January 03, 2010

【ネタ記事】2010年読書戦略

2010年になったことだし、今年はどのように読書をしようか?ということをこの3日ほど思案しておりました。

ちなみに、去年の読書戦略は以下です。

まぁ、2009年の読書戦略は欲張りすぎで、その結果、全然この戦略どおりになりませんでした(笑)

去年の読書傾向を反省し、今年はより読書範囲を絞りました。以下が今年、2010年の読書戦略となります

2010年読書戦略

2010年の学習のメインテーマは、言語習得ということで、去年に引き続き英語学習と、今までさぼってきたプログラミング言語の習得の予定です。

書評500冊達成までは、どちらかと言うと、五里霧中のごとく、自分がどこを目指していけばいいのかわからない状態でした。しかし、書評500冊目以降、セミナーやコーチング、自分との対話を通して、やっと自分の進むべき方向性が分かってきました。

以前は、自分が何をしたいのか、どう生きればよいのか?という迷いの解決がメインテーマとならざるを得なかったため、読む本が散漫でまとまりがありませんでした。それはそれで、いろいろな見識を深められた反面、自分の専門分野の確立にはいたらないと思いました。

そして、去年1年いろいろと考えた結果、やはり自分からIT技術を切り離すことはできないという結論に達しました。つまり現職のIT業できちんと成果を出していこうと思いました。そのためには、専門技術の確立が必要になってきます。

今年はMicrosoft系の技術、クラウド技術をメインに自分の専門技術を確立しようと思います。そのため、それらに関する技術書を多く読む予定です。

また、英語学習に関しては、今年の目標はTOEIC900点越えなので、TOEIC対策として読んだ洋書を紹介することが多くなると思います。洋書のジャンルは、最初は分かりやすいペーパーバックなどの小説から、次第に自分の専門分野のIT技術系のもの、ビジネス書などと対象を広げていこうと思います。

上記の英語とプログラミング言語系の本以外はまったく読まない、ということはありません。ときどきいきぬきに読みやすいビジネス書、自己啓発書、思想書、その他マニアック?な本も取り上げる予定です。しかし、メインコンテンツとはなりません。

さらに更新頻度ですが、今年は何冊読む!!という目標は立てないので、無理のないペースで更新予定です。自分の場合、量をこなすだけの修業的な読書期間は終わりました。これから必要なのは、何を読んだか?であるので、量より質でいきたいと思います。

目安としては、週2回更新のペースを保ちたいと思います。英語に関する本を1冊、IT技術系の本を1冊という感じで、平日に1冊、土日どちらかで1冊という感じです。

今年はTOEICの他にいくつか資格試験にもチャレンジする予定なので、その期間はまったく更新がされない可能性があります。

以上、2010年の読書戦略でした

(・∀・) よろしくお願いします

bana1 読書戦略策定応援クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by R+ (レビュープラス)   January 21, 2010 19:18

はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。
株式会社ニューノーマルと申します。

現在弊社では、「R+(レビュープラス)」という、普段から書籍や雑誌などのレビューを書いていらっしゃる活発なブロガーの皆様と、企業とを結びつけるレビュー専門ブログネットワークを運営しております。

直近では「大前研一ライブ」のレビュアー募集を予定しており、今回ブログを拝見させて頂き、ビジネス本等の分野で情報発信をされていらっしゃる、賢者の図書館様にもご参加いただけたらと思い、ご連絡させていただきました。

サービスの内容といたしましては、企業が提供する書籍や雑誌をブロガー様に配布し、ご自身のブログにてそのレビューを執筆して頂く、という流れです。
ブロガー様には、無料にて献本させて頂きます。

詳細はこちらより、ご覧くださいませ。
http://reviewplus.jp/service

ご興味をお持ち頂ければ、ご登録いただければ幸いです。
ご質問等ございましたら、何なりとお問い合わせくださいませ。
失礼いたします。

2. Posted by Master@ブログの中の人   January 21, 2010 21:46

>> R+ (レビュープラス) さん

献本のお誘い、ありがとうございます!!

しかし、申し訳ありませんが、献本は受け付けておりません。ご了承ください。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星