October 13, 2008

Access VBAプログラミング開発工房 入門・基礎編

Access VBAプログラミング開発工房 入門・基礎編
Access VBAプログラミング開発工房 入門・基礎編

キーワード:
 緒方典子、VBA、Access、初心者、入門書
AccessのVBAプログラミングの基礎がわかりやすく示されている本。以下のような目次となっている。
  1. Chapter 序章 VBAの覚え方―VBAなんてコワくない!
  2. Chapter 1 プロシージャの基本
  3. Chapter 2 値の代入の基本―値の代入なんてコワくない!
  4. Chapter 3 条件分岐処理の基本―条件分岐なんてコワくない!
  5. Chapter 4 繰り返し処理の基本―ループなんてコワくない!
  6. Chapter 5 イベントの基本―イベントなんか怖くない!
  7. Chapter 6  ADO/DAOの基本―データベースへの接続なんてコワくない!
  8. Chapter 7 まとめのプロシージャを作ろう―VBAの骨なんかコワくない!
(目次から抜粋)
この本は、Access(Microsoft Access - Wikipedia)のVBA(Visual Basic for Applications - Wikipedia)についての本格的な解説書ではないが、初心者の人にとって取っ掛かりとなるような本となっている。そのため、VBAの習得の仕方にスポットが当てられており、文法一つ一つとっても丁寧な説明となっている。

以下、完全に自分専用のメモ。自分の勉強になった部分を列挙。
  • VBAを使うために顧客管理データベースを作るのではなく、お客様の対応をできるだけスムーズにするために顧客管理データベースを作り、顧客管理データベースをスムーズに動かすためにVBAを使う
  • データベースを学ぶにしても、SQLを学ぶにしても、VBAを学ぶ場合でも、常に「目的」を意識してみる
  • オブジェクトとは、状況に応じて名前がついていて、操作が可能なもののことすべて
  • VBAのとっておきの修得方法は、VBAの構文の解説を、料理や英会話、車の運転など何か他のものに「例える」こと
  • Publicプロシージャはデータベース(mdbファイル)の中であればどこでも使えるが、Privateプロシージャはそのオブジェクトの中でのみ使用可能
  • Functionプロシージャは戻り値を返すプロシージャ、Subプロシージャは戻り値を返さないプロシージャ
  • Publicプロシージャは、イミディエイトウィンドウでテストするとよい
  • バリアント型(Variant)は、何でもありの型で、数値の場合は倍数精度浮動小数点型と同じで、文字の場合は、文字列型と同じ
  • 『Dim aaa, bbb, ccc As Integer』と宣言すると、変数bbb, cccはVariant型になってしまう
  • 日付型の表示書式は、『MsgBox #8/14/1975#』のように「#」で囲む
自分は、VB.NET(Microsoft Visual Basic .NET - Wikipedia)もある程度使いこなせるし、ExcelのVBAも基本文法を把握しているので、この本のすべてが網羅的に役に立ったわけではない。しかし、VBAの本を一通り目を通したわけではないので、やはりネットだけでは知りえなかったことがしっかり書いてあって、勉強になった。

特に、変数宣言の方法とかは、VBA特有だなぁと思った。『Dim aaa, bbb, ccc As Integer』で、すべてInteger型にならないのは、普通に使っていたらまず気づかない。なぜなら、この宣言の後で、bbbにInteger型のデータを格納しようとしてもエラーにならず、普通に使えてしまうから。これは、暗黙的に型変換されているから。こういう部分はコードエラーにならずに一見楽に見えるけど、後で致命的なオブジェクトエラーを引き起こしかねないので、型宣言に甘い言語ほど自分で管理して型を使うべきかなと思った。

また、Access特有のフォームの設定の仕方、プロパティの設定の仕方も図解入りで入っているので、そこは知らなかったので勉強になった。こういうのは、ネット情報だけでは少し物足りないので。

VBAの基本文法だけなら、基本的にネット情報で網羅できる。自分はVBAの文法だけならほぼ1日で基本的なことを理解したが、それは他のプログラム言語をある程度知っているからで、初心者となると、そうはいかなない。そういったことから、この本の説明は、プログラムの文法の話の前に、現実世界のたとえ話があり、かなり丁寧なのでわかりやすく、プログラミングをやったことのない初心者にとってよいと思う。逆に、VB.NETやその他プログラム言語を習得している人にとっては、この入門書の説明は冗長に感じられる。なので、初心者以外は、本当に必要な部分や知らない箇所だけ重点的に読めばいいと思う。自分の場合は、復習もかねてある程度網羅的に読んだ。

サンプルプログラムのCD-ROM入りとなっている。サンプルデータには、巨人軍のメンバーや、こんぼう、てつのつめ、どくけしそう、やくそう、まんげつそうといったドラクエでおなじみアイテムが使用されていて、著者の嗜好性がわかって自分的にはツボだった(笑)。自分も技術本を書くときには、このようにサンプルデータで密かに自己主張してみたいと思う。

AccessとVBAの基本を学習するにはよい入門書だと思った。

以下、VBAの3分で作ったサンプルプログラム。
Public Sub sample()

  Dim strTxt As String
  strTxt = "クリックお願いします!!" & Chr(13) _
            & Chr(13) & "m9(・∀・)ビシッ!!"
  MsgBox strTxt

End Sub
実行結果はここ。しょうもないプログラムだが、こういうメッセージ出力ができるだけでも初心者にとっては面白いと思う。ちなみに、『Chr(13) 』は改行記号(キャリッジリターン)になる。

読むべき人:
  • AccessとVBAの基本を学習したい人
  • Accessを使用したデータベースを学習したい人
  • 巨人軍とドラクエが好きなプログラマの人
Amazon.co.jpで『VBA』の関連書籍を見る
Amazon.co.jpで『Access』の関連書籍を見る

bana1 役に立ったらクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. インフォース、グリーンシート銘柄の指定及び取扱会員の指定(日本証券業協会)  [ グリーンシートニュース ]   October 26, 2008 01:37

2008/10/21、日本証券業協会ホームページより引用 http://www.jsda.or.jp/html/greensheet/wn/wn.html 2008年10月30日から、下記銘柄をグリーンシート銘柄として指定するとともに、ディー・ブレイン証券を当該銘柄の取扱会員と指定いたします。 コード 3144 銘柄名....

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星