June 25, 2008

【雑感】ドラマスペシャル 課長 島耕作

テレビドラマの感想を書評ブログで扱うのはどうかと思うが、今日の2冊目書評をサボった代わりに!?ちょっとだけ。


設定は、島耕作が課長になった直後だが、内容は『専務島耕作』の買収合戦のものだった。


島耕作役に高橋克典というのは、最初は違和感があった。あんな地肌は黒くないだろうと。でもだんだん最後のほうは板についてきたのではないかと。

また大町久美子役に松下奈緒さんというのも少し違うかなと。大町久美子と松下奈緒さんの美しさのベクトルが違うと思った。確かに松下奈緒さんは綺麗な人だが、音大卒で才色兼備の清楚系のイメージが強いので、奔放で魔性な大町久美子とは何かがずれている気がした。とはいえ、意外な側面も見れたのかなと思った。

あと、バリ島で大町愛子に会いに行くシーンなどはよく再現されていたなぁと思った。

一つだけ残念なのは、韓国語や英語で話しているときの字幕がかなり読みにくい。字幕が小さすぎるし、フォントがおかしい。あれはいただけない。

島耕作の名台詞もいくつかしっかり引用されていてよかった。

秋にも次回作が放送されるので、これは見逃せない。

ちなみに、だいぶ前に発売された透き通るような瞳を持つ相武紗希さんが表紙の『CIRCUS (サーカス) 2008年 07月号 [雑誌]』に作者の弘兼憲史と南野陽子との鼎談記事が載っている。それによると、島耕作がやたらとモテる設定は、作者の願望が入っているのと人から聞いたのを基に描いたおとぎ話ということらしい。やはり作者の願望か!!と思ってしまった。この鼎談は結構面白かった。

しばらく、島耕作から目が話せない。
弘兼憲史叢書 島耕作全集 課長編
全集を買おうか迷っている。

そんなネタエントリでした。たまにはこういうのもいいかな。

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星