November 03, 2008

エンゼルバンク 4

エンゼルバンク 4―ドラゴン桜外伝 (4) (モーニングKC)
エンゼルバンク 4―ドラゴン桜外伝

キーワード:
 三田紀房、エンゼルバンク、転職、読書論、成功タイプ
転職請負漫画、エンゼルバンクの最新刊4巻。基本的には、漫画は完結したものしか取り上げないのだが、今回の内容は特になるほど!!と思ったので、特別に取り上げておくことにする。

今回の内容の肝は、『啓発本は書いた本人だけが成功しているものだ』という桜木の主張で、これはなるほど!!と思った。これはどういうことかというと、自己啓発本というものは、正しい読み方をしない限り、ただ山ほど読んだところで、成功は近づかないとある。そして、本を読んでも成功する人間はほんの一部であると示されている。以下そのシーンの桜木の台詞を抜粋。
教えてやろう
本への反応の仕方を 見るだけで 
成功するかどうかわかる
反応は二通り

「へえ」と 「そうそう」だ

(中略)

成功するのは 「そうそう」と 思うタイプ
(キャリア33 世界一のパン屋から抜粋)
これはどういうことかというと、「へえ」と思うタイプは、知識を得て驚いて、内容をすぐに実践するが、すぐに結果が出ないと次の本に手を伸ばし、繰り返し失敗しても本のせいにするようだ。結局、「へえ」タイプは自分では何も考えていないということらしい。これは図星で思い当たるなぁ・・・。そして、「そうそう」と思う人間は成功するようだ。以下そのシーンの桜木の台詞を抜粋。
「そうそう」と 思うのは・・・・・・
本に書かれていることと 自分の普段の考えが 
似ているから

成功した人と 同じ思考法なことで 自信がついて

堂々と行動でき 成功への確率が より高まる

自分で考えて いるかどうか・・・
本の読み方だけからでも 
そいつがどれだけ モノを考えてる奴か 
推測できるんだ
(キャリア33 世界一のパン屋から抜粋)
これはもう衝撃的!!なるほど!!(「へえ」じゃないよ!!)と思った。漫画なのにこの桜木の台詞を思いっきり蛍光ペンでマークした(笑)

確かに言われてみればそうだよなと思った。自分は何回この書評ブログで『へえと思った』と書いたか分からない(笑)もうぜんぜんダメ。「へえ」をこの書評ブログのNGワードに設定wwwでも中には、「そうそう」と思うものもあった。直近では、『「突き抜ける!」時間思考術』での午堂さんの本の読み方について。これはもう「そうそう」と思って読んだ。この「そうそう」感!?で、自信を持っていろいろな本を読めていると思う。

正直最近迷いがあって、特に右のサイドバーにあるビジネス書、自己啓発本カテゴリの冊数だけが突出していて、同じような本を読み続ける意味はあるのか?と思っていた。自己啓発本を多読する意味って、実はあんまりないのではないかと思っていた矢先にこの桜木の主張。これは引き寄せの法則!?が働いていると思う。

今漠然と考えているのは、自己啓発本の読書を一時凍結しようかと思っている。もう、新たに得られる知識や知見がなくなってきて、正直飽きてきたというのが本音。それよりも、自分の読みたいほかの分野をもっと読むべきかなと。そうなると、毎日更新ができなくなるが・・・。今後の方向性については、後ほど別記事で示しておこう。

この社会人版ドラゴン桜である、エンゼルバンクはいつも気づかされることが多い。本当に勉強になる。これはもう、読み続けるしかないよ。社会人で転職やキャリアについて漠然と考えている人は絶対読んだほうがいいよ!!

また、ビジネス書評ブロガーである、鹿田さんはドラゴン桜のほうを全巻レビューされているので、こっちもようチェック!! これを機に、自分もエンゼルバンク、もしくはマネーの拳
を全巻レビューしようかしら!?

著者の本では以下もお薦め。とにかくこの著者の本も漫画もどれもお薦め!!
エンゼルバンク 4―ドラゴン桜外伝 (4) (モーニングKC)
エンゼルバンク 4―ドラゴン桜外伝

読むべき人:
  • 自己啓発本を多読するのが好きな人
  • ついつい本を読んでいて「へえ」と感嘆してしまう人
  • 転職やキャリアについて漠然と考えている人
Amazon.co.jpで『三田紀房』の他の本を見る

bana1 面白かったらクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星