December 20, 2007

成功者の習慣が身につく「超」心理術

成功者の習慣が身につく「超」心理術
成功者の習慣が身につく「超」心理術

キーワード:
 内藤誼人、心理学、習慣、成功者、自己暗示
心理コンサルタントによる成功のテクニック本。心理学的なデータに基づき、成功者の7割に当てはまるようなテクニックやノウハウが示されている。内容は以下の通り。
  1. 成功者のアタマの中身を徹底的に解剖する!
  2. 成功者のライフスタイルを身につけろ
  3. 知られざる成功者の人物像
  4. 成功のマインドを身につける心理テクニック
  5. なぜか成功してしまう人の行動パターン
怪しい表紙に釣られて騙されたつもりで本屋で買ってみた。内容的にはよい感じで騙された気がする。よかった。

成功者になるには、成功者に見られる共通特徴を真似すればいいという主張。これは自分もそうだよなと思っていた。難しいことは書いてない。実践できるレベルのものが多く示されている。自分が気になった、もしくは実践してみようと思った節を以下に列挙。
  • 「すでに自分は成功者」のつもりで振る舞え
  • 具体的、鮮明なイメージで物事を考える習慣をつけろ
  • 「夢は必ずかなう」ことを、ゆめゆめ疑うな
  • 「自分は世界一!」そのうぬぼれが、成功を約束する
  • 一年目から突っ走れば、勝ちつづけの人生に
  • バンバン前向きなことを言え
  • 人一倍の努力で、成功意識を高める
  • 満足感を味わうために、社交性を磨け
  • やはり学歴はものをいう
  • やはり美人、イケメンが成功する
  • 自分で自分をほめろ
  • 「思い込みパワー」をフル活用しろ
  • 悲観的な考えにブレーキをかけるコツ
  • 明るい友人、明るい情報に染まれ
  • テレビは見るな
ちょっと多すぎるかな・・・・。でも、どれもやってみようと思えるもので、線を激しく引いた部分ばかり。中には慣習にするにはちょと・・・というのもあるけど。どれも心理学的な裏づけがあるようだ。参考文献には英語論文がずらっと並んでいる。

列挙したものを全部詳しく紹介したいほどだけど、そうもいかない。本当にやろうと思ったものは思い込みによって自分を高める方法。自分はすごいと思い込むことで、自分を好きになれば自己評価も高まり、自己評価の高さと成功の度合いは心理学的に比例しているらしい。思い込みには根拠はまったく不要なようだ。

また、自分で自分をほめることは、自分への最高の報酬になるようだ。ネガティブ思考で自己嫌悪ばかりしている人は成功しないらしい。そういう状態に陥らないためにも、自分の欠点が嫌な場合は、見方を変えて欠点が長所にもなることを知るべきだとあった。そして悲観的な考えがわいてきたら、「・・・おっとっと、こういう考えはいけないんだっけ」と思考を停止すればよいらしい。他にも悪いことが頭に浮かんだら、すぐにそれに自分で反論を加えていくとよいらしい。

成功者になるためには、夢を明確にイメージして、情熱を持ち、ポジティブで前向きなことを言って、さらに自分に根拠のない自信を持ち、イケメン高学歴で身長も高く社交的で、ある程度お世辞も言えて、ニワトリよりも早く起き、即断即決で生活リズムを早め、目標を4つ持ち、テレビは見ないで質のよい睡眠をとればいいらしい。できるかなぁ・・・。もちろん著者も示しているように、すべてのテクニックが万人に有効ではないので、自分に合ったものを実践することが重要だあった。

一年目から突っ走ることが重要という項目ははっとさせられた。入社一年目が一番重要な時期で、先頭集団からさらに抜け出して独走状態を作るべきだとある。そして一年目で負けたら二年目にはもう取り返せないとある。これは、『入社3年目までに勝負がつく77の法則』と同じような主張だった。自分はもう二年目に突入しているのだけど、どうだったろうか?と考え込んでしまう。うーむ・・・。

この本は、昨今のビジネス書のトレンドである勉強のテクニック本よりも自分にはしっくり来た。なんといっても、読んでいるだけでやる気が出てくるのがいい。ネガティブ思考で相当病んでいる自分にとっては、思い込みテクニックとかはとても参考になった。もっと前向きに生きられる気がした。根拠のない自信で世界最高の自分を想像しながら。

この本は、自己啓発系の本の中で殿堂入りだな。手元において何度も読み返そう。

読むべき人:
  • 成功者になりたい人
  • 心理学が好きな人
  • ネガティブ思考で生きにくいと思っている人
Amazon.co.jpで『内藤誼人』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星