July 07, 2008

人づきあいのレッスン


人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法

キーワード:
 和田裕美、人づきあい、コミュニケーション、人間関係、あだ名
カリスマセールスウーマンによる、人間関係が良好になる方法が示されている本。以下のような目次となっている。

  1. 言葉と行動のレッスン編
    1. 1章 コミュニケーションがうまくいく言葉の使い方
    2. 2章 好かれる空気のつくり方
    3. 3章 人に好かれる行動の秘訣
  2. 心の持ち方のレッスン編
    1. 4章 苦手な人を受け入れる方法
    2. 5章 もっとお互いにわかり合う
    3. 6章 誰でも幸せの種を持っている
(目次から抜粋)
世界No.2営業ウーマンの「売れる営業」に変わる本』といった著書がある著者は、まだまだ未完成な自分を自覚し、もっと楽に生きて行けるように、うまく「人づきあい」ができるように努力をされてきたらしい。そして、この本では、以下のようなことが示されている。その部分を『はじめに』のところから抜粋。
 そうして試行錯誤しながら生きてきて、ようやくわかってきたことがありました。
それは、
 ”相手を受け入れて、相手から受け入れてもらえる関係は、誰にでも簡単につくれる”
 ということです。
 人と手をつねいで、お互いが心地よく「幸せだねぇ」と言い合える関係づくりを構築する私なりの方法を、ようやく見つけることができたのです。
 
 ここに書いたことは、小さい頃から人見知りがはげしかった私が、人とどうやったらうまく関係を築けるか悩み、そうして自分なりにそれを解決しようと試行錯誤しながら実際にやってきたことです。
(pp.ii)
そしてこの本に書かれていることを実践したら、次のような効果が得られると示されている。
  • 自分を許せます。
  • 人を好きになれます。
  • 人間関係で悩むことがなくなる、もしくは少なくなります。
  • イライラしたりするのがばかばかしくなります。
  • 人が協力してくれるようになります。
  • 会社で評価が上がります(仕事も楽しくなります)。
  • 苦手な人とも仲良くなれます。
  • ほかにもたくさんありますが、とにかう「人間関係」がうまくいきます。
(pp.)
以上のような効果を得るためには、次のようなことを実践すればよいようだ。自分の参考になった部分を列挙。
  • 「ありがとう」で返事をする
  • 「わぁ、きれいだな」とか「おいしい!」といった幸せワードは思った瞬間に言ってしまう
  • 話すことは理解のスタート、話さないことは誤解のスタート
  • 苦手な人にはあだ名をつけて楽しむ
  • 怒っていても笑っていても自分の時間なのだから、深呼吸して、へへへと笑って過ごしたほうがお得
  • 人の印象は最初の5秒間で決まるので、とにかく5秒笑っているようにする
  • 面白いから笑うのではなく、楽しくなって、いい空気を出したいから笑う
  • 笑顔は笑いかけられた人を幸せな気分にする
  • 人間関係を向上させる一番の方法は受け入れること
  • 実は人は「素」の状態、飾らないそのままの自分のほうが魅力的だったりする
  • 自分のことを好きになってほしいのなら、自分が自分を好きでいないといけないはず
  • 人との関係を表面的にならないようにするには、悩みを自分から打ち明ける
  • 好かれる人になる一番の条件は、人が好きというのが基本
66の項目が示されていて、どれもわかりやすく、著者の実体験なども示されていて、とても勉強になる。自分も著者と同じように人見知りが激しいので、そういう観点から示されているので、なるほどなと思うことが多かった。

これを実践し、人間関係が円滑になるまで何度も読み返す必要があると思った。人づきあいや人間関係で楽になりたい人はお薦め。

自分の直近のテーマは、人間関係、コミュニケーションなので、この本は自分の望んでいた内容だった。しばらくは、人間関係、コミュニケーションなどの本の書評が続くかも。

読むべき人:
  • 人間関係に悩む人
  • 他人との距離感がわからない人
  • 自分自身を好きになりたい人
Amazon.co.jpで『和田裕美』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 人づきあいのレッスン 和田 裕美  [ フォトリーディング@Luckyになる読書道 ]   July 07, 2008 14:46

今回のフォトリーディングのターゲットは、和田 裕美さんの『人づきあいのレッスン』です。 人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法 副題は「自分と相手を受け入れる方法」です。 世界No2セールスウーマン、和田 裕美さんの最新刊です。 「人づきあい」と言う...

コメント一覧

1. Posted by LuckyUS@フォトリーダー   July 07, 2008 14:53

5 こんにちは、トラックバックさせていただいたご報告です。

僕は「自分を好きになる」というところが心に残りました。
「僕は僕のこと嫌いなんだけど、こんな僕を好きになってよ!」なんて言えないですよね。

2. Posted by スミタ   July 07, 2008 19:20

はじめまして!和田裕美の会社で働いているスミタです。
人づきあいのレッスンを紹介していただいて、本当にありがとうございます!

参考になった箇所や読むべき人など、具体的に書かれていて、読んでいてとってもうれしくなりました。
和田にもMasterさんのブログを紹介したところ、とても喜んでいましたので、和田のブログでも紹介させていただきますね!

このたびは本当にありがとうございました。
一度ならず、これからもMaster様とご縁がつながることを祈っております。

今回は時間をかけてブログを書いていただき、本当にありがとうございました。
では、これからもよろしくお願いいたします。

3. Posted by Master@ブログの中の人   July 07, 2008 19:53

LuckyUS@フォトリーダーさん

コメント、トラックバックありがとうございます。

自分も『自分を好きになる』というのは結構印象に残りました。まずは自分を好きになれるようになりたいと思います。

4. Posted by Master@ブログの中の人   July 07, 2008 19:59

スミタさん

コメントありがとうございます。著者である和田さんにもご報告がいったということで、恐縮します・・・。

『人づきあいのレッスン』はもっと内容を深く紹介したかったのですが、毎朝の限られた時間でしか更新しないので、そうもいかず・・・。

内容としては、今の自分にぴったりくる本だと思いました。

また、今日の朝読み終えた後の地下鉄での通勤時に、この本の車内広告を発見し、内容を思い出す復習にもなりました。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星