June 15, 2008

「出会い力」の磨き方


「出会い力」の磨き方 また会いたい!と思われる人になる、ちょっとした方法

キーワード:
 大谷由里子、出会い、人脈、魅力、楽しく
吉本興業でマネージャーをし、その後独立した著者による出会いに関することが示された本。以下のような目次となっている。
  1. 第1章 第一印象で忘れられない人になる!
  2. 第2章 忘れてませんか、ビジネスの基本
  3. 第3章 この人と仕事したい!と思ってもらうには…?
  4. 第4章 ずっとつき合いたいと思わせるこんな人
  5. 第5章 いつまでも心に残る魅力的な人になろう
  6. 第6章 輝いている人こそ、また会いたい人
(目次から抜粋)
この本は、どんな人が、人にとってステキで忘れられない人なのか?ということを考え、まとめられたものらしい。そして「大互い、楽しく、さりげなく、忘れられないひとになって、ステキな人に囲まれて生きていけたらステキ」となれるように、著者の具体的な経験などが示されている。

以下、参考になったものを列挙。
  • 人は楽しそうにしている人のところに集まる。「この人と一緒にいたら楽しそう」と思ってもらえれば、完璧。(pp.37)
  • 約束の時間は何としても守る。すごく基本的なことだけど、大事なこと。(pp.45)
  • 「今さら」とか「ついてないんですよね」なんてマイナス言葉は禁止!「運がいい」を連発すると、ラッキーは向こうからやってくる。(pp.100)
  • 人が笑うのは意外性のあることを言った時。笑いのセンスを磨けば、コミュニケーション力がアップする。(pp.103)
  • 弱さを見せてくれる人には、力を貸してあげたくなるもの。肩肘張ってるばかりじゃなくて、素直になることも必要だよ。(pp.109)
  • 不幸な経験を笑い話に変えられると、人のココロはつかみやすい。ポイントは明るく、楽しんで話すこと!(pp.118)
  • まわり道をしている時は、やっぱりつらい。でもその分、人として大きくなれる。(pp.169)
なるほどなと思った。一番なるほどと思った部分は、情報の引き出しをたくさん持っておくとよいというところ。以下抜粋。
 楽しい情報、仕事に役立つ情報、生活に役立つ情報、いろいろある。できればいろんなネタを持っていて、「この人には、この情報!」というのをタイムリーに出せるのが理想。「この人と会っていると、勉強になるな」「この人は、いつも旬の情報をくれるな」と思われたら勝ち。少々忙しくても時間を割いてもらえる人になれる。
 そのためにも、楽しく、いろんな情報を収集できる人になるといい。
(pp.68)
これは自分も、収集の強みを活かしてこのようになりたいと思った。何でも知っているというところまでは無理かもしれないけど、こういうことについて知っているかどうかと聞かれたときには、ある程度価値のある情報を提供できたらいいなと思う。その基本になるのが、この書評ブログということになる。だから、取り扱う本のジャンルは絞り込まない方向性にしている。

著者は、新卒で吉本興業に入社し、故横山やすしや他のタレントのマネージャーを務めていたこともあり、吉本興業の人の話や、芸人の話も多く出てくる。また、独立後、経営者としての視点からの話もとても参考になった。

内容も分かりやすいものが多いので、暇なときにゆっくり読むのがいいと思う。

読むべき人:
  • ステキな人になりたい人
  • もう一度会いたいと思われたい人
  • ステキな人に出会いたい人
Amazon.co.jpで『大谷由里子』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星