June 04, 2008

野村式 ムリしない仕事術


野村式 ムリしない仕事術―がんばらなくても、仕事はできるようになる

キーワード:
 野村郁夫、仕事、基本、メソッド、図解
仕事の基本となる、読む、書く、聞く、話す技術が示されている本。以下のような目次となっている。
  1. 1章 ムリしない仕事術「基本」―楽しく・ムダなく仕事をする14のメソッド
  2. 2章 ムリしない仕事術「読む」―ムダを省いた、文書の楽しい読み方15のメソッド
  3. 3章 ムリしない仕事術「書く」―ムダを省いた、文書の楽しい書き方15のメソッド
  4. 4章 ムリしない仕事術「聞く」―ムダを省いた、人の話の楽な聞き方15のメソッド
  5. 5章 ムリしない仕事術「話す」―ムダを省いた、相手を楽しくさせる話し方21のメソッド
(目次から抜粋)
仕事は、読む、書く、聞く、話すという基本技術が必要であり、誰でもこれらの技術の使い方をマスターすれば、各技術に上達すると示されている。この各技術についての具体的な内容が80のメソッドとして示されている。また、この本のコンセプトは、ムダな時間と労力をかけず、楽しみながら仕事ができるようになることと示されている。

参考になった、節タイトルを以下に列挙。
  • ムリと頑張りは敵!!
  • ムダな努力は、NG!
  • 仕事は、楽しく覚える!!
  • むずかしく考えない!!
  • スキルは、自然に上がるもの!!
  • 自分に関係あるところから先読み!!
  • 文書は、なるべく早く読む!!
  • 内容を伝える文章を心がける!!
  • 耳の痛い話が、本当は役に立つ!!
  • 7文字程度で、区切って話す!!
いくつか説明すると、『ムリと頑張りは敵!!』では、できないことはできないとはっきり言うべきとある。そして、頭だけを使うのではなく、体で覚えておくと、自然に手が動き、疲れているときに有効らしい。

『仕事は、楽しく覚える!!』は、人の仕事ぶりを観察し、優れている部分を盗んで自分のものにすべきとある。そのためには、自分の仕事に精通していることと、一歩先を読んで仕事をすることが大切らしい。

『むずかしく考えない!!』というのは、新しいことをする場合は、面倒だとか、覚えるのがいやだとか、今までのほうがよかったと後ろ向きに考えるのではなく、「こんなの簡単」、「新しいことができて面白い」と考えておいて、すぐ行動するとよいらしい。自分の今までやってきたやり方を変えなければならないときは、これを意識しておこうと思った。

80の具体的な仕事の技術が示されており、ページ構成もわかりやすくなっている。右ページに文章で概要とキーワードが示されており、左ページには、事例をベースに図解でより実践的な内容が示されている。右ページに示されているキーワードは、『適当』、『観察』、『ノリ』、『マーキング』、『メモる』など、そのメソッドの内容が一言で示されている。これは、書評記事を書くときの参考になるなぁと思った。

ただちょっと、節タイトルと内容が微妙にずれているものもあった。80もの技術が示されているので、自分が知りたいところだけを重点的に読んでおくとよいと思われる。全体的には、当たり前の基本も多いが、再確認も必要だと思った。入社直後の新人の人が読んでおけば、かなり早く仕事がうまくなる思われる。

31分で書評完了。内容が理解しやすかったからだろう。

読むべき人:
  • 入社したての新人の人
  • あまり仕事でムリができない人
  • ビジネススキルの基本を身につけたい人
Amazon.co.jpで『野村郁夫』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星