August 21, 2008

金になる人脈


金になる人脈―その近づき方・つくり方・転がし方

キーワード:
 柴田英寿、人脈、ビジネス、副収入、技術論
金になる人脈の作り方が示されている本。以下のような目次となっている。
  1. 第1章 金になる人脈の基本
  2. 第2章 人脈で稼ぐ人の組織学
  3. 第3章 他人との距離を知る人脈の理論
  4. 第4章 金をつくる人脈ツール
(目次から抜粋)
この本での人脈とは、『情報に対してある見方を提供してくれる人』とあり、情報に対して別の見方を与えてくれるのが「金になる」人脈とある。さらに、その人脈は、『確認を取れるまでもなく秘密を守る間柄』という特別の人間関係で構成されているようだ。その人脈を築くにあたって、「こんなことをしていては人脈は広がらない」という点が多く示されている。

以下参考になった部分を列挙。
  • つき合う人の範囲を広げることは、自分の能力を高めるうえで欠かせないこと
  • 人づき合いに「効率」は関係なく、一つひとつのつながりをできる限り大切にするしかない
  • 長くつき合っていくことになる人は、初対面から特別な印象を受ける
  • つき合うきっかけは名刺の上の空疎な文字にあるのではなく、本人が発している本物の信号のほう
  • 人脈を広げたいなら、まずは人脈を絞り込んでみること
  • 人脈がない人は、多くの場合、仕事の量と質が低い人
  • 読書も仮想的な人脈の一つだと考えてもいい
  • 本を読む人の思慮深さもこの人とつき合いたいと思う魅力の一つになる
  • 「あの人をどう思うか?」などとは聞くべきではないし、答えるべきではない
  • 職場のなかでもっとも強力な人脈となるのは同期人脈
  • 一度約束を破ってしまうと、そこで失われた信用をとり返すことは相当大変
  • 服装、身だしなみは最強の人脈のツール
  • 自分のブログなどのアクセス数は冷徹に世間(インターネット)が自分をどう見ているかを示してくれる
他の人脈本と少し毛色が違うような気がした。他の人脈本には、コントリビューションや貢献、見返りを期待しないということが前面に押し出されていたが、これはそういう部分があまりなかった。どちらかというと、システムチックで理屈っぽい人脈論だなと思った。もちろん、それが悪いというわけでもなく、勉強になる部分も多くあった。

特に人脈を築く上でこうしたほうがよい、ということよりも人脈を築くに値しないダメな人の例が多く示されているので、反面教師的になるほどなと思うことが多かった。それだけ著者の実体験が多く示されている本だと思った。

この本を読んで、人脈本に書いてあることをそのまま鵜呑みにするのではなく、実際にやってみて自分に合わないものはやらなくてもいいんだということが分かった。

自分の本業のほかに投資や出版、講演、セミナーなどで副収入を得たい人は読んだほうがいいと思う。

他にも人脈本といったら以下がお薦め。読むべき人:
  • 金になる人脈を築きたい人
  • 人脈作りに失敗ばかりしている人
  • 人脈論が好きな人
Amazon.co.jpで『柴田英寿』の他の本を見る

bana1 役に立ったらクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by TMstar   August 21, 2008 23:32

こんばんは。TMstarです。
僕もこの本読みました。

タイトルのセンセーショナルさとうってかわって、中身は結構マジメな(悪く言えばジミめな)本でしたね。
書評で書かれているように、他の本は貢献、見返りを求めない、コントリビューションなどが頻出キーワードなのに、この本では出てきませんね。
「金になる」という視点からだと、いかにして「良質の信用できる人脈」を作るかがポイントになるからなのでしょうかね?

ではでは、失礼いたします。

2. Posted by Master@ブログの中の人   August 22, 2008 01:51

TMstarさん

コメントありがとうございます。

この本は、おっしゃるとおりいかにして「良質の信用できる人脈」がポイントなのではないかと思います。結構それが分かりやすく示されていたと思います。

3. Posted by 著者   August 25, 2008 23:46

5 丁寧にご紹介いただきありがとうございます。
ほんとにこの人には助けられたという人は
あまりいなくて、いろいろ問題を持ち込んで
くる人が多かったので、ついつい、悪い例
が多くなってしまいました。
書評は書く前に、聞いておくと役に
たつなあ〜と思う今日この頃です。

4. Posted by Master@ブログの中の人   August 26, 2008 06:35

柴田さん

コメントありがとうございます。
まさか著者ご本人からコメントをいただけるとは。

悪い例が多く示されていますが、それはそれで他の人脈本にはない部分なので、とても勉強になりました。

5. Posted by シャネル財布   January 15, 2011 12:48

で、とても勉強になりました。

6. Posted by Jordans On Sale   May 30, 2011 15:39

この本での人脈とは、『情報に対してある見方を提供してくれる人』とあり、情報に対して別の見方を与えてくれるのが「金になる」人脈とあ

7. Posted by mbt shoes on sale   June 16, 2011 17:11

団体さんにご協力いただきまして、たくさんのポスターが集まり、
また、県民の方に多数ご来場いただけましたこと、大変嬉しく思います。

年度末となり、何かとあわただしい頃かとは思いますが、
ちょっと一息、新年度の準備にそごう・アミコ等駅前にお立ち寄りの際には
ポスター展示会の場所であります、シビックセンター5Fを覗いてみて下さい

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星