粋。
 サイバースペースにおいて各人が欲望のままに情報を獲得し、議論や対話を行っていった結果、特定の――たいていは極端な――言説パターン、行動パターンに集団として流れていく現象のことを指します。
(pp.35)
これが炎上の現象説明になる。

炎上のケースがたくさん出てきている。mixiや2chでの話題がほとんど。最近ではリアルタイムでテラ豚丼とかケンタッキーゴキブリ騒動(痛いニュース(ノ∀`):「“ゴキブリ揚げた”は事実無根。ありえない」 ケンタッキー広報激怒…元アルバイト少年が保護者、教員同伴で謝罪)とかが炎上している。この本で示されているようなケースとして代表例みたいな炎上っぷり。電凸、炎上対象者晒し、まとめサイトの構築といくところまでいっている感じ。この本を読んで、この炎上っぷりを再確認すると、傍観者的には面白いかもしれない。

3章までほとんどケース・スタディ的な解説で、肝心のではこれからどうなるかの4章が少し弱い気がした。全編を通して冷静にかつ客観的にサイバーカスケードを紐解いており、一概に批判するべきではなく、文脈しだいで有意義な議論に発展しえることもあり、消極的な形でネット上の共通認識が緩やかに築かれることもあると。確かにその通りだと思うが、どうしても、全編のケースの解説がメインで、ではそこからどうなるのかという発展においての立ち位置はWeb2.0っぽいIT技術的な側面なのか、それともメディア論的なものなのか、または社会学的な観点なのかがいまいちぱっとしていない気がした。しかし、炎上に対するケース・スタディとしての冷静な解説は一見の価値はあると思った。特にブログ運営者にとっては。今後はこの本の続編が気になるところだなぁと思った。

また、炎上防止策などを知りたい場合は、日系トレンディネットのブログで自滅する人々(第1回)〜ブログで「祭られる」人々という連載を参考にしたほうがよいと思われる。

あと、著者の運営している人文系ニュースブログ、荻上式っていうのがある。面白そうだからRSSリーダーに登録しておこう。

読むべき人:
  • 炎上とは何かを知りたい人
  • サイバーカスケードについて知りたい人
  • 炎上はよくないことだと思っている人
Amazon.co.jpで『荻上チキ』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ケン○ッキーのゴキブリ騒動  [ ヘボログ,ウェブ炎上-ネット群集の暴走と可能性 ]   December 07, 2007 01:45

これからクリスマスって時にケン○ッキーのバイト君がやってくれたようです。...

2. 「ゴキブリ揚げた」mixi日記は「事実無根」 ケンタッキーに「本人が謝罪」  [ ネット ニュース 今日の気になるトピックス,ウェブ炎上-ネット群集の暴走と可能性 ]   December 07, 2007 08:30

テラ豚丼につづきまたまた騒動。もうそんなにみんなの注目集めたかったってことなんでしょうか。浅はかですよねえ。こんなことでバイト先ふいにしてしまうんですから。(首にはならないだろうけど自給UPは無理でしょう)mixiも大変だ。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071...

コメント一覧

1. Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文   December 07, 2007 10:48

師匠さん、ご無沙汰です。
書かれていることにほぼ同意。
実は発売時に予約して購入したものの、記事としての立ち位置が決まらなくてスルーしてしまいました(汗)。

2. Posted by 師匠   December 07, 2007 23:18

smoothさん

コメントありがとうございます。この本は確かに炎上事例集とその解説としては面白いんですけど、いまいち物足りない感じがしました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星