January 24, 2008

評論家入門―清貧でもいいから物書きになりたい人に


評論家入門―清貧でもいいから物書きになりたい人に

キーワード:
 小谷野敦、評論、評論家、文筆家業、自伝
評論とは何か、文筆家業で生きていくことの困難さが書かれている本。何ヶ月ぶりかに、『評論』カテゴリの更新となる。内容は以下の通り。
  1. 評論とは何か―「学問」との違い
  2. 基本的な事柄とよくある過ち
  3. 評論をどう読むか
  4. 『日本近代文学の起源』を読む
  5. 評論家修行
  6. 論争の愉しみと苦しみ
  7. エッセイストのすすめ、清貧のすすめ
まず、1章の評論とは何かという部分は、単純にとても勉強になった。評論と学術論文は違うらしい。評論にも論証が必要で、学問的なものが8割り、はみ出し部分が2割という比率で構成され、そのはみ出し部分にアカデミズムの世界で言えないことを言うというのが評論の基本姿勢だと示されていた。

本書の中盤は、著者の独自視点による他の研究者や評論家の著作をダメだししたりしている。扱われている対象は、自分がまったく読んだことのないものばかり。例えば、『風土』、『文明の生態士観』、『「甘え」の構造』、『共同幻想論』、『谷崎文学と肯定の欲望』などなど他にもたくさん。

評論家修行では、評論家になるにはパーティーに出ていても真っ先に帰って寸暇を惜しんで読書をしろとあった。まぁ、そうだろうなと思った。

後半は、著者が小説家志望から大学院時代に評論に目覚め、そして教員になるまでにいかに原稿を書いてきたか、そして本が出るまで長い時間がかかったといった苦節的な自伝になっている。大変なんだなと思った。

そしてこれからの時代は、文章で生計を立てるならエッセイがよいらしい。エッセイストを目指したとしても、決して金持ちになれるとか、芸能人と親しくなれるとか考えてはいけないとあった。物書きの仕事は、孤独で余計な人間関係から解放される代わりに、鬱々たる気分になることも多く、執筆依頼がないと将来の見通しも立たないような不安な生活をすることになるようだ。

それでも著者がこの本を書いたのは、著者自信が読み書きが好きで、そういうことが好きな人も基本的に好きだからとあった。

なんだか、全体を通して振り返ってみると、いろんなことが書かれている。ある部分では本当に濃い内容になっている。人によっては受け付けないだろうなと思う部分もある。けれど自分はこういう本になぜか惹かれてしまう。著者のほかの本も気になったので読んでみようかなと思った。

いつか自分も文筆家業をと思ったりするので、いろいろと参考になった。

読むべき人:
  • 評論とは何かということを知りたい人
  • 文系的なものが好きな人
  • 文筆家業をしたい人
Amazon.co.jpで『小谷野敦』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ行ってみる



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星