January 20, 2010

Library Lion

Library Lion
Library Lion

キーワード:
 Michelle Knudsen (著) / Kevin Hawkes (イラスト)、ライオン、図書館、ルール
ある日ライオンが図書館にやってくるという内容の絵本。本屋の児童書コーナーにあった『としょかんライオン』という絵本が目に留まって、これは図書館ブログをやっていて、かつ動物占いがライオンの自分は、取り上げないわけにはいかないと思ったので(笑)、取り上げてみた。

普通に絵本を読んでもしょうがないので、洋書で読んだ。洋書のほうが安かったし、英語の勉強のために。

あらすじを簡単に示す。

ある日、ライオンが図書館にやってきて、貸し出しカードのにおいをかいだり、新刊本に体をこすったりしている。図書館員のMcBeeは、上司のMerriweatherに、図書館にライオンが来たことを知らせるが、Merriweatherは、ライオンといえど、図書館のルールさえ守っていれば何も問題ないということを告げる。

ところが、ライオンが子供たちと本の読み聞かせを聞き終わった後、次の本が読まれるのを期待していたのに始まらないので、大声でほえてしまう。そして、司書のMerriweatherに叱られてしまう。静かにするなら、明日も本の読み聞かせに居合わせても良いと言われて、次の日から早めの時間に来るようになる。

その後、百科事典の掃除や封筒の糊付けなどMerriweatherの仕事の手伝いをしたりしながら、ライオンは図書館にいることが自然になる。しかし、ある日、Merriweatherが本棚の高い本をとろうとしたとき、誤って台座から転倒してしまう。立ち上がれなくなったMerriweatherは、ライオンにMcBeeを呼んでくるように頼む。

ライオンは、Merriweather が倒れていることに気づかないMcBeeを連れてくるために、大声でほえて図書館のルールを破ってしまう。そのことを気に病んだライオンは、図書館を去ってしまう・・・というようなあらすじ。

本書は絵本であるが、内容は結構深い。この本の最後のページの文章が一番教訓的な内容となっているので、その部分を抜粋。
Sometimes there was a good reason to break the rules.
Even in the library.
(pp.47)
本書の場合は、ライオンがMerriweatherを助けるためにほえることであったり、Merriweatherが図書館に戻ってきたライオンに会うために走ったりすることになる。

もうちょっと、一般化するなら、既存のルールに縛られるな、臨機応変にルールを適用しろということだろう。何ごとも例外というものがある。何のためのルールなのか?誰のためのルールなのなのか?を考えるべきなんだろうね、と思った。

イラストは暖かみがあって、ライオンの(・∀・)な表情から(´・ω・`)ショボーンな感じや(*´∀`)ノな感じがよく描かれていると思った。

そもそも、なんでライオンが図書館にやってきたのかが物語中に示されていないので、そこは想像する余地がある。きっと人に育てられて、幼いときに本の読み聞かせで育ったから、ふとそのときを思い出して立ち寄ってみたのかなぁと思った。

絵本だから英文は余裕だろと思っていたけど、案外知らない単語があったり、つい最近覚えた熟語が出てきたりした。一文そのものは短いけど、一回読んだだけでは、何のことかが若干わからないときもあった。そのときはイラストから単語の内容を想像したけど。

普通に本屋で売っているものは、以下になる。

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
著者:ミシェル・ヌードセン
販売元:岩崎書店
発売日:2007-04-20
おすすめ度:5.0

ちなみに、twitterのアイコンをライオンっぽい猫に変えた。以下のサイトでがんばって作成した。思いっきりトラじゃないかという突っ込みもあるかもだが(笑)

あと、以下はネットを巡回していたとき遭遇したおまけ。こんなのが図書館に実際にいたら、ビビるどころじゃないwww

いつか図書館を作ったら、ライオンを飼うか〜!?、というのは無理だから、せめて図書館のエンブレムにライオンを入れたいと思う。

絵本を読むと、結構想像力を鍛える訓練になるし、癒される。何よりも疲れて帰ってきたときに読むと、気分転換になるなぁ。



Library Lion
Library Lion
著者:Michelle Knudsen
販売元:Walker Books Ltd
発売日:2008-01-07
おすすめ度:5.0

読むべき人:
  • 図書館が好きな人
  • 動物占いがライオンの人
  • 将来図書館を作ろうと思っている人
Amazon.co.jpで『Michelle Knudsen』の他の作品を見る

bana1 としょかんライオンクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星