July 05, 2008

君はピカソを知っているか


君はピカソを知っているか

キーワード:
 布施英利、ピカソ、歴史、芸術論、女性遍歴
ピカソの生い立ちから作品まで解説されている本。以下のような目次となっている。
  1. 人物編
  2. 歴史編
  3. 美術編
(目次から抜粋)
20世紀の天才画家、パブロ・ピカソの生涯を辿り、そしてそのピカソの絵画を鑑賞するような内容となっている。また、ピカソ以外の画家の絵も取り上げることで、よりピカソの絵の本質に迫っている。

『君はピカソを知っているか』というような挑戦的なタイトルとなっているが、自分はピカソを知らなかった。もちろん生涯4万点といった膨大な量の作品を残したとか、絵画以外にも彫刻をやっていたとか、本名はやたらと長いとか、ゲルニカは戦争の絵だということくらいは知っていたし、実際にピカソのキュビスム作品も何点かは見たことがある。しかし、生い立ちからピカソが影響を受けた画家は誰で、どんな作品だったのかということや、ピカソという人物像などは知らなかったといわざるを得ない。

ピカソの絵は、キュビスム風の作品が有名で、どこがよいのかわからないというようなものもあるが、10代のころは、デッザン力がずば抜けて優れていたらしい。写真のようなデッザン力以上のものだったらしく、絵としての構え、存在感、品格それらが伝わってくるようで、10代にしてプロの画家レベルに到達していたようだ。そしてスペインの官立美術学校のあらゆる試験すべてを征服したほどらしい。すごいなと思った。

20代前半のときは、貧乏で安い青い絵の具しか買えず、それがもとに青い絵ばかりを描いていたので『青の時代』と呼ばれるらしい。そして次に、別のスタイルとして、バラ色の画面を占めるようになる『バラ色時代』、さらに、その次は、現代絵画の金字塔ともいえる『キュビスム』のスタイルを確立したようだ。キュビスムの次は、クラシック路線の『新古典主義』で、ギリシャ美術かルネサンス絵画のような「古典」的な作風を描いていたようだ。このようにピカソは一つのスタイルに満足せず、カメレオンのように描く絵を変えていったようだ。これは美術館などで、ピカソの絵を見るとよくわかる。年代によっては全然別の作風で、本当に一人の人がここまで違う絵を描けるのかと感嘆した。

ピカソが最も影響を受けた画家がセザンヌだと示されていた。以下その部分を抜粋。
 ピカソが、もっとも影響を受けた画家が、そのセザンヌだ。ピカソは青の時代で、自分の絵画のスタイルを確立した。そのまま十年、青の時代の様式で絵を描き続けていただけで、十分に歴史に残る画家になれた。しかしセザンヌが没してすぐに開かれた回顧展で、「絵画」というものが何であるかを知り、圧倒され、キュビスムという新しい手法の絵画に取り組み始めた。世界を立体(=キューブ)の集まりとしてとらえる。それはセザンヌが、ものの形態を、円柱や円錐の集合として描くといったことと呼応する。
 かつて科学者のニュートンは、自分は「巨人の肩」に乗っているから、それまでの科学者よりも遠くを見渡すことができた、と言った。ピカソもまた、巨人の肩に乗って絵を描いた。その巨人という名の画家がセザンヌだった。セザンヌの影響は、キュビスムの絵画だけではない。新古典主義の絵画の人物像における、彫刻のようなかたまり感のある人体にも、その影響を見て取れる。ピカソは、セザンヌという巨人の肩に乗り、美の地平をはるか遠くまで見ることができたのだ。
(pp.102)
これは勉強になった。やはり絵を見るときは、一人の画家だけを見ていてはダメなようだ。

他にも面白いエピソードとしては、ピカソがダ・ヴィンチの『モナ・リザ』の窃盗疑惑をかけたれたり、金に困ったのは若い頃だけで、それ以外は絵が高く売れて生涯金に困ることはなく、城を買ったりしたり、死ぬまでに7人の女性と関係を持ち、その付き合う女性に影響されて作品も変わっていったということなどさまざまだった。特に女性遍歴は、天才が精力的に描き続けるには必要なことだったように思える。これは天才だからある意味許されるような気がした。凡人が真似したら・・・。

ピカソの生い立ちから作風まで、およそ150ページ程度に良くまとまっていて、とても勉強になった。次にピカソの絵を見るときは、何かをより多く感じられるようになっていたい。

ちなみに自分が芸術鑑賞をするのは、『美しいものを美しいと感じることができなければよいコーディングができない。』という自分なりの信条による。要は、仕事をしていく上でも、美的センスがなければいけないということ。それを芸術鑑賞で養うという目的がある。他にも単に教養のためだが。

ピカソの生い立ちや、ピカソの作風について知りたい人は読んだら面白いと思う。

読むべき人:
  • ピカソの絵が好きな人
  • キュビスムとは何かを知りたい人
  • 女性遍歴が多い人
Amazon.co.jpで『布施英利』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ bana1 ランキングへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星