June 10, 2008

ライフハックス−鮮やかな仕事術


ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア

キーワード:
 佐々木正悟、ハックス、仕事術、心理学、基準
心理学者の著者によるライフハックスの基準が示されている本。以下のような目次となっている。
  1. 第1章 認知リソースを解放する
  2. 第2章 時間管理でやる気を管理する
  3. 第3章 情報整理とアフォーダンス
  4. 第4章 「アーカイブ」へ取り組むために
  5. 第5章 心理ハック
  6. 第6章 近未来ライフハックス
(目次から抜粋)
著者によれば、ライフハックスとは、「仕事を鮮やかに処理する」ための工夫とある。そして、この本では、その工夫をいくつか取り上げて、どうしてそれが「鮮やか」なのかを考えるという内容となっている。また、以下にこの本の目的を抜粋。
 つまり、「ライフハックス」は、それを利用する人の環境や心理と切り離して語ることはできないのだ。本書はむしろ、「ライフハックス」の指南書であるよりも、読者に最適な「ライフハックス」を選択するための基準を提供したいのである。
 これまでも便利な方法論、ツール、サービスがたくさん提供されてきたし、今後の数は増える一方だろう。こうした情勢にあって、面白そうなツールや便利そうなサービスを片っ端から試してみるのも悪くないが、自分にとって便利なものをセレクトする基準を得ることも決して損にはならないだろう。
(pp.9)
なので、ライフハックスを具体例が多く示されているというよりも、著者が実践していることの紹介や、そのときの心理学的な裏づけが示されている。

自分が主に参考になったのは、1章と2章なので、その部分を主に示す。

1章では、認知リソースという考えが示されていた。それは、日々の生活で、タスクや今何をすべきかといったことなどを意識しているときに、脳内のリソースを使用する。しかし、そのリソースには限界があり、その限界を超えたときに、作業のパフォーマンスが低下してしまう。そのリソースの容量のことを認知リソースと呼ぶらしい。日常生活では、この認知リソースを使いすぎてストレスが多くなってきているようだ。

認知リソースの無駄遣いをしないようするには、やるべきことを減らすということが重要なようだ。そのためには、書き出した膨大なリストを以下の3つのカテゴリに分類するいとよいらしい。
  1. 「今すぐ」やることリスト
  2. 「あとですぐ」やることリスト
  3. 「いつか」やることリスト
この考えが、この本の基本であるので、習慣化すべきだとあった。そして、ToDoリストをオンラインで一括管理したほうがよいので、Remember The MilkというWebサービスが紹介されていた。これはぜひ使ってみようと思った。

認知リソースを節約し、精神的苦痛を減らすためには以下の3つを確立することが重要だとあった。
  • 1. やるべきことを少しでも減らす
  • 2. 覚えておくべきこと(展望記憶)を少しでも減らす
  • 3. ルーチン・ワークだけは確実にこなす
なるほどなと思った。

2章では、時間管理とやる気の関係が示されていた。どのように予定を立てるかというよりも、「自分は時間管理ができている」という実感を持てるようなやり方で、実際に時間管理を行うことが重要なようだ。また、時間に対する動機づけの強い人でなければ、時間管理の恩恵はあずかれないとあった。つまり、やる気と方法論の療法が必要になり、正しい方法とは、自分が時間管理できていると実感できるような方法のことらしい。

時間管理の具体例として、Googleカレンダーで一括管理し、気の重い仕事の直後に楽しいイベントを入れて、やる気を出すといった方法があった。他にも仕事の締切の近くの日に値段を自分で設定して、締切近くの日を高く設定し、その付近には余計な予定を入れないようにするといった方法があった。この値段設定は使えるなと思った。

ライフハックスは自分に合ったものを利用することが重要だとあって、その通りだなと思った。示されていることに自分を合わせるのではなく、自分がやりやすい方法を選択していけばいいみたいだ。

自分はタスク管理と時間管理がまだ甘いので、勉強になるところが多かった。ライフハックスとは何かを考えてみたい人には得るところが多い。しかし、ハックスの具体例を多く知りたいという人には、別の本がよいと思われる。著者の本は他にも以下のようなものがあるので、そちらを参考に。どれもお薦めの本。

読むべき人:
  • ライフハックスについて知りたい人
  • 心理学が好きな人
  • ライフハックスが続かない人
Amazon.co.jpで『佐々木正悟』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by アメリカ留学   June 10, 2008 16:30

初めまして、僕もブログを運営していて今少し行き詰った状態なので今後の参考の為に記事を拝見させて頂きました。自分も教育には以前から興味があり、今こうしてサイトを拝見させて頂いて大変参考になりました。ランキングの応援致しますねwもし良かったら今度僕が運営するブログにもぜひ遊びに来て下さい、よろしくお願いします。

2. Posted by Master@ブログの中の人   June 10, 2008 19:05

コメントありがとうございます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星