June 02, 2008

今日から「暗示」で心がラクになる!


今日から「暗示」で心がラクになる!―イライラ・クヨクヨが一気に消える!「口グセ」&「行動習慣」

キーワード:
 内藤誼人、暗示、行動習慣、心理学、セルフイメージ
心理学者によって、プラスの暗示で心をラクにしてより充実した人生を送る方法が書いてある本。以下のような目次となっている。
  1. Prologue 「暗示」を上手に使えば、心の底からラクになれる!
  2. 1章 思い込みを捨てる暗示―一瞬で気持ちが軽くなる!「心のレッテル」をはがす極意
  3. 2章 自分に自信がわく暗示―これで「暗示のパワー」がどんどんプラスに働き出す!
  4. 3章 身も心もタフになれる暗示―不思議とポジティブになれる「外見」「振る舞い」の秘訣
  5. 4章 セルフイメージが上がる暗示―自分の才能が開花する!「口グセ」&「心の習慣」
  6. 5章 心をラクにする暗示―この「リカバリー術」でストレスが一気に吹き飛ぶ
  7. 6章 対人不安を解消する暗示―人間関係がラクになる「距離の取り方」「見切り方」
  8. 7章 人生が楽しくなる暗示―この「行動習慣」で、ツキがどんどん巡ってくる!
(目次から抜粋)
日々の生活の考え方や口癖で、自分にとってプラスの暗示をかけているか、マイナスの暗示をかけているかで、思考パターンや行動パターンが変わってしまうので、常にポジティブに考えてプラスの暗示をかけていけば、未来をよい方向に変える力になるようだ。プラスの暗示をかけるには、「自分の才能を信じて疑わない心」を養い、自分のセルフイメージを上げるとよいらしい。そうすれば、タフな心が生まれ、運命さえも切り開く原動力になるようだ。

以下、これは実践してみようと思ったものを列挙してみる。
  • 誰でも初対面で緊張するので、自分は普通だと思うようにする
  • 過去のダメな自分に囚われそうになったら、成長している『今』の自分に目を向ける
  • 締切が迫ってきたら、他人の目を使って自分の尻をたたく
  • 自分を変えたいと思い、何かにチャレンジするときは人に相談せずこっそりと自分ひとりで開始する
  • 体力がつけば、自然と、ポジティブな自己概念を持てるので、週末にスポーツジムに通う
  • 背筋を伸ばすと気持ちが前向きになれ、凛々しい印象も与えられる
  • 行動のテンポを上げると、余った時間で他のことができるようになり、得をした気持ちになれ、そのような意識が楽観性を生み出す
  • 仕事がひと区切りついたときや、何かを達成したときは『よくやった、おめでとう。100万点!』というように自分を手放しでほめる
  • 気分が落ち込んだら街を一望できる屋上やホテルのラウンジに行ってみる
  • どんな夢でも、思い立った日に一歩踏み出せば、明日へのエネルギーがわいてくる
ちょっと多いかな。それだけ自分にとって有益なことがたくさん書いてあったということだろう。

著者は心理学者なので、それぞれの主張にはしっかり心理学的な根拠が示されている。なので、信頼性が増す。また、口語的な文章なので、すんなり読めるし、難しい心理学用語などがあるわけではないのでわかりやすい。他にも主張をイメージしやすいように、ところどころにイラストが載っている。

自己啓発本は、精神論になりがちなものだが、これはどれも具体的な行動例が載っているので、とても参考になる。すぐにできるものが多いので、自分自身もしっかり実践してみようと思った。どうも自分自身は、マイナスの暗示をかけてばかりいたような気がする。これを読んだだけで、結構気持ちが楽になった。

著者の本は面白いし、本当に自分もやってみようという気になってくるので、本当にお薦め。この本も殿堂入り。ときどき何度も読み返そうと思った。

以下の本も断然お薦め。読むべき人:
  • ネガティブなことばかり考えている人
  • 対人不安を抱いている人
  • ポジティブに充実した日々を送りたい人
Amazon.co.jpで『内藤誼人』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星