June 08, 2008

女子!?ごころ


眞鍋かをり・デビュー10周年記念エッセイ集 『女子!?ごころ』

キーワード:
 眞鍋かをり、エール、暗黒時代、語りエッセイ、経過報告書
才色兼備でブログの女王、眞鍋かをりさんのエッセイ。以下のような目次となっている。
  1. PROLOGUE
  2. CAPTER1 お仕事のハナシ
  3. CAPTER2 美容のハナシ
  4. CAPTER3 家族・友人のハナシ
  5. CAPTER4 恋愛のハナシ
  6. EPILOGUE
(目次から抜粋)
内容は、同年代の働く女子へエールを送りたいという思いをこめて、等身大の自分自身を語っているエッセイとなっている。自分で書いているというよりも、語ったことをライターにまとめてもらうような語りエッセイとなっている。ちなみに、表紙は眞鍋かをりさんが好きなワインをイメージしてたゆたう気持ちを表しているらしい。書店でこのたゆたう気持ち?に惹かれてなんとなく買ってみた。

内容は、グラビアアイドルとしてデビューするところから、日々の生活において美容で気をつけていること、好きなお酒のことや弟、妹といった家族、友人、過去の恋愛遍歴、そして現在の恋愛状況から結婚観まで幅広く語られている。その内容は、基本的に本当のことしか語っていないらしく、かといってすべてを曝け出しているわけでもないようだ。いきなり10周年記念エッセイで生々しいことばかりを載せてしまうと、最近眞鍋かをりさんを知った人が引いてしまうからとあった。なので、グラビアアイドル時代に辛かった体験などは、結構ぼかして示されている。

同年代の働く女子向けに書かれているので、同年代とは少し違う男子の自分が得るものがないということはまったくなく、参考になる部分とか、知らなかったこととか、単純におもしろいなと思うところが多かった。以下、簡単に列挙。
  • 公式HPをWordで自分で作っていた
  • グラビアの仕事は過去な肉体労働
  • 家で飲むときは打順を決めて飲む
  • 理想の男性像はこだわりが少ない人
  • 納豆、青汁、りんごハチミツヨーグルトは3種の神器
  • お風呂の設定温度は44度で汗をかく
まぁ、なんというか、普段読む本から得られないポイントばかり(笑)。HPを自分でWordで作っていたというのは、へーと思った。ネット初期のころだろうから、かなりhtmlタグを駆使して作られていたのだろうと思う。

家で飲むときに打順を決めているというのはおかしかった。1番バッターはブルーラベルか端麗グリーンラベルで、2番手は円熟、発泡酒、3番手でビール、4番手で地ビールとか。想像したらなんだかニヤニヤしてしまった。そんなこと考えて飲むのはおもしろそうだなと。

グラビアアイドル時代は、かなり過酷らしく精神的に辛かったときもあったようだ。芸能界というのは大変なところなんだなと思った。

大学時代にタレント業で忙しい日々の中、単位を取るために優先順位を決めて授業を選択し、完璧な時間割を作ってしっかり4年で卒業されているのは、すごいなぁと思った。きっと会社で働いていたとしても、バリバリ仕事ができる人なのだろうなと思った。

仕事に対する姿勢で、勉強になった部分があるので、その部分を抜粋。
 まったく何も知らない状態からスタートして、未熟さのために失敗したり、怒られたり。そういった中で学習して、でも、まだ思い通りにできることは少なくて。少しできるようになると、今度はさらに難しい課題が出てきて・・・・・。
 こういうプロセスって、どんな仕事でも同じじゃないですか。でも、最初の段階で諦めてしまったり、仕事の醍醐味を感じる段階へ辿り着く前に、なんの楽しみも感じることなく終わってしまうんですよね。
 そういう意味で、チクショーだとか、もっと褒められたいというところから、この時期、仕事に対するモチベーションが、ようやく出てきたのかなって思います。
(pp.62-63)
この時期とあるのは、大学を卒業して、芸能界に就職したという時期のことらしい。自分も仕事を頑張ろうと思った。

眞鍋かをりのここだけの話をいつも見ているけど、楽しそうな人だなと思っていた。この本読んで、ブログのままの部分もあるし、今まで知らなかった部分も知ることができたのでよかった。

芸能人のエッセイは今までほとんど読まなかったけど、読んでみるとよい気分転換になるなと思った。このエッセイも、いろんなことが書いてあるのでおもしろかったし、男子の自分が読んで、女子ごころが少しわかったような気がする。

読むべき人:
  • 眞鍋かをりのファンの人
  • 20代の女子の人
  • 女子ごごろを知りたい男子の人
Amazon.co.jpで『眞鍋かをり』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ クリックありがとうございます☆  bana1



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星