February 17, 2008

ロジカル・シンキング


ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル

キーワード:
 照屋華子 / 岡田恵子、論理、コミュニケーション、MECE、フレームワーク
マッキンゼー出身の著者による論理的にコミュニケーションをする方法が示されている本。以下のような内容となっている。
  1. 書いたり話したりする前に(相手に「伝える」ということ、説得力のない「答え」に共通する欠陥)
  2. 論理的に思考を整理する技術(重複・漏れ・ずれを防ぐ、話の飛びをなくす)
  3. 論理的に構成する技術(So What?/Why So?とMECEで「論理」を作る、論理パターンをマスターする、論理パターンを使いこなす)
上司にこれはバイブルだから絶対読め!!と言われて読んだ。もっと早く読んでおけばよかったと思った。正確には大学時代に読もうと思って大学の図書館で借りていて、積読状態で結局深くは読まなかった。改めてじっくり読んでみると、なるほど、そう考えればいいのか!!と目からうろこ状態。いかに自分が適当に考えていたかが身にしみた。

MECE、So What, Why So?といった、論理的に考えて相手に伝えるためのフレームワークが示されている。詳しい内容は紹介しきれないので、自分のブログと相互リンクさせていただいている『ロジカルシンキング情報館』を参考にするとよい。

こういうロジカルシンキングは、なかなか普通に学校教育を受けただけでは身につかないなと思った。それだけにこのような本を読まないかぎり、論理パターンを身に付けることは難しいのではないかと思う。

論理とは何かが定義されている部分がある。その部分を抜粋。
論理とは、結論と根拠、もしくは結論とその方法という複数の要素が、結論を頂点に、縦方向にはSo What? /Why So? の関係で階層をなし、また横方向にはMECEに関係づけられたものである。
(pp.122)
なるほどなと思った。このように図解できるのが論理ということらしい。

最後の章でFAQが載っており、そこには論理的に話したり書いたりするにはどんな練習をしたらよいかとある。回答は、「論理的にメッセージを構成する力は、訓練の量と比例してついていく」ということを基本として、レポートやプレゼンテーションの内容を構想するときに単なる箇条書きではなく、論理パターンを下書きフォーマットに視覚化していくとよいらしい。これは自分も意識してやってみようと思った。

あとがきに、このようなロジカルシンキングは仕事や研究だけでなく、人生の岐路に立つときに迫られる選択を整理したり、人生での優先事項を整理するときにも利用できると示されていた。試しに今度やってみようかなと思った。

この本は一見タイトルから難しそうな内容と思われるが、じっくり読めばそんなことはまったくない。いかに相手に納得して理解もらうかが本書のテーマだけに、文も読みやすくすんなり頭に入ってくる。全ての頭脳労働者にお勧めの本だと思う。

ロジカルシンキング系の本は、読了後は納得して分かった気になるけど、時間がたてば全然だめになっている場合がある・・・。特に自分はその傾向が強い。なので、定期的に読み返して論理パターンを使いこなせているかをチェックする必要があると思った。

次は、『ロジカル・ライティング (BEST SOLUTION―LOGICAL COMMUNICATION SKILL TRAINING)』を読んでみるか。

読むべき人:
  • 論理的に物事を構成するのが苦手な人
  • 相手に自分の主張がすんなり理解されない人
  • 人生の選択に迫られている人
Amazon.co.jpで『ロジカルシンキング』の関連書籍を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ



トラックバックURL

トラックバック一覧

ロジカル・シンキング 論理的な思考と構成のスキル/照屋華子・岡田恵子 本書は体系立った「ロジカル・コミュニケーション」の技術を解説したビジネス書です。 仕事の世界では「論理的な思考」や「論理的な表現能力」は必要不可欠な能力のはずですが、現実にはなかなか....

コメント一覧

1. Posted by blog49   February 20, 2008 08:33

懐かしい本書です。ゼミではすべてをMECEに切り分けする練習をしたものです。

2. Posted by メルル   December 13, 2011 23:04

ロジカルシンキング 論理的思考と構成のスキル
の解答集があります。
これって、どう評価しますか?
解答集 Vol-1
https://infozero.jp/ebookdtl.phpecd=46726&kcd=12129

解答集 Vol-2
https://infozero.jp/ebookdtl.phpecd=51961&kcd=12129

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星