July 01, 2008

カレーライスの謎


カレーライスの謎―なぜ日本中の食卓が虜になったのか

キーワード:
 水野仁輔、カレーライス、歴史、食文化、スパイス
東京カリ〜番長の調理主任による、カレーライスの謎を解き明かしている本。以下のような目次となっている。

  1. 第1章 カレーライスの正体
    1. 1. カレーライスの魅力
    2. 2. カレーの語源
  2. 第2章 カレーライスの歴史
    1. 1. 日本人とカレーの出会い
    2. 2. ヨーロッパ人とカレーの出会い
    3. 3. 日本カレー文化の黎明期
  3. 第3章 カレーライスの革命―国民食への歩み
    1. 1. 日本独自のカレールウの誕生
    2. 2. 即席カレー市場をめぐる攻防
    3. 3. 日本の製造技術が生んだレトルトカレー
  4. 第4章 カレールウの謎
    1. 1. カレールウの分解
    2. 2. スパイスの常習性とそれを操るテクニック
    3. 3. カレーのコクってなんだ?
  5. 第5章 カレーライスの将来
    1. 1. おふくろの味からの脱却と変化の兆し
    2. 2. カレーはどこへ向かうのか?
(目次から抜粋)
著者は、出張料理ユニット『東京カリ〜番長』という調理主任をしている人らしい。ある日タモリと一緒にカレーを作ったときに、タモリが「おふくろのカレーが一番うまいという男を私は信用しない」と名言を言ったことに感心し、その通りだと思っていたようだ。しかし、実際に普通の家のカレーを食べてみると、不覚にもめちゃめちゃうまいと感心してしまって、そこから、日本人の誰もが長年にわたって夢中になり続けているカレーライスとは何ものなのか?という謎にはまり込んだようだ。そして、その謎を歴史的な側面、ビジネスや科学、食文化的な側面から解き明かしているのがこの本ということになる。

純粋に読み物としてとても面白かった。もちろん、自分の好きな食べ物はカレー。毎週水曜日はカレーの日と決めている。あぁ、今日は火曜日だ。明日更新にすればよかった。

カレーは奥が深い。きっとこの本を読めば、へぇーとへぇボタンを押したくなることが多く載っている。明日から使えるカレーネタは以下のようになる。自分のへぇ感度に引っかかったものを恣意的に列挙。
  • カレーの語源の一つにヒンズー語で、『香り高くおいしいもの』を意味する「ターカリー」が「ターリー」に転じ、CURRYになったという説がある
  • 福沢諭吉がCURRYをコルリとカタカナ英語の読みをつけた
  • 日本で初めて紹介されたカレーのレシピには、アカガエルが使われていた
  • インド料理がイギリス人の手によってカレーという料理として変貌させられ、日本にもたらされた
  • 昔の日本では高級路線をカレーライス、大衆路線をライスカレーと読んで区別していた
  • ボンカレーの「ボン」はフランス語の「ボン(おいしい)」からとったもの
  • レトルトカレーのククレカレーは、「クックレス(cookless)」を略して「ククレカレー」とした
  • 「ソースが主役を演じている料理は、日本のカレー以外には私は知らない」と著者の知り合いのフレンチの巨匠が言った
  • スパイスの配合でカレーの個性が決まるが、その個性を引き出すには乳化というテクニックが必要
  • 著者の経験から、カレーをおいしくする4種の神器として、にんにく、バター、トウガラシ、砂糖が挙げられる
  • カレールウが日本全国の食卓に魔法をかけた
なんだか、この本の本質とは外れているものばかりの気がしないでもない。

著者は相当カレーが好きなんだなということがよく伝わってくる。レトルトカレーのパッケージコレクションをしているらしく、書斎のレトルト収納棚には1500種類以上のレトルトカレーのパッケージが整理されているらしい。また、好きじゃなければ、こんな本は書けないよなと思った。

読んでいると確実にカレーが食べたくなる。なので、カレー屋に行って、カレーを食べながら読むのがいいかもれない。新宿中村屋のインドカリーとかが高級感があっていいかも。個人的には、CoCo壱よりもゴーゴーカレーが好きだ。中村屋は確かにおいしいが、高い。CoCo壱はルウが水っぽくてご飯とミスマッチしすぎていまいち。しかし、モンスナックカレーは水っぽさを前面に出している新食感のそれなりにうまいカレー。カレーの話はもういいか。

食事制限をしている身としては、気軽に外で食べられるカレーはとても重宝する。そんなカレーの秘密がよく分かってよかったと思った。

おまけリンク。読むべき人:
  • カレーライスが好きな人
  • カレーライスの歴史や文化を知りたい人
  • カレーライスは飲み物だと思う人
Amazon.co.jpで『水野仁輔』の他の作品を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 カレーが食べたくなったらクリック



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ・・・   November 26, 2010 11:59

本かよ・・・・・・・

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星