May 18, 2008

最近読み始めた漫画

最近読み始めた漫画を列挙してみる。漫画は基本的に完結したものしか書評しないことにしているので、以下はまだ未完結ものなので、簡単に感想を示しておく。


神の雫 (1) (モーニングKC (1422))
ワイン漫画。絵がかなり綺麗で自分好み。ワインブームに一役買っているとか。ワインに詳しくなりたくて買っている。


専務島耕作 1 (1) (モーニングKC)
人気企業漫画。ヤング、課長、部長まで読んで、これは手元に買って読んでいる。
課長島耕作 1 新装版 (1) (モーニングKC)
最近課長が新装版になったようなので、全巻そろえるか。常務はまだ読んでないし。日本企業の組織やサラリーマンの群像劇が勉強になる。


マネーの拳 1 (1) (ビッグコミックス)
ドラゴン桜の著者のビジネス漫画。紀伊国屋のForestで特集が組まれていたのでなんとなく買ってみたら面白かった。ドラゴン桜で受験、銀のアンカーで就職、エンゼルバンクで転職、そしてこのマネーの拳で起業をテーマにしている。相変わらず、絵は自分好みでなく、表情がやたら大げさに描かれているが。しかし、商売の本質が示されていて勉強になる。


王様の仕立て屋―サルト・フィニート (1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
今日買ったのがこの漫画。スーツに詳しくなろうと思って買ってみた。なんだか、職人とは何かということがよくわかる。ブラックジャックみたいな展開が多い。価値のわからないやつには大金をふっかけるが、人情で仕事をするときは格安になる。そんなところが面白いかも。


美味しんぼ (1) (ビッグコミックス)
最近とうとう主人公・山岡士郎と、確執関係にあった父親の海原雄山が「突然」和解というニュースが流れたので、気になったので・・・。まぁ、以前チラッと読んだときに食は深いなと思って。また、腎臓病を患っていて、食事制限をしなければならないので、余計に食に関して貪欲になったので食に詳しくなりたいと思って1巻を買った。1巻を買ってしまったので、100巻以上を買い続けることになる・・・。まぁ、いいけど。

他にもまだ買っていないけど、
バーテンダー (Vol.1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
も面白い。これは漫画喫茶で読んでいたので、そのうち買って手元においておこう。

これらの漫画はどれもとても勉強になる。その分野の解説もかなり詳しいからね。これらはどれも職やビジネスなどのこだわりが多く示されていて、普通の自己啓発本を読むより含蓄がある場合がある。一流であるとはどういうことかという本質が示されてて、自分の仕事はどうだろうか?と振り返ってしまう。

大人になったら楽しめる漫画というのもあるんだなぁと思った。特にこのような教養系漫画はいいね。もちろん、友情、努力、勝利の冒険漫画も好きで、いまだに週刊少年ジャンプを買っている。ONE PIECEとHUNTER×HUNTERが毎週楽しみ。

いつも漫画カテゴリは手塚治虫作品しか挙げないのは、1巻完結のものが多いから。他の作品はまだ連載中で、1巻ごとに書評するのもなんか違うなと思って。やはり最終巻まで読んで判断したいと思うから。

たまにはこういう特集エントリもいいね。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星