September 02, 2008

脳と心を味方につける マインドハックス勉強法


脳と心を味方につける マインドハックス勉強法

キーワード:
 佐々木正悟、マインド、ハックス、勉強法、楽観的
勉強するときのマインドを重視した勉強法が示されている本。以下のような目次となっている。
  1. 第1章 効率よくインプットしていく「暗記」術
  2. 第2章 ストレスをパワーに変える「やる気」術
  3. 第3章 勉強習慣が勝手に身につく「継続」術
  4. 第4章 限られた時間を目一杯使う「ながら」術
  5. 第5章 アタマを整理して思い出す「ノート」術
  6. 第6章 実力を200%出し切る「テスト本番」術
  7. 第7章 絶対に途中で挫折しない「英語学習」術
  8. 巻末付録 勉強の効率化・続継化に役立つツール集
(目次から抜粋)
この本は、心理学者である立場から、「勉強するときのマインド(精神状態)」というものを重視し、すべてマインドに基いた方法論が示されている。また、ライフハックが仕事や生活の問題を解決するための創意工夫だとすれば、マインドハックス勉強法は、勉強にまつわるさまざまな問題を解決しようとする心の創意工夫だと示されている。そのため、楽観的に気持ちをスイッチする方法を知っていれば、勉強がうまくいくらしい。

以下ポイントを絞って、なるほどと思ったものを列挙。
  • 夢を見て「夢中になっている」ときには、脳の機能として「記憶力が高まる」
  • 勉強の成果は「長期記憶の定着」によって測られる
  • ブログで「アウトプットする」習慣をつけることで、インプットした内容を覚えておこうという気持ちが高まる
  • 勉強する気がしないときは暗い音楽を聴く
  • 勉強する前にイヤな気持ちが残っているなら、すぐにも紙に書き落とすべき
  • 時間があるとき、ないときにかかわらず、やる気になれないというのは、「プロセス」が明確になっていないから
  • 精神的にエネルギーが最も豊富にあるのは、起床後
  • 「どうしても勉強したくない」なら、「その理由をとことんブログに書く」ということを日課とする
  • 書くことで記憶・理解を増進することが狙いであれば、転記は悪いことではない
  • 「成功すれば成功を信じ、失敗すれば失敗すると思い込む」
  • テストとは、出題者との「コミュニケーション」
ブログでアウトプットするというのは、同時にインプットすることになるので、復習ができるようだ。また、ブログは誰に読まれるか分からないので、正しいアウトプットを自然と心がけることができるようだ。これは自分もそうだなと思った。アウトプットを前提に読むと、どこが自分にとって重要か、また、どのようにまとめるべきか?ということを意識して読める。その結果、書評記事もわりとすんなり書けるようになる。もちろん、読者の目を意識してあまりにも独善的になり過ぎないようにしている。

さらに、書くことで記憶・理解を増進する効果が見込めるので、このような自己啓発系の本は、自分にとって重要だと思った部分を列挙している。この重要部分の列挙は、あとで読み返すときの自分専用のメモという側面もある。

『時間があってもやる気になれないのは、「プロセス」が明確になっていないからだ』というのはよくわかる。仕事でも何から手をつけてよいか分からないときは、ぐだぐだして時間が過ぎていく。逆に自分なりに段取りを考えられた後は、割とスムーズに仕事が進んでいるような気がする。これは書評ブログでも同じだと思った。この本のように内容が分かりやすく、読みながら何を書くべきかを構造化できるものならば、書評時間も短く的確に書けるが、分かりにくい本や得るものが少ない本は何をどう書くべきかに悩んで、書評を書く気がなくなっていく。

この本はとてもわかりやすい構成になっていると思った。まず、図や写真が適度に入っていて、強調したい部分に赤字が入っている。その赤字も1ページに2,3個という量で、見やすいものになっている。さらに、難しい専門用語や一般的でない用語には脚注に説明がある。書店で手にとって見たら、これは分かりやすそうで買いたいと思わせてくれる本だと思った。

著者のほかの本も分かりやすく、実践的な内容が示されているので、お薦めだと思う。勉強本は実践しなければ意味がないので、しっかり実践しようと思った。

読むべき人:
  • 勉強が続かない人
  • 楽観的に勉強したい人
  • 勉強を楽しみたい人
Amazon.co.jpで『佐々木正悟』の他の本を見る

bana1 クリックが励みになります☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by chample   September 07, 2008 17:30

こんにちは

本によってまとめやすいのと、まとめにくいものがありますよね。

本を沢山読んでいて、私も最近感じるのが、「やっぱりまとめやすいのは、印象に残る部分がハッキリしているか、頭のなかで構造化できる本だ」ということです。

『マインドハックス勉強法』良さそうな本ですね。読んでみますね。

2. Posted by Master@ブログの中の人   September 07, 2008 22:57

champleさん

コメントありがとうございます。

「やっぱりまとめやすいのは、印象に残る部分がハッキリしているか、頭のなかで構造化できる本だ」

というのは自分もその通りだなと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星