January 04, 2009

ターニングポイントに立つ君に

ターニングポイントに立つ君に―転機でステップアップする50の具体例
ターニングポイントに立つ君に―転機でステップアップする50の具体例

キーワード:
 中谷彰宏、ターニングポイント、転機、逆境、曲がり角
転機でステップアップする考え方示されている本。50の具体例が示されているので、目次を全て列挙すると長くなりすぎなので、これはと思ったもののみを以下に列挙。
  • 「曲がり角」に差しかかると、あらゆることが終わる。
  • 身の回りのものが壊れるのも、「曲がり角」の前兆。
  • 今の仕事をきちんと終えると、次のチャンスが来る。
  • 1歩踏み出すと、景色が変わって、道が見つかる。
  • どんな小さい仕事でも、誰かが見ている。
  • 紹介してもらったのに、すぐ連絡しないと、チャンスをなくす。
  • 転機では、「好き・嫌い」で決めていい。
  • チャンスは、トラブルという形で訪れる。
  • 「変わりたい」と望まなければ、変われない。
  • 本棚は、「好きな言葉集」だ。
  • 「将来やりたいこと」と「今やりたいこと」の両方持とう。
  • うまくいかない時期に修業することが、転機での武器になる。
  • 007の魅力は、余裕をなくさないこと。
この本では、毎日の些細な転機、人生の転機での考え方が示されている。著者は転機を『曲がり角』と表現している。また、転機というと、大掛かりな変革のような感じがするが、著者によれば、転機とは毎日のことで、遠いところにあるのではなく、身近なところに存在するとある。なので、現在進行形の今が常に転機であると考えられているようだ。これはなるほどと思った。要は、いつでも転機になるのだから、自分しだいであらゆることが転機にできるということだろう。

特になるほどと思ったものを抜粋。『チャンスは、トラブルという形で訪れる。』というものから。
 当事者にとっては、トラブルと感じるような状況が転機です。
 あとから振りかえるようになって、「あの時はワクワク・ドキドキでハッピーだった」と感じるのです。

 もし今あなたが転機に差しかかっていたら、ワクワク・ドキドキどころか、あまりにも悲惨だと感じるでしょう。
 それが本当の転機です。
 転機をうまく乗り切るためには、そこでニコニコ笑っていることです。
(pp.56-57)
本当に悲惨な状況のときは、転機どころじゃなく、とても笑っていられない。でもそこでニコニコ笑っているとよいというのは、ポジティブな考え方だなと思った。自分もいつか、「あの時はワクワク・ドキドキでハッピーだった」と思えるのだろうか?それはまだわからない。ただ言えることは、悲惨な状況ほど転機である、というのは真理かもしれない。

もう一箇所なるほどと思った部分がある。『うまくいかない時期に修業することが、転機での武器になる。』というタイトルのもの。
 成功している人を見ると、10代20代の若いうちにとてつもなく運が悪くて、何をやってもうまくいかなかった人が圧倒的に多い。
 そういう人は、10代20代のうまくいかなかった時代に修業をしています。
 そして、ある転機をキッカケに、修業して蓄積してきたことを開花させています。
 (中略)
 アンハッピーなことでも、体験してきたことはすべて人生においての財産になります。
 それが転機での武器になるのです。
(pp.104-105)
そして、転機力を高めるヒントとして、『うまくいかない時期を、大切にしよう。』とある。これはなるほどなぁと思った。自分も割りと10代20代でうまくいったことよりもうまくいかなかったことのほうがあまりにも多いので、成功者になる確率が高いのかもしれない。そして、今は自分にとって修業時代なのだと思う。その修業がいつまで続くかは分からないけど、このように考えられるのであれば、がんばろうと思える。こういう考え方が好きで、著者の本をよく読む。

大学時代の学園祭に、手相占い師が来ていて、手相を見てもらったことがある。そしたら、25歳くらいで人生が大きく変わると言われた。そして、それは良いほうか悪いほうかは分からないと・・・。悪いほうはもうそれ以前に散々経験してきたから、もう良い方向性しかないのだと思っているんだけど、どうなのだろうか。そういう転機を意識する時期にさしかかっているので、この本を読んでみたが、とても共感できる部分が多く、勇気付けられた気がする。

転機、ターニングポイントは、人任せではなく、自分で起こすものかなとも思った。手相占い師の予言を自分で実現してみせる。

これから何か変わっていきそうな予感を持っている人は、ぜひ読んだほうがいいと思う。



ターニングポイントに立つ君に―転機でステップアップする50の具体例
ターニングポイントに立つ君に―転機でステップアップする50の具体例

読むべき人:
  • ターニングポイントにいる人。
  • ターニングポイントを見つけた人。
  • ターニングポイントをつくりたい人。
(pp.2)
Amazon.co.jpで『中谷彰宏』の他の本を見る

bana1 クリックがモチベーションアップに☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星