March 17, 2010

情報はなぜビットなのか

情報はなぜビットなのか 知っておきたいコンピュータと情報処理の基礎知識
情報はなぜビットなのか 知っておきたいコンピュータと情報処理の基礎知識

キーワード:
 矢沢久雄、情報理論、入門書、コンピュータ史、偉人伝
日経BP社のなぜシリーズの、情報理論の入門書。以下のような目次となっている。
  1. 音声をデジタル化する
  2. 一筆書きの可否を判定する
  3. 最も儲かるようにお菓子を詰める
  4. 身の回りのデータを解析する
  5. コンピュータ とじゃんけんする
  6. どっちの手順がよいか判定する
  7. プログラムでパズルを解く
  8. 機械に言葉を解釈させる
  9. スイッチで計算を行う
  10. 情 報を表形式で整理する
  11. 情報伝達の仕組みを階層的に整理する
  12. コンピュータで社会貢献した人たち
(目次から抜粋)
本書のサブタイトルにあるとおり、情報処理の基礎知識が学習できる本で、『はじめに』で以下のような目的が示されている。
情報の表現方法と処理手順をはっきりさせるためには、どうすればよいのかをお教えするのが、本書の目的です。
(中略)
 本書を書く際に最も注意したのは、多くの知識を押し付けるのではなく、皆さんに「なるほど!」と思っていただけるポイントに的を絞ってお話しすることです。皆さんに身に付けてほしいのは、情報処理に関する「知識」ではなく「センス」です。センスとは、「わかっちゃったなぁ」「見えてきたよ」「スッキリしたぜ」といった感覚です。
(pp.2)
センスの説明がちょっと微妙な気もするが、本書は、コンピュータの情報処理全般を分かりやすく説明している内容となっている。

タイトルにある『情報はなぜビットなのか』の答えを簡単に説明すると、情報の最小単位が0,1のビット(bit)で表現されるから、となる。タイトルに合致する内容は1章部分だけで、正直タイトルが誇張的な気がしないでもない。

2章以降はグラフ理論とか待ち行列とか統計分析、E-R図、アルゴリズム計算量の話、チューリングマシン、論理回路、DBの正規化、OSI基本参照モデルなどなど、基本情報処理技術者試験レベルの内容が具体例とともに示されている。

この本の特筆すべきところは、コンピュータ史によく出てくる天才、偉人、例えばフォン・ノイマン、チューリング、ダイクストラ、アラン・ケイ、グレース・ホッパー、ケン・トンプソン、デニス・リッチーといった人たちの顔写真が載っているところだ。こういう偉人たちの名前はいろんな本でもよく見かけるが、実際に顔を見たことがなかったので、親近感が沸く。

情報理論全般についての網羅性はあるが、深さはあまりなく、基本情報を受けようかなと思っているけど、そこまでコンピュータ全般の基礎知識があまりないんだよねっていう人が読むとちょうどよいレベルで、かつそれなりに興味を持って読めると思う。しかし、自分の場合は、最低限の復習にしかならなかった。

はじめに』に示されているようなセンスは本書を読んだだけで身に付くのか?と考えてみると、微妙かなと思った。深さがないので、ふーん、そうなんだぁ〜といった感覚で終わってしまう可能性が高い。もちろん最低限の考え方に触れることは重要だけど、探索アルゴリズムを実装してみるとか、DBならテーブル設計で正規化をやってみるなど自分の手と頭を使ったほうが確実にセンスは身に付くと思う。まぁ、本書はその入門に位置づけられるのだろうけど。

ちゃんと情報理論全般を学びたいなら、基本情報の良質な参考書を読んだほうがよいかなぁと思う。この本はむしろコンピュータ史、偉人伝として読むとよいのではないかと思った。どうせなら12章の『コンピュータで社会貢献した人たち』の内容を膨らませて1冊にすればよかったんじゃないかと思う。内容的には分かりやすくてよいと思うし。

そういえば、偉人伝の本として、『IT業界の開拓者たち』なんてものがあったけどどうやら絶版らしい。

IT業界の開拓者たちIT業界の開拓者たち
著者:脇 英世
販売元:ソフトバンククリエイティブ
発売日:2002-09
おすすめ度:3.0

いろいろとググってみたら、@ITで全内容が公開されていたので、偉人伝とか好きな人は暇つぶしに読んでみたらいいかも。

情報はなぜビットなのか 知っておきたいコンピュータと情報処理の基礎知識
情報はなぜビットなのか 知っておきたいコンピュータと情報処理の基礎知識
著者:矢沢 久雄
販売元:日経BP社
発売日:2006-09-07
おすすめ度:3.5

読むべき人:
  • 情報について考えてみたい人
  • 基本情報を受けようかと思っている人
  • IT業界の偉人の顔写真を拝みたい人
Amazon.co.jpで『なぜシリーズ』の他の本を見る

bana1 情報ビットクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by TOEICは?   March 18, 2010 21:33

TOEICの点はどうなったんですか??!!

2. Posted by Master@ブログの中の人   March 18, 2010 21:38

815点獲得しました

以下に詳しく示しました。

TOEIC点数推移
http://blog.livedoor.jp/sisyou_lion/archives/65331323.html

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星